ポリアミド6の市場動向

マーケット情報TOP
■市場規模推移 2007年販売量ベース

摘要\年 2006年(実績) 2007年(実績) 2008年(見込) 2009年(予測) 2010年(予測) 2011年(予測) 2012年(予測) 2013年(予測)
数量(千t) 1,150 1,190 1,240 1,290 1,340 1,390 1,440 1,490
対前年比(%) 103.5 104.2 104.0 103.9 103.7 103.6 103.5
富士経済調べ
PA6 は自動車部品の樹脂化進展やフィルム用途向けの安定的な需要により、成長している。

世界的な自動車生産台数の増加に伴い、BRICsや東南アジアなどの新興国市場で自動車部品向けの需要拡大が予測される。

中国や東南アジアで食品包装フィルムやモノフィラメントなどフィルム・押出用途の拡大も見込める。

■ポリアミド6の用途動向

用途 用途例
自動車 インテークマニホールド、エアークリーナーのインレートパイプ、エンジンカバー、シリンダーヘッドカバー、ドアミラーブラケット、ドアチェッカー、ギア、プラチェーン、エンブレム、結束バンド、クリップ、ファスナー、ブレーカーカバー、コイルボビン、カップホルダー、リザーバータンク、キャニスター、ブレーキ系統部品
フィルム・押出 レトルト食品等の食品包装フィルム、漁網等のモノフィラメント(押出糸)
産業機器 電動工具部品、農機具部品(草刈機・噴霧機・回扇機等のエンジンカバー)、鉄道の枕木バネ受け、船外機エンジンカバー
電気電子 白物家電部品(電源用のスイッチ、コネクタ)
その他 建材部品、ボタン、食品容器、オフィス家具(事務用椅子の脚)

用途別需要量(2007年販売量ベース)
用途 構成比(%)
自動車 32.8
フィルム・押出 32.7
産業機器 9.2
電気電子 5.1
その他 20.3

■参入企業とメーカーシェア(2005年 世界需要)

ワールドワイド(2007年販売量ベース)
メーカー名 シェア(%)
BASF 42.1
ランクセス 14.1
DSM 13.3
宇部興産 11.5
東レ 4.6
三菱エンジニアリングプラスチックス 4.3
その他 10.1
富士経済調べ
BASF は競合他社の買収などによりシェアを伸ばし世界最大手となっている。またヨーロッパにおいて初のインテークマニホールドへの採用実績があり、強みとなっている。日本ではインテークマニホールドなどの用途に特化して事業を展開している。

欧米の自動車分野で日系自動車部品メーカーがシェアを伸ばしており、その樹脂を供給している日本の樹脂メーカーも売り上げを伸ばしている。

宇部興産はエンプラ、フィルム、モノフィラメントの各用途に渡って幅広く事業展開しており、日本及びアジアにおいてはシェアが高い。

■今後の動向
自動車の軽量化が強く期待され、金属から樹脂化への代替が進行している。さらに自動車の電子化が早急に進められており、自動車電装品の新規展開(電装品構造部への用途展開)が図られ、樹脂の使用比率が高まるとみられる。

自動車分野では中国を中心にアジア地域への生産シフトが進んでおり、需要値域へのシフトが進行。

フィルム向けは、設備増強による供給過多や現地のローカルメーカーの台頭による低価格化で伸び率の落ち込みをみせた。人件費が安く生産に有利なアジア地域での需要増加が予測される。

当該樹脂市場に参入している樹脂メーカーの中でも世界展開しているメーカーはアジアでのコンパウンド設備の拡充を図っている。

参考文献:「2008年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略」
(2008年5月23日:富士キメラ総研)


戻る