耐熱塗料の市場動向

マーケット情報TOP
耐熱塗料は、一般の樹脂系塗料では使用できない高い温度帯域(通常200℃以上)用の塗料である。

また、スチールやアルミ、ステンレスなどの基材に塗布することにより、100~600℃の耐熱性を備えた被膜を形成する。他には、熱環境の厳しい用途では基材を腐食等から保護する効果がある。

■耐熱塗料における材料特性
オートバイのマフラー用途で使用される耐熱塗料は200~300℃向けの需要を中心である。汎用的な耐熱塗料の温度帯は100~600℃が一般的である。

耐熱塗料は、耐熱性を持ったシリコーン樹脂などが開発され市場が形成された。同塗料の高機能化は、シリコーン樹脂などが備えている樹脂特性が起因している。

シリコーン樹脂以外には、変性シリコーン樹脂、ポリイミド樹脂、フッ素樹脂が耐熱性を向上する目的で使用される場合がある。

中でもフッ素樹脂は、シリコーン樹脂に比べると高コストで塗装作業に手間がかかるため、非粘着性、耐食性などの特性を必要とする場合以外は採用されていない。

その他の構成材料には、顔料・添加剤、溶剤(ケトン、アルコール系、トルエン、キシレン等)が配合されている。

■用途動向(2007年見込 国内需要+輸出)

用途別販売量構成比と主な用途 単位:%
用途 販売量構成比 用途例
輸送機器 48 オートバイ用マフラー、自動車用エンジンカバー、エンジン周辺部品など
家電製品・厨房機器 26 ストーブ、ファンヒーター、オーブン、電子レンジ、フライパン、アイロンなど
プラント 17 化学プラント、石油精製プラント、発電プラント、熱交換機など
その他 集熱板、電子機器・電子部品など
合計 100  
出所:富士キメラ総研
主な用途は自動車のエンジンカバー、オートバイのマフラー、ファンヒーターなどの暖房機器であり、使用部位、耐熱温度などに対応し各種のグレード品がラインアップされている。

また、ストーブをはじめ電子レンジ、ファンヒーターなどの家電製品と厨房機器(フライパンなど)用途の販売量構成比(2007年)は26%と見込まれる。

2つの用途(輸送機器、家電製品・厨房機器)は海外からの引き合いが旺盛である。海外では日系大手ユーザーの規格に準拠した製品を供給している。耐熱塗料の現地メーカーは存在するが、品質面においてバラツキがあるなどの問題点が指摘されている。

■耐熱塗料の市場規模推移 (2006~2009年、2011年予測:国内需要+輸出)

●市場規模推移及び予測 単位:t、%
年次 2006 2007見込 2008予測 2009予測 2011予測
販売数量 8,100 8,200 8,300 8,400 8,600
前年比 101.2 101.2 101.2
出所:富士キメラ総研
2007年の耐熱塗料市場は前年比101.2%の8,200t、金額では同101.1%の137億円と見込まれ、2011年には2006年比104.1%の141億円と予測される。

自動車や二輪車関連分野や家電製品向けの国内需要は依然として低迷が続いている。

一方、日系メーカーは海外に生産拠点を移転したり、現地メーカーの生産量が増加するなど、耐熱塗料の海外需要は拡大している。

■メーカーシェア (2007年見込 国内需要+輸出)

メーカー名 販売量シェア(%)
オキツモ 40
大島工業 31
その他 29
合計 100
出所:富士キメラ総研
耐熱塗料のトップメーカーはオキツモ(本社:三重県名張市)でありシェアは40%と推定される。同社は「耐熱塗料スタンダードシルバー」などの製品を販売している。

大島工業(同:横浜市)は「パイロジン」という製品名で耐熱塗料を取扱っている。同社は2006年、輸出向け商品を中心に販売実績が伸長した。

その他のメーカーには、日本ペイント、関西ペイント、BASFコーティングスジャパンといった大手塗料メーカーや耐熱塗料専業メーカーなどが挙げられる。

■今後の動向
耐熱塗料の需要は海外からの引き合い件数が多く、海外生産、技術提携、輸出対応が活発であり、今後の市場は微増推移が予測される。

市場拡大の成長阻害要因としては、海外の耐熱塗料メーカーによる品質の向上などが挙げられる。

参考文献:「2007年版 機能性塗料・コーティングの現状と将来展望」
(2007年10月22日:富士キメラ総研)


戻る