GF強化ポリエチレンテレフタレート(GF-PET)の市場動向

マーケット情報TOP
■ワールドワイドの用途別需要構成 2005年販売数量ベース

用途 構成比(%) 主な用途例
自動車 46 ルーフレール、ドアミラーステイ、リアワイパー、ランプソケット、パワーウィンドモーターハウジングなど
電気・電子機器 28 スイッチ、プリント基板等の電子部品など
家電・OA機器 19 アイロン、電子レンジ、炊飯器等の家電部品など
その他 照明器具、蛍光灯部品、カメラ部品、ガスメーター器具など
合計 100  
出所:富士経済
GF-PETは高剛性で吸水性が低く、成形品の外観が良好、低コストであることから、欧米ではルーフレールやドアミラーステイなどの自動車外装部品向けに採用されている。

電気・電子機器では、電気特性、難燃性、良好な外観性などの特性を活かし、プリント基板などの電子部品やアイロン、電子レンジなどの家電部品に採用されている。

■GF強化ポリエチレンテレフタレートの材料動向
ガラス繊維で強化されたGF-PET樹脂は、樹脂の機械特性が改良され、その利用範囲を広げている。

また、樹脂成形品の強度や剛性を高めるためには繊維状充填材の含有量を増やす必要がある。しかし、含有量を増やすと、GF-PETコンパウンドの成形流動性の低下や、樹脂成形品の表面に繊維状充填材が露出し易くなり、外観性が低下するという問題が発生する。

近年、工業用部品に採用されるGF-PET樹脂には、軽量化や低比重、高機械的強度、高耐加水分解性、生産性、外観特性などが優れた樹脂コンパウンドが求められている。

■市場規模推移及び予測(2005~2008年、2010年 世界/国内需要)

単位:千t、%
  2005年 2006年見込 2007年予測 2008年予測 2010年予測
世界販売数量 90 94 98 102 110
前年比 104.4 104.3 104.1
国内販売数量 10.5 10.6 10.7 10.8 11.0
前年比 101.0 100.9 100.9
国内販売比率 11.7 11.3 10.9 10.6 10.0
出所:富士経済
GF-PET需要は地域別に見ると、中国では特に電気・電子、家電・OA機器向けの需要量が多くなっている。日本、欧米では自動車向けの需要量が極めて多い。

GF-PETは、自動車業界と電気・電子、家電・OA機器業界の需要変動に影響を受けやすいエンプラである。

2005年のGF強化ポリエチレンテレフタレート樹脂の世界販売数量は9万tで、販売金額は604億円である。2010年には752億円(2005年比1.25倍)に拡大すると予測している。

■参入企業とメーカーシェア(2005年 世界需要)

メーカー名 販売数量ウェイト(%)
デュポン 60
ウィンテックポリマー
カネカ
東洋紡績
その他 23
合 計 100
出所:富士経済
デュポンではアジア、アメリカ、ヨーロッパと世界3極体制でコンパウンドの生産拠点を設置している。デュポンの強みは、顧客のグローバル展開に対応してGF-PETをワールドワイドで供給できることである。

■今後の動向

GF-PETは、自動車の電装化やランプの大型化を背景として、耐熱性に対する物性要求が高まっており、今後も、電装部品やエンジンルーム内の部品向けに需要量が増える見通しである。

参考文献:「2006年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略」
(2006年6月5日:富士経済)


戻る