ポリエーテルサルホン(PES)の市場動向

マーケット情報TOP
■ワールドワイドの用途別需要構成 2005年販売数量ベース

用途 構成比(%) 主な用途例
電気・電子機器 39 リレーベース(車載用リレーを含む)、OA・AV機器部品(複写機などの軸受け)、フィルム(液晶用フィルム基材)など
自動車 34 ランプリフレクタ、ギア、ヘッドランプ、高アンペア用ヒューズ、エンジンの冷却系システム部品など
その他 27 電子レンジ容器、医療用部品、メガネフレーム、航空機機体材料、膜(海水淡水化用のフィルタ)など
合計 100  
出所:富士経済
電気・電子機器用途は車載用部品(特にリレー)向けの需要が堅調である。非自動車分野の電子部品用途では、LCP、芳香族PA、PEI、PPS樹脂との競合関係があり、2006年はトータルでは横ばい基調と予想される。

自動車用途ではポリエーテルイミド(PEI)の供給がタイトな状態であるため、PEIと同等な材料特性を有するPESの販売量が一時的に増加している。特に一部のランプリフレクタ用途ではPEIからPESに代替する動きもみられる。

■市場規模推移及び予測(2005~2008年、2010年 世界/国内需要)

単位:t、%
  2005年 2006年見込 2007年予測 2008年予測 2010年予測
世界販売数量 6,120 6,300 6,600 6,930 7,650
前年比 102.9 104.8 105.0
国内販売数量 1,040 1,060 1,080 1,100 1,140
前年比 101.9 101.9 101.9
国内販売比率 17.0 16.8 16.4 15.9 14.9
出所:富士経済
上記の数量はPESメーカーがニートレジン(パウダを含む)又はコンパウンド品として販売した合算値である。

PESは電気・電子機器、自動車、医療、食品、航空機などの様々な用途で採用されており、各々の用途では部品・容器・用具類の高性能化に伴ってPESの実績は徐々に拡大している。

2005年のポリエーテルサルホン樹脂の世界販売数量は6,120tで販売金額は150億円である。2010年には191億円(2005年比1.27倍)に拡大すると予測している。

■参入企業とメーカーシェア(2005年 世界需要)

メーカー名 販売数量ウェイト(%)
ソルベイアドバンストポリマーズ(米国) 37
BASF(ドイツ) 31
住友化学 28
ガルーダ(インド)
合 計 100
出所:富士経済
PES市場の大手メーカーは、サルホン系樹脂であるPSFとPESを共に商用化しているソルベイアドバンストポリマーズとBASF、そしてPES専業の住友化学の3社が挙げられる。

■研究開発・技術動向

企業名 技術開発 技術概要
タニックス 加熱容器内の食品等が視認できる加熱容器用の蓋を開発  近年、コンビニエンスストアなどの店頭において、おでん、中華饅頭、お茶(PETボトル)などの調理済み食品やホット飲料などが店内の販促什器で陳列販売されている。
 電磁誘導加熱(IH:インダクションヒーティング)を装備した加熱容器や蒸し器が導入され食品が収容されている。
 一般に加熱状態で展示販売され加熱容器に収容されている食品の温度は50~105℃である。
 中でも、おでん等の食品を煮込む際には、水分の蒸発揮散の防止や食品の風味を維持し、熱損失を低減するために加熱容器用の蓋の装着が必要である。
 また、加熱容器用の蓋は長時間・長期間にわたり凝縮水による蓋の曇り現象を防止することが課題になっていた。
 そこで同社は、透明性が良好なポリエーテルサルホン(PES)樹脂を選定し、紫外線を照射することにより表面改質処理を施し、高湿度の雰囲気下においても凝縮水による曇り現象が蓋に発生させず、容器内部の食品が視認できる加熱容器用の蓋を開発している。
 サルホン系樹脂は非結晶性樹脂で透明であることや、水や化学薬品に対して耐食性が優れ、-40℃から+204℃の広範囲にわたり耐熱性があることから、加熱容器の蓋にPESを採用している。
 同樹脂は、高温の液体に接触しても内分泌攪乱物質(環境ホルモン)の溶出が無く、その安全性の高さから哺乳瓶などに使用されている容器材料である。

■今後の動向

参入メーカー各社は、競合するスーパーエンプラ(PSF、PEI、LCP、PPS、等)との差別化を図るため、PESの物性を活かし付加価値のある特殊グレード品の開発や新規用途開発に注力している。特殊グレード品が採用される新規用途としては航空機、医療、食品分野が期待される。

参考文献:「2006年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略」
(2006年6月5日:富士経済)


戻る