プラズマテレビ向け樹脂材料の市場動向

マーケット情報TOP
■プラズマテレビの製品概要
プラズマテレビは、セル内部に特殊ガスを充填し、電圧をかけて蛍光体を発光させる原理が採用されている。色再現性や動画表示が優れている。本稿ではプラズマディスプレイパネルを使用したテレビを対象としモニターは対象外とする。

液晶テレビとの価格差が縮まる中で、プラズマテレビは50インチ、60インチ製品の市場投入や100インチ製品が開発されるなど大型化が進んでいる。

■プラズマテレビの市場規模推移(2006~2010年予測、世界生産数量)

単位:千台、%
年次 2006年 2007年見込 2008年予測 2009年予測 2010年予測
世界生産数量 9,500 14,000 20,000 25,000 30,000
前年比 147.4 142.9 125.0 120.0
出所:富士経済
2007年の国内市場においては、松下電器産業や日立製作所の設備投資は旺盛である。2006年の国内需要は60万台であり、生産数量は110万台である。(但し、国内工場で半完成品の状態で出荷した後に、海外の組立工場で完成品となる製品は対象外とする)

■使用材料別需要構成

使用材料 構成比 需要傾向
金属 44% 横ばい
樹脂 14% 横ばい
その他 42% 横ばい
合計 100%  
出所:富士経済
鉄、銅、アルミなどの金属材料の需要構成比は44%である。金属材料から樹脂への代替は見られない。

樹脂材料としては、キャビネットに使用されているPC/ABS、m-PPEの需要が多い。

ガラス、プリント基板などその他の構成材料は42%を占める。

■プラズマテレビ向けエンプラ・汎用樹脂の販売数量(2006年世界需要)

単位:t、%
  汎用樹脂 エンプラ 合計
世界販売数量 4,300 25,900 30,200
構成比 14.2 85.8 100.0
出所:富士経済
プラズマテレビ用途では圧倒的にエンプラの販売数量が多い。主にキャビネット向けに供給されている。

■エンプラ・汎用樹脂の種類別販売構成比(2006年世界需要)

【汎用樹脂】 単位:%
樹脂名 PS PE PP PVC ABS PMMA 合計
販売量構成比 23 68 100
出所:富士経済
汎用樹脂のうち、プラズマテレビに採用される樹脂はABS、 PS、PVCが挙げられるが、販売数量ではどの樹脂も少ない。

プラズマテレビは耐熱要求が高く、キャビネットに採用される樹脂の中ではエンプラが多く使用されている。

【エンプラ】 単位:%
樹脂名 PC PA POM m-PPE PBT PPS LCP 合計
販売量構成比 55 44 100
出所:同上
キャビネットに採用されているPC/ABS(アロイ製品)やm-PPEの販売比率が高くなっている。

コネクタ向けにはPBTが採用されている。プラズマテレビにおいては部品点数が少ないため、採用されているエンプラの種類は極めて少ない。

■今後の動向
プラズマテレビは、50インチの製品を中心に米国および欧州で需要が拡大している。従って、今後は欧米市場向けの製品に対するエンプラの供給が重視されてくる。

参考文献:「2007年 エレクトロニクス製品樹脂材料の世界市場」
(2007年5月23日:富士経済)


戻る