耐熱・透明ポリマー市場 透明ポリマーの樹脂別動向

マーケット情報TOP
本編では非晶性樹脂など透明性を有する樹脂を対象とし、既存グレードを改質することで透明性を向上させているケースや、もともと光学樹脂として開発されたケースなどの経緯で製品化に至っている。

透明ポリマー市場は、2009年で2,132万t、4兆8000億円程度の市場規模となっている。新興国向けの需要が堅調で、2008年比では微増、2010年以降は、年率4~5%程度の伸びが予想される。

このうち、光線透過率、低複屈折率など、光学特性を活かした用途展開では、PC樹脂の光ディスクや光学フィルム、PMMA導光板、MS樹脂、PS樹脂の拡散板、環状ポリオレフィンの光学フィルムや光学レンズ、その他、LED封止材、輝度向上フィルムといった製品に使用されている。

これらの用途は、光学特性のみならず、耐熱性、寸法安定性(低吸湿性)、強度等、他の物性にも高い要求がなされ、これに加えて成形性、生産性、コストなどの点からも評価を受け、競合が特に激しい分野として位置付けられる。

なお、光学用途には適用さない汎用グレードが市場の大部分を占め、光学分野は透明ポリマー全体の4.3%(数量ベース)を占めるに過ぎない。

透明ポリマーの中にも、耐熱性を特に重視した用途展開が行われている品目がある。ABSの自動車用途(難燃、安全面)、PMPのFPC用離型フィルム、LCD反射シートなど電気・電子用途、高圧ゴムホース用マンドルなど産業資材用途、電子レンジ対応など耐熱容器・包装資材用途、PENフィルムといった応用がある。しかし、耐熱分用途は透明ポリマー全体の2.4%(数量ベース)を占めるに過ぎない。

ボリュームゾーンが大きいのは、PC、PMMA、PS、環状ポリオレフィン、MS樹脂、透明エラストマーなどである。もっとも需要が大きいのはPCであり、自動車用や電球カバー等ガラス代替により需要増加が期待される。また、PMMAはボリュームの多いポリマーの中で、伸びが最も大きい。性能面から、PCやポリオレフィン等への代替の動きはあるが、導光板としての需要増加により、市場拡大するとみられる。

透明性が最も高いとみられる透明フッ素やPMPは、透明性、離型性、絶縁性、耐候性などを活かした用途開拓や研究が進められており、今後需要の拡大が期待されている。

PEI、フルオレン系ポリエステル、PES、透明PAなどは、現在、需要が少量であるが、レンズ向けの用途開拓が進められている。ガラスレンズ代替、PMMAやPCからの代替、軽量化・小型化が可能なことから需要増加が考えられる。

参考:品目別光学分野向け主要用途(標準的な物性を参考とした屈折率順に記載)
樹脂 光学用途市場規模
(2009年 単位:t)
光学分野向け主要用途
透明フッ素若干量ペリクル、光ファイバー、光導波路
シリコーン100LED封止材
PLAかつてはディスクでの開発有り
PMP若干量研究開発用
PMMA248,000導光板、光学レンズ、他
透明エラストマー200導光フィルム、他
PEN2,300輝度向上フィルム
脂環式エポキシ600LED封止材
環状ポリオレフィン10,000レンズ、光学フィルム、導光板・拡散板
透明PI2.2光導波路(光学フィルム)、他
MS樹脂8,000リアプロ用スクリーンレンズ、拡散板
PC560,000光ディスク、拡散板、他
PS80,000拡散板
PARディスプレイ向けフィルム(研究)
PEI100トランシーバ用集光レンズ
PSU若干量レンズ
フルオレン系ポリエステル400レンズ、光学フィルム
PES若干量LEDレンズ、フィルム
透明PA700メガネ・サングラスレンズ
エポキシ1,000LED封止材
特殊PC500光学フィルム、レンズ
導電性高分子160ディスプレイ用フィルム、透明電極
ここでは、透明性を表す各ポリマーの屈折率をもとに、ランキングを作成した(一般物性例を参考、一部推定)。
ボリュームゾーンが大きいのは、PC、PMMA、PS、環状ポリオレフィン、MS樹脂、透明エラストマーなどである。もっとも需要が大きいのはPCであり、自動車用や電球カバー等でのガラス代替によりさらなる需要増加が期待される。

PMMAはボリュームの多いポリマーの中で、伸びが最も大きい。性能面から、PCやポリオレフィン等への代替の動きはあるが、導光板としての需要増大により、市場が拡大するとみられる。

透明性が最も高いとみられる透明フッ素やPMPは、透明性、離型性、絶縁性、耐候性などを活かした用途開拓や研究が進められており、今後需要の拡大が期待されている。

参考文献:「2010年 耐熱・光学ポリマー/特殊コンパウンドの将来展望」
(2010年04月15日:富士キメラ総研)


戻る
エンプラ関連情報サイト エンプラネット トップページ