カラーフィルタ用オーバーコート剤の市場動向

マーケット情報TOP
カラーフィルタ(CF)用オーバーコート剤は、カラーフィルタ表面の平坦性を高め保護するためのコーティング材料である。高い耐熱性や透明性、流動性などが求められる。

CF表面はミクロ的には細かな凹凸があり、オーバーコート剤をコーティングすることで平坦性を向上し、光学特性を高めている。

■エレクトロニクス分野における高分子材料・部品の特徴
オーバーコート剤は、主にTFT-LCDのIPSモードのカラーフィルタに採用されている。近年は低価格化が進み、ハイエンド品のIPSモードの需要が主流である。またTN-LCDやTFT-LCDのVAモードに使用することは少ない。

■用途動向(2007年見込 世界需要)

用途別販売量構成比と主な用途 単位:%
用途 販売量構成比 具体的用途例
カラーフィルタの表面 100 IPSモード、PVAモード向け
合計 100  
出所:富士キメラ総研
オーバーコート剤はTFT-LCDのIPSモードやSamsung El.向けPatterned Vertical Alignment(PVA)モードに使用されている。今後は他のモードへの供給を検討しているメーカーは存在するが、コスト増につながるため液晶パネルメーカーは積極的に採用する動きはみられない。

■カラーフィルタ用オーバーコート剤の市場規模推移(2006~2009年、2011年予測:世界需要)

市場規模推移及び予測 単位:t、%
年次 2006 2007見込 2008予測 2009予測 2011予測
販売数量 2,400 3,000 3,300 3,700 4,100
前年比 125.0 110.0 112.1
出所:富士キメラ総研
カラーフィルタ用オーバーコート剤の世界市場(2007年見込)は、前年比125.0%の3,000t、販売金額は同125.2%の571億円と見込まれ、2011年には2007年比129.2%の738億円と予測される。

但し、CFメーカー(凸版印刷や大日本印刷など)の内製分は対象外とした。

カラーフィルタ用オーバーコート剤は主にインプレーンスイッチング(IPS)モードのCFに採用されている。一部、韓国Smusung El.のPVA向けに供給されている。

■採用素材動向(2007年見込 世界需要)

構成部材 使用部品・材料 販売量構成比(%)
ベース樹脂 エポキシ、ポリイミドなど 100
添加剤 界面活性剤など
合計 100
△:僅少 出所:富士キメラ総研
使用材料はポリイミド系、エポキシ系、アクリル系があり、熱硬化タイプとUV硬化タイプに分かれる。

JSRはベース樹脂にエポキシ系材料を採用している。そのため低価格化を実現しており採用率が高い理由である。

耐熱性が要求されるためポリイミド系材料も採用されている。

■参入企業とメーカーシェア(2007年見込 世界需要)

メーカー名 販売量シェア(%)
JSR 83
その他 17
合計 100
出所:富士キメラ総研
トップメーカーのJSRは先行メーカーであり信頼性が高くユーザーから支持されている。JSRはレジストメーカーでもありレジスト製品と合わせて販売している。

その他メーカーとしてはチッソなどが挙げられる。

■今後の動向
オーバーコート剤はIPSモードやPVAモードのCFに採用され、大型液晶テレビなどのハイエンド製品に需要が牽引されている。大型テレビでの使用量が多く市場拡大に寄与している。

また、液晶パネルの実勢価格は年々低下しているため、オーバーコート剤の使用を控える動きもあり、今後は一部のハイエンド製品に採用が限定されるという見解もある。

参考文献:「2008年版 エレクトロニクス高分子材料の現状と将来展望」
(2007年12月7日:富士キメラ総研)


戻る