プラスチックフィルムの市場概要(総論1)

マーケット情報TOP
■プラスチックフィルムの現状
プラスチックフィルムは、様々な食品の安全衛生性と鮮度を保持するための包装材料として、各種製品の梱包・パッケージ資材を始め、エレクトロニクス、日用雑貨、医薬品、農業用資材、建材など、その利用先は非常に広範囲にわたっている。

プラスチックフィルムの最大の需要分野は、食品包装や物流資材などの包装(パッケージング)用途である。安価であることと一般消費財と共に消耗品として大量に使用されることから、数量ベースで捉えると包装用途の販売比率が極めて高くなっている。

また、エレクトロニクス(LCDやその他の電気電子部品・材料)分野では、付加価値の高いLCD用フィルムの場合、末端機器(パソコン、携帯電話など)の需要拡大や大画面化などの要因から実績は好調に推移している。

■プラスチックフィルムの市場規模推移と予測(2005実績、2009年予測)国内需要

【国内販売数量】 (単位:千t)
分類\年次 2005年
(構成比)
2009年
予測
伸長率
2009/2005年
伸長数量
2009年-2005年
汎用プラ(29品目) 2,297.2
(86.8%)
2,332.2 101.5% 35.0
エンプラ(9品目) 3,08.0
(11.6%)
3,49.0 113.3% 41.1
スーパーエンプラ(8品目) 3.9
(0.1%)
6.4 165.0% 2.5
その他(5品目) 36.9
(1.4%)
46.2 125.2% 9.3
合計(51品目) 2,646.0
(100.0%)
2,733.9 103.3% 87.9
出所:富士キメラ総研
2005年の国内市場(51品目)は販売数量で264.6万tであり、2009年には273.4万t(2005年比103.3%)に拡大(4年間で8万7,900tの増加が見込まれる)すると予測される。販売(伸長)数量では特にエンプラ(9品目)と汎用プラ(29品目)が各々4万1,100t、3万5,000tの増加が予測される。

販売数量(重量)の伸長率(2005年比103.3%)よりも、販売金額の伸長率(2005年比122.2%)が大きいことがプラスチックフィルム市場の特徴である。

【国内販売金額】 (単位:億円)
区分\年次 2005年
(構成比)
2009年
予測
伸長率
2009/2005年
伸長金額
2009年-2005年
汎用プラ(8品目) 8,717
(70.9)
10,360 118.8% 1,643
エンプラ(9品目) 2,388
(19.4)
2,762 115.7% 374
スーパーエンプラ(8品目) 804
(6.5)
1,298 161.4% 494
その他(5品目) 377
(3.1)
591 156.6% 214
合計(51品目) 12,287
(100.0)
15,011 122.2% 2,724
出所:富士キメラ総研
2005年の国内市場(51品目)は販売金額で1兆2,287億円となり、2009年には1兆5,011億円(2005年比122.2%)に拡大(4年間で2,724億円の増加が見込まれる)すると予測される。

販売(伸長)金額では、特に汎用プラ(29品目)とスーパーエンプラ(8品目)が、4年間で各々1,643億円、494億円の増加が予測される。

4年間の伸長率(2009/2005年)を見ると、スーパーエンプラ(8品目)とその他(5品目)が各々161.4%、156.6%と高い伸び率が注目される。



対象としているフィルムは、汎用プラスチックフィルム(29品目)、汎用エンプラフィルム(9品目)、スーパーエンプラフィルム(8品目)、その他フィルム(5品目)の51アイテムである。
分類 対象のフィルム製品 品目数



PE/PP/PO系 LDPE(含L‐LDPE)、L‐LDPEシーラント、HDPE、PEパレットストレッチ、PEシュリンク、OPP、CPP、PPシュリンク、業務用ラップ、PO系ラップ、多層PO系シュリンク、EVA 29
その他 EVOH、EVOH系共押出、PVCストレッチ、PVCラップ、PVC農業用(農ビ)、PVCマーキング、PVCインテリア、PVDC、PVDC系共押出、PS、PMMA、二軸延伸PVA、PVA無延伸、ポリビニルブチラール(PVB)、ウレタン(TPU)、セロハン、TAC(偏光膜保護)
汎用エンプラ 延伸PA(ONY)、無延伸PA(CNY)、PC(光学用)、変性PPE、PET、PEN、PBT、PAN、フッ素樹脂
スーパーエンプラ PI、PPS、アラミド、その他(PEEK、PES、PSF、PEI、LCP)
その他 エポキシ、非晶性ポリオレフィン、グリーンプラ(PLA系)、グリーンプラ(化石由来系中心)、ラベル用シュリンク
合計   51
PETフィルムとラベル用シュリンクフィルム、L-LDPEフィルムとシーラントフィルムの製品において、需要量が一部ダブルカウントされている。

■エンプラ・スーパーエンプラフィルムの参入企業一覧

【エンプラフィルム】
企業\樹脂 ONY CNY PC mPPE PET PEN PBT PAN フッ素
旭硝子                
出光ユニテック                
オー・ジー                
カネカ                
関西化学工業                
興人                
クレハ                
グンゼ                
GEプラスチックス                
JSRトレーディング                
ダイキン工業                
タマポリ                
中興化成工業                
辻野                
筒中プラスチック工業※1                
帝人・デュポンフィルム              
帝人化成                
デュポン                
東洋鋼鈑                
東洋紡績              
東レ                
東レフィルム加工              
ニチアス                
日東電工                
日本バルカー工業                
フタムラ化学                
三井化学                
三菱化学ポリエステルフィルム                
三菱樹脂            
ユニチカ              
出所:富士キメラ総研
ラベル用シュリンクフィルム(PET)の主な参入企業は東洋紡績、三菱樹脂、グンゼ、シーアイ化成である。※1:筒中プラスチック工業は2007年7月に住友ベークライトと合併し100%出資の子会社となった。PCは光学用PCフィルムを対象とする。

【スーパーエンプラフィルム】
企業\樹脂 PI PPS アラミド PEEK PES PSF PEI LCP
宇部興産              
カネカ              
クラレ              
ジャパンゴアテックス              
住友ベークライト        
帝人アドバンストフィルム              
デュポン              
東レ            
東レ・デュポン              
三菱樹脂            
出所:富士キメラ総研
参考文献:「2006年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望」
(2006年7月18日:富士キメラ総研)


戻る