ガラス繊維強化ポリエチレンテレフタレート(GF-PET)コンパウンドのアジア市場

マーケット情報TOP
■市場別用途動向(2006年アジア市場)

コンパウンドの販売量構成比 単位:%
用途\市場 日本を除くアジア市場 日本市場
電子機器 46 28
家電製品、OA機器 37
自動車 10 53
その他 10
合計 100 100
出所:富士経済
日本を除くアジア市場では、電子機器、家電/OA機器の販売量比率が高く合計すると83%を占める。一方、日本市場では、主に自動車向けの販売比率が53%と高く半数を超えている。

■GF-PETコンパウンドの用途・使用部位(2006年アジア市場)

区分 用途 用途・使用部位など
電子機器 電子部品 コネクタ、ソケット、スイッチ、コイルボビン、プリント基板など
自動車 自動車部品 ルーフレール、ドアミラーステイ、リアワイパー、ランプソケット、エンジンカバーなど
家電製品、OA機器 電子レンジ、炊飯器、ドライヤーなど
その他 照明器具、蛍光灯部品、ガスメーター器具など
出所:富士経済
GF-PET樹脂は、電子機器/電子部品分野では寸法精度、強度、難燃性が要求され、自動車分野では高剛性と軽量化が求められている。

■GF-PETコンパウンドの市場規模推移(2006~2009年、2011年予測:アジア市場)

市場規模推移及び予測 単位:t、%
区分\年次 2006 2007見込 2008予測 2009予測 2011予測
日本を除くアジア 39,000 42,000 45,000 48,000 54,000
前年比 107.7 107.1 106.7
日本 10,600 10,700 10,800 10,900 11,100
前年比 100.9 100.9 100.9
アジア全体 49,600 52,700 55,800 58,900 65,100
前年比 106.3 105.9 105.6
出所:富士経済
GF-PETは、ガラス繊維(GF)とPET樹脂を混合したグレードであるため全てコンパウンドである。

2007年のGF-PETコンパウンドのアジア市場は前年比106.3%の5万2,700t、金額では同107.4%の382.5億円と見込まれ、2011年には2006年比137.2%の488.5億円と予測される。

日本市場は2007年以降、前年比100.9%と伸長率の伸び悩みが予測される。日本を除くアジア市場では、電子機器、家電/OA機器の成長がコンパウンド市場を牽引し2008年以降、同6~7%増の伸長が予測される。

■参入企業とメーカーシェア(2006年アジア市場)

【コンパウンドベース】
メーカー名 販売量シェア(%)
デュポン 53
ウィンテックポリマー 15
カネカ
東洋紡績
その他 15
合計 100
出所:富士経済
GF-PETコンパウンドのアジア市場(2006年)はデュポンがトップメーカーである。同社は、日本市場においては自動車分野/電子部品分野で高いシェアを占めている。自動車分野では機構部品向けに耐久性改良グレード、電子部品分野ではノンハロ難燃グレードに注力している。

ウィンテックポリマーは、GF強化グレードと共に高剛性、低温金型成形、難燃性タイプなどのグレードをラインナップし、新規用途の市場開拓を推進している。

■今後の動向
自動車や電子機器の製造に関しては、中国が世界の生産基地になっている。今後も中国市場の需要拡大に伴い、GF-PETコンパウンドのアジア市場は実績の拡大が予測される。一方、日本市場に関しては新規用途の開拓が課題である。

製品開発面では、外観性、低そり性、成形加工性などが良好なPET/PBTアロイの開発が活発である。

参考文献:「2007 コンパウンド市場の展望と中国・アジア戦略」
(2007年6月14日:富士経済)


戻る