ポリアリレート(PAR)の市場動向

マーケット情報TOP
■ワールドワイドの用途別需要構成 2005年販売数量ベース

用途 構成比(%) 主な用途例
自動車 48 ランプ用リフレクター、コンビネーションスイッチカム、ターンランプアンバーキャップなど
電気・電子機器 23 DVDなどのターンテーブル、LEDリフレクターなど
機械部品 19 カメラ鏡筒、腕時計部品など
その他 10 目薬容器、手術用メス滅菌ケース、耐熱圧ボトル、櫛など
合計 100  
出所:富士経済
PARの主な用途は自動車部品、機械部品、電気・電子部品など多岐にわたっている。特に、耐熱性、透明性を活かした用途で採用されている。

■ポリアリレートの材料特性
ユニチカが生産している「Uポリマー」はポリエステルの一種で、その特徴は、透明樹脂の中で高レベルの耐熱性(荷重たわみ温度が1.8MPaで175℃)があり、バネ回復性(クリープ特性)、耐候性、難燃性に優れた性能を有している。

ポリアリレート(Polyalylate)の特性を活かし、精密機器、自動車、機械、医療、食品、日用品といった多様な用途に採用されている。

また、PARはPAR/PC、PAR/PET、PAR/PAなどのアロイ製品の形態で利用されることが多い。例えば、ポリアリレートとポリカーボネートをアロイ化(混合)することにより、耐熱性、耐衝撃性、成形性を兼ね備えたアロイ製品が得られ、射出成形で加工する際には、成形品の表面外観が良好で生産性の向上を図ることができる。

■市場規模推移及び予測(2005~2008年、2010年 世界/国内需要)

単位:t、%
  2005年 2006年見込 2007年予測 2008年予測 2010年予測
世界販売数量 1,800 1,860 1,920 1,980 2,120
前年比 103.3 103.2 103.1
国内販売数量 1,250 1,260 1,270 1,290 1,330
前年比 100.8 100.8 101.6
国内販売比率 69.4 67.7 66.1 65.2 62.7
出所:富士経済
ポリアリレート(PAR)樹脂はユニチカが独自に開発したスーパーエンジニアリングプラスチックスで、ユニチカのみが「Uポリマー」の商品名で事業展開している。

PARの地域別販売量は、2005年では日本が約7割を占め極めて多くなっている。その他、アメリカやアジア地域では自動車部品、電気・電子部品を中心に需要が伸びている。世界需要は前年比3%台の伸長率で成長している。

2005年のポリアリレート樹脂の世界販売数量は1,800tで販売金額は33億円である。2010年には38億円(2005年比1.15倍)に拡大すると予測している。

■参入企業とメーカーシェア(2005年 世界需要)

メーカー名 販売数量ウェイト(%)
ユニチカ 100
合 計 100
出所:富士経済
世界市場から見てもユニチカ1社がPAR樹脂を販売展開している。基本グレードにはU-100が上市されており、透明耐熱グレード(Pシリーズ)、透明耐薬品グレード(Uシリーズ)などがラインアップされている。

■今後の動向

これまでは、PAR樹脂をアロイ化することによって新製品が開発されてきたが、近年はPAR自体の光学特性、耐熱性などの特性を高めるための技術開発が行われている。

また、ユニチカは高機能ポリマーを開発するために試験プラントを新設している。

参考文献:「2006年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略」
(2006年6月5日:富士経済)


戻る