ポリアセタール(POM)樹脂の市場動向

マーケット情報TOP
■自動車分野におけるケミカル材料の特徴
ポリアセタール(POM:ポリオキシメチレン)樹脂はオキシメチレン基の主鎖から構成され、分岐の少ない構造を持った熱可塑性樹脂である。

今後の需要分野は電気電子部品やOA機器に続いて、自動車部品においても最適地生産が進み、一層、グローバルな供給体制が要求されている。

■用途別需要構成 2005年国内販売数量

用途 構成比(%) 具体的用途例
機構部品 49 ギア、カム、プーリーなど
内装部品、その他 51 シートベルト(スルーアンカーの被覆樹脂)、座席シートアジャスター、ファスナーなど
合計 100  
出所:富士キメラ総研
POMは耐クリープ性や摺動性といった材料特性を活かし、ギア、カムなどの機構部品/摺動部品を中心に供給されている。

シートベルト用スルーアンカー用途の被覆材料には、耐熱エージング性が良好な樹脂としてPOM以外にはPBTなどが適している。

■市場規模推移及び予測(2005~2009年世界需要)

(単位:t、%)
年次 2005 2006見込 2007予測 2008予測 2009予測
国内販売数量 43,200 44,700 46,500 48,00 49,500
前年比 103.5 104.0 103.2 103.1
海外販売数量 173,000 180,000 190,000 200,000 210,000
前年比 101.0 105.6 105.3 105.0
合計 216,200 224,700 236,500 248,000 259,500
前年比 103.9 105.3 104.9 104.6
出所:富士キメラ総研
2005年の自動車用ポリアセタール樹脂の世界販売数量は21万6,200t、金額では903億円である。2009年には1,061億円(2005年比1.17倍)に拡大すると予測される。国内と海外との販売構成比(2005年)は20対80となり圧倒的に海外需要が上回っている。

POMは国内市場では既に成熟段階にある樹脂として位置付けられる。一方、海外需要を含む世界市場で捉えた場合は、電気電子、OA関連、自動車部品などの各需要分野で成長している製品である。

■参入企業とメーカーシェア(2005年国内需要)

メーカー名 販売量ウェイト(%)
ポリプラスチックス 56
旭化成ケミカルズ 15
DuPont 13
その他 16
合計 100
出所:富士キメラ総研
旭化成ケミカルズは、米国デュポン社との中国合弁企業である「杜邦-旭化成ポリアセタール有限公司(略称:ADZ)」を2002年8月に設立した。ADZは汎用品の生産拠点と位置付け、水島製造所(岡山県倉敷市)は機械特性に優れた高耐熱品や低VOC対応品、導電性グレードなどの差別化製品を主体に高付加価値製品を展開している。

ADZは中国・江蘇省・張家港市にポリアセタール樹脂・コポリマーの工場を建設し、2004年5月から操業を開始した。

■今後の動向
自動車分野ではPOMの優れた機械的特性を活かし、機構部品用途を中心に販売実績が拡大してきた。また、POMメーカーは旺盛な需要を背景に、海外拠点で生産能力の増強に努めている。

今後、一般グレード品は海外生産が高まり、国内では高性能摺動部品や高粘度品など特殊品向けの販売比率が高まっていくと予測される。

参考文献:「2006 自動車用ケミカル材料の現状と将来展望」
(2006年3月27日:富士キメラ総研)


戻る