汎用エンプラ・スーパーエンプラの市場動向(総論1:ワールドワイド市場概況)

マーケット情報TOP
エンプラ(汎用・スーパーエンプラ)の世界需要は、2008年後半からの米国金融危機を機に下降傾向が顕著となり、2009年は数量ベースで約6,698万t(2006年比9.5%減)に縮小した。

特にスーパーエンプラは2009年で急激な下降を示したが、2010年には回復する見込みである。しかしながら汎用・スーパーエンプラ両樹脂ともに2007時点の市場規模水準に戻るのは2012年以降と推測される。

■汎用エンプラ市場の現状
自動車の需要が世界的に回復してきたことに伴い、自動車部品、特に電装品の搭載率拡大及びハイブリット車やEV(電気自動車)の普及が更なる市場回復のキーポイントとなっている。

一方、電気電子部品はスマートフォンやタッチパネル携帯端末の普及が市場を牽引している。

本稿で対象としているエンプラ(汎用、スーパー)は以下のアイテムである。
区分 対象グレード
汎用エンプラ
(7品目)
ポリカーボネート(PC)、ポリアミド6 (PA6)、ポリアミド66 (PA66)、ポリアセタール(POM)、変性ポリフェニレンエーテル(m-PPE)、ポリブチレンテレフタレート(PBT)、GF強化ポリエチレンテレフタレート(GF-PET)
スーパーエンプラ
(18品目)
ポリサルホン(PSF)、ポリエーテルサルホン(PES)、ポリフェニレンサルファイド(PPS)、ポリアリレート(PAR)、ポリアミドイミド(PAI)、ポリエーテルイミド(PEI)、ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)、液晶ポリマー(LCP)、熱可塑性ポリイミド(TPI)、ポリベンズイミダゾール(PBI)、ポリシクロヘキサンジメチレンテレフタレート(PCT)、ポリアミド46(PA46)、ポリアミド6T (PA6T)、ポリアミド9T (PA9T)、ポリアミドPA11,12 (PA11,12)、ポリアミドMXD6(MXD6)、シンジオタクチックポリスチレン(SPS)

■汎用エンプラとスーパーエンプラのワールドワイド市場規模推移と予測
単位:千t
摘要\年 2006年
(実績)
2007年
(実績)
2009年
(推定)
2012年
(予測)
エンプラ 数量 6,898 7,260 6,360 8,000
対前年比 105.2%
スーパーエンプラ 数量 421 457 338 490
対前年比 108.6%
合計 数量 7,319 7,717   6,698   8,490
対前年比 105.4%
富士経済調べ
※詳細な市場規模推移と予測値は書籍:富士経済調査資料最新版に記載。

地域別需要動向(2007年数量ベース換算)
地域 汎用エンプラ スーパーエンプラ 汎用エンプラ
+スーパーエンプラ
日本 12.1% 23.9% 12.8%
中国・台湾 25.6% 18.6% 25.1%
その他アジア圏 11.1% 6.2% 10.9%
北米 26.4% 26.3% 26.4%
欧州 23.7% 23.8% 23.7%
その他 1.1% 1.2% 1.1%
合計 100.0% 100.0% 100.0%

汎用エンプラは中国・台湾及びその他アジア圏の需要が拡大方向にある。欧米は需要量は大きいが、成熟段階にあり、日本も同様な傾向といえる。

一方、スーパーエンプラは、米国が26.3%と最も多い需要地域である。ついで日本、欧州、日本を除くアジアである。特に日本やアメリカはICT/エレクトロニクス産業が盛んであることから、スーパーエンプラの比率が高くなっている。

用途別需要動向(2007年数量ベース換算)
汎用エンプラ
用途 日本 中国・台湾 その他アジア圏 北米 欧州 その他 世界合計
電気・電子用途 9.3% 41.1% 16.1% 17.1% 15.7% 0.7% 100%
自動車用途 16.8% 7.0% 9.1% 34.7% 31.2% 1.4% 100%
その他用途 11.4% 24.4% 8.2% 28.9% 25.8% 1.3% 100%
合計 12.1% 25.6% 11.1% 26.4% 23.7% 1.1% 100%

スーパーエンプラ
用途 日本 中国・台湾 その他アジア圏 北米 欧州 その他 世界合計
電気・電子用途 23.5% 31.7% 9.8% 21.2% 12.7% 1.2% 100%
自動車用途 28.8% 5.3% 2.4% 32.4% 31.1% 0.0% 100%
その他用途 19.4% 16.5% 5.9% 26.2% 29.5% 2.4% 100%
合計 23.9% 18.6% 6.2% 26.3% 23.8% 1.2% 100%

電気・電子用途では、日米欧のメーカーが中国を中心としたアジアに生産拠点を移管しているため、アジア地域でのシェアが飛び抜けて大きいのが特徴である。

自動車用途は欧米市場が最大のシェアを占めているが、アジア地域(特に中国・タイ・インド)に生産拠点が移転し始めた為、同地域でもシェアが伸びている。また、自動車の軽量化・省エネ向上ニーズに対応するため、自動車部品の樹脂化が進展しており、中長期的に拡大傾向にある。

参考文献:「2008年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略」
(2008年5月23日:富士キメラ総研)


戻る
エンプラ関連情報サイト エンプラネット トップページ