液晶パネル用カラーフィルタの市場動向

マーケット情報TOP
液晶パネルは、バックライトから放出された光のON/OFFを液晶層で制御する仕組みが採用されている。カラーフィルタ(CF)はディスプレイをカラー表示するための製品である。

CFの構造はガラス基板上にブラックマトリックス(BM)を形成し、3原色(RGB)の微細な画素を設け、その上部には平坦化を兼ねた保護膜を形成した後に、ITO電極が形成されている。

■エレクトロニクス分野における高分子材料・部品の特徴
CFの成形方法は、顔料分散法、インクジェット法、ドライラミレーション(転写法)、印刷法(インク以外)がある。現状では顔料分散法による形成が大半である。

顔料分散法は微細なパターン形成に優れている。微細なファインピッチパターンが要求されるカラーフィルタには非常に適している。

■用途動向(2007年見込 世界需要)

用途別販売量構成比と主な用途 単位:%
用途 販売量構成比 具体的用途例
液晶モニタ、ノートPC 50 10~12インチの液晶ディスプレイ
大型液晶パネル 38 液晶テレビ、業務用液晶ディスプレイ
小型液晶パネル 12 10インチ未満の液晶ディスプレイなど
合計 100  
出所:富士キメラ総研
2007年におけるカラーフィルタのメイン用途は液晶モニタである。

テレビ向けの需要が2004年頃から急激に拡大しているなど、大型液晶パネルの販売量比率が非常に高くなっている。

■液晶パネル用カラーフィルタの市場規模推移(2006~2009年、2011年予測:世界需要)

市場規模推移及び予測 単位:千m2、%
年次 2006 2007見込 2008予測 2009予測 2011予測
販売数量 43,000 57,000 69,000 82,000 112,000
前年比 132.6 121.1 118.8
出所:富士キメラ総研 数表にはパネルメーカー内製分の数値が含まれている。
カラーフィルタ市場は大型液晶パネルの成長を背景に、前年比2桁増の拡大を続けている。

液晶パネル用カラーフィルタの世界市場(2007年見込)は、前年比132.6%の5,700万m2、販売金額は同126.8%の1兆3,800億円と見込まれ、2011年には2007年比129.7%の1兆7,900億円と予測される。

但し、市場規模は液晶パネルメーカーの内製分を含んだ数字であり、販売金額は外販ルートで販売された場合の金額をもとに算出しているため、実際の規模は金額ベースの市場規模を下回ると推定される。

■採用素材動向(2007年見込 世界需要)

構成部材 使用部品・材料 販売量構成比(%)
顔料分散材 アクリル樹脂系硬化型材料 94
ポリイミド樹脂系材料
その他
合計 100
△:僅少 出所:富士キメラ総研
販売量構成比は使用量換算ベースのレジスト量を示す。顔料分散材には主にアクリル樹脂系硬化型材料が使用されている。アクリル系はファインピッチ化が可能であり顔料分散法に適した材料である。

■参入企業とメーカーシェア(2007年見込 世界需要)

メーカー名 販売量シェア(%)
大日本印刷 11
凸版印刷 11
CFの外販メーカー(住友化学など) 13
液晶パネルメーカーの内製分 65
合計 100
出所:富士キメラ総研
カラーフィルタの内製化が進んだ結果、65%は液晶パネルメーカーの内製品が占めている。

大日本印刷グループや住友化学が韓国に生産拠点をおいており、日本国内での生産比率は2割程度である。

韓国Samsung El.や台湾AUO(友達光電)の内製化比率は高い傾向にあるが、韓国では住友化学がCFを一部、外販供給している。

■今後の動向
カラーフィルタは大型液晶パネル市場の成長に伴って、2008年以降も市場拡大が予測される。

一部の有機ELディスプレイにはカラーフィルタを使用するケースもあるが、他のディスプレイ方式の成長は、液晶パネル及びカラーフィルタの成長阻害要因として挙げられる。

参考文献:「2008年版 エレクトロニクス高分子材料の現状と将来展望」
(2007年12月7日:富士キメラ総研)


戻る