ポリフェニレンサルファイド(PPS)樹脂の市場動向

マーケット情報TOP
■自動車分野におけるケミカル材料の特徴
ポリフェニレンサルファイド(PPS)は、1973年にフィリップス・ペトローリアム社(米国)が生産を開始した結晶性の熱可塑性スーパーエンプラである。

PPSの特徴は、融点が280~290℃と高く耐熱性が極めて優れている。また機械的特性、寸法安定性、耐薬品性などの特徴があり樹脂自体に難燃性がある。連続使用温度は200~240℃である。

自動車分野では耐熱性、耐油・耐ガソリン性、電気的特性などを活用して、電装部品やエンジン周辺部品にPPSが採用されている。またハイブリッドカーや電気自動車への適用が見込まれており、採用部位の拡がりと共に今後も市場拡大が予測される。

■用途別需要構成 2005年国内販売数量

用途 構成比(%) 具体的用途例
電装部品 92 スイッチ、コネクター、センサーなど
機構部品 バルブ、パワーモジュール関連など
合計 100  
出所:富士キメラ総研
用途開発の当初はエンジン回りの機構部品に採用されていたが、その後は自動車の電装化の進展に伴い電装部品(コネクターやソケットなどの接続部品)に供給されている。

自動車部品にPPSが採用されることより車体が軽量化し、燃費の向上に貢献している。また成型部品の形状の自由度が高まり、複合化することで部品点数を削減したり、耐熱性を向上する目的で使用されている。その他には、アルミダイキャスト部品や熱硬化性樹脂、PBTなど他の樹脂からの素材転換が注目される。

■市場規模推移及び予測(2005~2009年世界需要)

(単位:t、%)
年次 2005 2006見込 2007予測 2008予測 2009予測
国内販売数量 12,000 13,500 15,000 16,500 18,000
前年比 112.5 111.1 110.0 109.1
海外販売数量 11,500 12,700 13,900 15,200 16,500
前年比 110.4 109.4 109.4 108.6
合計 23,500 26,200 28,900 31,700 34,500
前年比 111.5 110.3 109.7 108.8
出所:富士キメラ総研
2005年の自動車用ポリフェニレンサルファイド樹脂の世界販売数量は2万3,500t、金額では225億円(メーカー出荷ベース)である。2009年には326億円(2005年比1.45倍)に拡大すると予測される。国内と海外との販売構成比(2005年)は51対49となり、やや国内需要が上回っている。

PPSのコンパウンドベースの世界需要は6万t弱(2005年)の規模と推測され、年率10%程度の成長を続けている。中でも日本が最大の市場を形成しており、全ての用途・分野を合計すると2005年には25,000t強(コンパウンドベース)の規模になると推定される。

■参入企業とメーカーシェア(2005年国内需要)

メーカー名 販売量ウェイト(%)
大日本インキ化学工業 46
ポリプラスチックス 25
東レ、その他 29
合計 100
出所:富士キメラ総研
大日本インキ化学工業(2008年4月にDIC株式会社に社名変更)は国内市場において、自動車向けPPS樹脂のトップメーカーである。同社は国内先発メーカーとして販売実績があり製品のグレード展開が豊富である。自動車分野も含め幅広い用途開発を進めている。

ポリプラスチックスにレジンを供給しているクレハは、錦工場(福島県いわき市)の増産を進めており、2006年の稼働を目途に年産1万tの生産体制を計画している。

■今後の動向
一般自動車向けに利用されているPPSは電装部品用の材料として、今後も採用が進んでいく。さらには電気自動車やハイブリットカーのパワーモジュール関連部品向けの材料として需要拡大が見込まれる。

参考文献:「2006 自動車用ケミカル材料の現状と将来展望」
(2006年3月27日:富士キメラ総研)


戻る