ポリフェニレン・サルファイドの市場動向

マーケット情報TOP
■市場規模推移及び予測(2006~2013年 ワールドワイド数量ベース)

年次 2006年(実績) 2007年(実績) 2008年(見込) 2009年(予測) 2010年(予測) 2011年(予測) 2012年(予測) 2013年(予測)
数量(千t) 79.0 84.6 90.7 96.5 102.3 108.0 114.0 120.0
対前年比(%) 107.1 107.2 106.4 106.0 105.6 105.6 105.3
※コンパウンド+ノンインジェクションタイプの出荷ベース 富士経済調べ
PPSの世界市場は、2007年の数量ベースで84,600t(コンパウンド79,500t、フィルム・繊維・その他で5,100t弱)に達している

市場の牽引役は、日本やヨーロッパの自動車用途、中国・アジア地域の電気電子用途の拡大である。

■用途別需要先

用途分野 用途部位例






基幹電子部品 マイクロスイッチ、コンデンサー、フォトインターラプター、SMT対応コネクター、光ファイバーコネクター、各種コイルボビン、トランジスター封止、ハードディスクアクチュエーターコイル封止、モーターインシュレーター
一般電気・電子部品 CDドライブ光ピックアップベース、DVDドライブ光ピックアップベース、ハードディスク駆動モーター軸受、モーターインシュレーター、ボタン電池絶縁パッキン、液晶プロジェクタランプケース、コピー機トナーカバー
家電部品 液晶プロジェクションTVランプハウジング、電子レンジ部品、電磁調理器コイルベース、ランプソケット、ドライヤーノズル、スチームアイロン




点火・電気系 点火コイルケーシング、コイルボビン、トランジスターイグナイターハウジング、ICレギュレータ、レクチファイアー端子台、オルタネーターのブラシュホルダー、フューズケース、エアーコンディショナー配管クランプ
照明系 ヘッドランプリフレクター(プロジェクションタイプ)、バルブソケット
燃料系 燃料・吸気の流量計、燃料ポンプインペラー、ハウジング、スロットルボディー、排ガス制御バルブ、インジェクターコイルボビン
駆動系 ABSシステムの油圧ピストン、トランスミッション油圧ピストン
制御系 ハイブリッド車のインバーター部品、圧力センサー、位置センサー、ECU制御ユニットハウジング(エンジン、パワーステアリング等)、電磁バルブボディー
冷却系 サーモスタット部品、冷却水ポンプインペラー、ハウジング、ラジエーターアッパー






繊維 焼却炉や石炭ボイラーのバグフィルター、モーター結束糸、製紙用ドライキャンバス
フィルム フィルムコンデンサ、FPD用離形フィルム、車載モーター絶縁
その他 住設機器、給湯機器ポンプケーシング、インペラー、ジョイント、バルブ、水栓器具

電気・電子部品用途は、鉛フリーハンダのリフローに対応する耐熱性と難燃性(難燃剤不要)に加え、金属代替に優れた精密成形性や寸法安定性、その他耐薬品性などが評価されている。近年はLEDのリフレクターやコンポーネント等で新規展開が進んでいる。

PBT や芳香族PA、LCP等と競合関係にあり、特にプリント基板用コネクターではLCPと競合している。

自動車用途は長期耐熱性、耐薬品性、耐ヒートショック性に優れるため、自動車部品用として燃料ポンプ、エンジンルーム部品、ターボチャージャー用チャージャー・エアホース等の燃料系や電気系統部品を中心に採用されている。

今後はハイブリッドカー用電気部品にも採用が拡大する。特にハイブリッドカーのモーター、インバーター、コンデンサー等のケースやインシュレーター、タンク類、耐熱電線などは、今後エンジンルーム内に搭載する構造になると耐熱性が要求される。このため従来の汎用エンプラからPPSへの代替が期待できる。その他にコストダウン対策として、金属や熱硬化性樹脂からの代替も見込まれる。通常の自動車用PPSは500g/台程度使用されているが、ハイブリドカー用では2~3kg/台と5倍前後の使用量になると言われる。

PPS繊維は、耐熱性・耐薬品性に優れるためPPSステープルをフェルト状に加工し、焼却炉、石炭ボイラーのバグフィルター用途での採用が多い。今後は環境対応の必要な中国などでも需要が伸びると見られ、事実、中国では化学繊維産業強化指針にてPPS繊維の産業化を促進する方針を発表している。

欧米では製紙用にもPPSモノフィラメントが使用されている。PPSモノフィラメントは製紙乾燥工程のドライキャンバスに使用されている。

PPSフィルムについては、携帯電話コンデンサーフィルムや液晶製造工程での離形フィルムなどに採用されている。

■参入企業とメーカーシェア(2007年 ワールドワイド数量ベース)

メーカー名 シェア(%)
Chevron Phillips Chemical 20.7
DIC 19.5
東レ 17.5
ポリプラスチックス 14.2
ティコナ 11.8
東ソー 5.3
出光興産 3.0
その他 8.0
富士経済調べ

■今後の方向性
電気・電子部品用途では、ランプケース等の光源周辺部品として新たな需要の創出が期待できる。例えば、Blu-ray用光ピックアップ部品、プロジェクター関連、複写機部品等が候補とされている。また、PPSは性能に比して低価格で原料の需給に影響されない利点があり、かつ物性の可変域が広いため、幅広い材料とのコンパウンディングが可能な樹脂である。

参考文献:「2008年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略」
(2008年5月23日:富士キメラ総研)


戻る