自動車用ケミカル材料の市場概要(総論1)

マーケット情報TOP
自動車は2~3万点もの部品から構成されており、各部材には鋼材、アルミニウム、プラスチック、ゴム、ガラス、塗料など様々な材料が使用されている。

自動車用ケミカル材料(樹脂及び合成ゴム)は、自動車の軽量化、環境対応、再商品化などを背景に近年はその重要度が増してきた。

車体や足回り部品の大半は鋼材や非鉄金属などの金属材料で構成されている。しかし内装部品や機構部品などはプラスチックやエラストマーなどのケミカル材料が採用されている。
特に、汎用エンプラ・スーパーエンプラは、金属部品を代替し軽量化を実現する素材であり、環境適性のある材料として注目されておりケミカル材料の実績は今後も拡大が見込まれる。

■自動車用種類別ケミカル材料の市場規模推移(世界販売数量)

(単位:千t)
樹脂カテゴリー\年次 2005年
(構成比)
2009年
予測
伸長率
2009/2005年
伸長数量
2009年-2005年
汎用熱可塑性樹脂
(5品目)
5,105
(56.6%)
6,556 128.4% 1,451
エンジニアリングプラスチックス(15品目) 1,390
(15.4%)
1,728 124.3% 338
熱硬化性樹脂、その他(4品目) 1,311
(14.5%)
1,492 113.8% 181
熱可塑性エラストマー(5品目) 315
(3.5%)
420 133.3% 105
合成ゴム(6品目) 904
(10.0%)
999 110.5% 95
合計(35品目) 9,025
(100.0%)
11,195 124.0% 2,170
出所:富士キメラ総研
2005年の自動車用ケミカル材料の世界販売数量は902.5万tであり、最もボリュームの大きい樹脂カテゴリーは、汎用熱可塑性樹脂の510.5万tで、販売構成比は56.6%と半数を超えている。

自動車用汎用エンプラ・スーパーエンプラ15品目(世界市場)の販売実績は、2005年は139万t、2009年は172.8万t(2005年比1.24倍)に拡大すると予測される。

■自動車用種類別ケミカル材料の市場規模推移(世界販売金額)

(単位:億円)
樹脂カテゴリー\年次 2005年
(構成比)
2009年
予測
伸長率
2009/2005年
伸長金額
2009年-2005年
汎用熱可塑性樹脂
(5品目)
9,234
(32.5%)
11,801 127.8% 2,567
エンジニアリングプラスチックス(15品目) 7,393
(26.0%)
9,122 123.4% 1,729
熱硬化性樹脂、その他(4品目) 6,348
(22.3%)
7,325 115.4% 977
熱可塑性エラストマー(5品目) 1,629
(5.7%)
2,202 135.2% 573
合成ゴム(6品目) 3,813
(13.4%)
4,291 112.5% 478
合計(35品目) 28,117
(100.0%)
34,741 122.3% 6,324
出所:富士キメラ総研
自動車用汎用エンプラ・スーパーエンプラ15品目(世界市場)販売実績は、2005年は7,393億円、2009年は9,122億円(2005年比1.23倍)に拡大すると予測される。

エンプラ15品目(世界市場)の樹脂カテゴリー別販売構成比は金額ベースでは26%となり、数量ベースの15.4%よりも10.6ポイント大きな値を示している。また、2005年の販売実績(7,393億円)を基準にした場合、4年間で1,729億円の新規エンプラ需要の創出が予想される市場である。

上記表中の対象樹脂製品
樹脂カテゴリー 品目数 樹脂名
汎用熱可塑性樹脂 PE、PP、PVC、ABS、PMMA
エンジニアリングプラスチックス 15 PA、PPA、PC、POM、m-PPE、PBT、GF-PET、PPS、PEEK、PAR、PAI、PAI、LCP、フッ素系、サルフォン系(PES、PSU)
熱硬化性樹脂、その他 フェノール、軟質ポリウレタンフォーム、不飽和ポリエステル樹脂、ポリ乳酸
熱可塑性エラストマー 非架橋TPO/TPV、水添SBコンパウンド、TPVC、TPEE、TPU
合成ゴム NBR/HNBR、CR、EPM/EPDM、ACM、CHR、フッ素ゴム(FKM、他)

■自動車用ケミカル材料の参入企業一覧

【汎用エンプラ】
企業\樹脂 PA PPA PC POM m-PPE PBT GF-PET
旭化成ケミカルズ        
ウィンテックポリマー          
宇部興産            
カネカ            
クラレ            
住友化学            
ソルベイアドバンストポリマーズ            
ダイセル・デグサ            
大日本インキ化学工業            
帝人化成            
デュポン      
東洋紡績          
東レ        
日本ジーイープラスチックス        
ポリプラスチックス            
三井化学            
三菱エンジニアリングプラスチックス  
三菱ガス化学            
三菱レイヨン          
ユニチカ            
企業\樹脂 PA PPA PC POM m-PPE PBT GF-PET
出所:富士キメラ総研

【スーパーエンプラ】
企業\樹脂 PPS PEEK PAR PEI PAI LCP フッ素系 サルフォン系
旭硝子              
出光興産              
上野製薬              
クレハ            
新日本石油化学              
住友化学            
ソルベイアドバンストポリマーズ            
ダイキン工業              
ディーアイシー・イーピー              
東ソー              
東レ            
日本ジーイープラスチックス              
BASFジャパン              
ビクトレックス・エムシー              
ポリプラスチックス              
三井・デュポンフロロケミカル              
三菱エンジニアリングプラスチックス              
ユニチカ            
企業\樹脂 PPS PEEK PAR PEI PAI LCP フッ素系 サルフォン系
出所:富士キメラ総研
参考文献:「2006 自動車用ケミカル材料の現状と将来展望」
(2006年3月27日:富士キメラ総研)


戻る