ポリカーボネート(PC)の市場動向

マーケット情報TOP
■市場規模推移及び予測(2006~2013年 数量ベース)

1)ワールドワイド
年次 2006年(実績) 2007年(実績) 2008年(見込) 2009年(予測) 2010年(予測) 2011年(予測) 2012年(予測) 2013年(予測)
数量(千t) 2,800 3,000 3,200 3,380 3,570 3,760 3,950 4,150
対前年比(%) 107.1 106.7 105.6 105.6 105.3 105.1 105.1
富士経済調べ
上記に示した数量はニートレジン(自消含)或いはコンパウンド品(アロイ含)として出荷された合計値である。

供給面では、2006年以降の各PCメーカーの生産設備増強でタイトな需給状況が解消されている。

PCは透明性、耐熱性、耐衝撃性、寸法安定性に優れ、そのバランスのとれた特性により、電気電子・OAや自動車・産業機器、シート・フィルムなど広範囲の用途に使用され、年々需要を拡大させている。

今後も中国を中心としたアジア地域が牽引となり、電気電子・OA、自動車、フィルム・シート、医療等でPCの伸長が期待出来る事から、PCの世界市場規模(数量ベース)は年率5~7%程度で拡大すると予測される。

■ワールドワイド用途別需要構成 2007年ワールドワイド)

用途分野 数量(千t) 構成比(%) 用途部位例
電気電子
OA
719 24.0 プリンタ部品(光学ボックス、筐体、シャーシ)、インクジェットプリンタ筐体、パソコン筐体、液晶テレビ・液晶モニタ(筐体、フレーム)、携帯電話、プロジェクタ部材、リチウムイオン電池パックケース、カメラ部品(鏡筒)
光メディア 636 21.2 DVD、DVD-R、音楽CD、CD-R、MD、ブルーレイディスクカバーレイ向けフィルム等
シート
フィルム
包装
587 19.6 拡散板(大型テレビ用液晶パネル向け)、拡散フィルム、導光板(携帯電話用液晶パネル向け)、反射板、位相差フィルム、フレネルレンズ、前面板、銘板、カーポート、屋根遮音シート/アーケード、高速道路透明遮光板、採光板、サインディスプレイ等
自動車
産業機器
338 11.3 ヘッドランプレンズ、ドアハンドル、ルーフレール、インナーレンズ、メーター盤、電動工具機構部品等
医療
保安
120 4.0 人工腎臓(ダイアライザ)容器/キャップ、人工肺容器/キャップ、三方活栓、輸血用フィルタ、血液回路、注射針、火災探知機、ヘルメット等
その他 600 20.0 パチンコ/パチスロ部品(トレー、電飾、裏板)、高級文房具、消火器ケース、ウォーターボトル(飲料水タンク)等
合計 3,000 100.0  
富士経済調べ
電気電子/OA向けでは部品の薄肉化が進行しユニット当たりの使用量は減少しているが、プリンタ、パソコン、液晶テレビ・液晶モニタ等ユニット自体の生産台数の増加や、「RoHS/WEEE」の施行に伴う難燃化ニーズにより、PCアロイを中心に採用部位が拡大している。特にPC/ABS自体が難燃ABSや難燃PSよりも難燃性が高い樹脂である為、代替需要も拡大している。また、デジタルカメラやカメラ付き携帯電話で、高剛性/良外観性/寸法安定性のあるGF強化グレードが採用され需要を広げている。

光メディア向けは、音楽CDやDVD向けPCの需要規模は大きいが需要は頭打ちである。今後はブルーレイディスクの普及が注目される一方、HDやフラッシュメモリの大容量化、小型ミュージックプレーヤーの普及、ネットによる音楽配信などの影響を受け、市場規模は横這いで推移すると予測される。

シート/フィルム/包装向けはアーケードや窓ガラス代替といった建材用途、高速道路フェンスなどに使用されているシート等で安定した需要がある。また、液晶パネル部材でも高機能性フィルムやPC シートでの需要が拡大している。但し、液晶パネル部材ではスチレン系樹脂、PMMA、COP等競合樹脂に代替されるケースもみられる。

自動車向けは自動車の軽量化を目的とした「ガラス代替」や「金属代替」によりヘッドランプレンズ、インナーレンズ、メーター板、ドアハンドルなどに採用され需要が拡大している。特にヘッドランプレンズでは大型化やガラス代替の進行により需要が拡大している。また、自動車グレージング用途でも、サンルーフや後部窓の一部で採用が始まっており有望視されている。

医療向けでは、PC の耐衝撃性、透明性、耐熱性などを生かして人工透析用のダイアライザーや人工心肺などに採用されている。今後も「PC 採用製品の拡大」や「高齢化」に伴い医療向けで需要拡大が予測される。また、PC の透明性・衝撃強度を活かしたサングラスや矯正眼鏡などのレンズ用途やカメラのレンズグレードの需要がある。

■参入企業とメーカーシェア(2005年 世界需要)

メーカー名 シェア(%) 主力生産拠点(重合拠点)
SABICイノベーティブプラスチックスグループ 26.3 米国、オランダ、スペイン
バイエルグループ 25.0 ドイツ、ベルギー、タイ、中国
帝人グループ(帝人化成) 15.3 日本、中国、シンガポール(帝人ポリカーボネート)
三菱グループ
(三菱エンジニアリングプラスチック)
13.0 三菱化学:黒崎、三菱ガス化学:鹿島、韓国(三養化成)、タイ(タイポリカーボネート(TPCC))中国(SINOPECと合弁)
ダウケミカルグループ 10.0 米国、ドイツ、日本(住友ダウ)、韓国(LGダウ)
出光興産グループ 8.3 日本、台湾(台北出光石化)
旭美化成 2.0 台湾
富士経済調べ
中国を中心としたアジア市場での需要拡大を受けて各PC メーカーとも増産体制を推進している。

SABIC イノベーティブプラスチックスは、電気電子・OA、自動車、シート・フィルム、光メディアを始めとして幅広い用途展開を図り事業展開しており、世界最大手メーカーに位置している。

帝人化成や三菱エンジニアリングプラスチックスは、自動車、電気電子、光メディア、液晶パネル部材に強く、アジア向け主体に展開している。

出光興産は電気電子・OA 向けの難燃グレード(ノンハロ・ノンリン)及び導光板や反射板等の液晶パネル部材向けグレード等の高付加価値グレードに強みがあり、アジア向け主体に展開している。

旭美化成は光ディスク向けや射出成形向け(電気電子・OA 等)が中心である。

尚、SABICイノベーティブプラスチックス、バイエル、帝人化成はアロイに強い。

参考文献:「2008年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略」
(2008年5月23日:富士キメラ総研)


戻る