エレクトロニクス製品の樹脂使用量ランキング(総論4)

マーケット情報TOP
■エレクトロニクス製品(30製品)に使用されている樹脂の需要量

(単位:万t)
年次 2006年 2010年予測
汎用樹脂 487.8 553.0
エンプラ 100.5 139.3
合計 588.3 692.3
出所:富士経済
2006年のエレクトロニクス製品(30製品)において、使用されている汎用樹脂・エンプラの世界販売数量は588.3万t(汎用樹脂487.8万t、エンプラ100.5万t)である。

■エレクトロニクス製品別樹脂使用量ランキング(2006年世界販売数量)

(単位:万t)
順位 エレクトロニクス製品 樹脂使用量 分野
電気冷蔵庫 166.6 家電
洗濯機 86.8 家電
エアコン 67.8 家電
CRT TV 51.6 TV
インクジェットプリンタ 43.6 パソコン周辺機器
レーザープリンタ 30.6 パソコン周辺機器
デスクトップ型パソコン 20.8 パソコン
食器洗い乾燥機 19.8 家電
電気掃除機 18.4 家電
10 炊飯器 13.3 家電
11 液晶モニタ 12.0 パソコン周辺機器
12 液晶TV 9.7 TV
12電子機器の合計 540.9  
出所:富士経済のデータをもとにFGN作成
上記の数表は、2006年において樹脂使用量の大きい順にランキングしたものである。

エレクトロニクス製品(30製品)のうち、樹脂使用量が10万t前後の製品は上記の12電子機器(重量ベースのカバー率は92%)である。

樹脂使用量が多い電子機器の内訳は家電6、パソコン周辺機器3、TV2、パソコン1である。

12電子機器の中で、分野別に見ると、家電(6製品)の樹脂使用量は372.6万tとなり68.9%を占める。家電が7割弱を占め存在感を高めている。

またTV分野では、CRT TVの樹脂使用量が51.6万tと最も多く、LCD TVでは同9.7万tとなりCRT TVの2割弱に相当する。(2006年におけるTVの世界生産台数と樹脂使用量は以下の通りである)

2006年のTVの世界生産台数 (単位:千台、%)
電子機器 CRT TV LCD TV PDP TV RP TV 有機EL TV 合計
世界生産台数 120,000 45,000 9,500 4,000 0 178,500
構成比 67.3 25.2 5.3 2.2 0 100.0
RP TV:リアプロジェクションTV 出所:富士経済のデータをもとにFGN作成
 
2006年のTVに使用されている樹脂の世界需要量 (単位:万t、%)
電子機器 CRT TV LCD TV PDP TV RP TV 有機EL TV 合計
樹脂使用量 51.6 9.7 3.0 11.1 0 75.4
構成比 68.4 12.9 4.0 14.7 0 100.0
出所:同上
今後はCRT TVの生産量が減少していくため、TV分野における樹脂使用量の減少が予測される。

続いて、パソコン周辺機器分野では、プリンタ(インクジェットの樹脂使用量が43.6万t、レーザーが同30.6万t)に多くの樹脂が使用されている。同分野ではHDDとODDがそれぞれ25位(樹脂使用量ランキング)と21位(同)に登場する。これらの記憶装置は小型化されているため樹脂使用量は各々1.0万t、2.2万tと少ない状況にある。

HDDに使用されている主な樹脂はABS(ハウジング用途)であり、ODDはABS、m-PPE、PBTが採用されている。

参考文献:「2007年 エレクトロニクス製品樹脂材料の世界市場」
(2007年5月23日:富士経済)


戻る