炭素繊維をはじめとする高付加価値素材市場 世界市場1

マーケット情報TOP
航空機、自動車、風力発電などで需要が拡大している炭素繊維、ステンレス箔、極細炭素鋼線など、高付加価値素材の市場を調査した「2011年版 機能性メタル/カーボン材料市場総調査(富士経済発刊)」の調査資料より、その概要を解説する。

同調査資料では、機能特性を生かした用途志向の強い素材や繊細な加工で高付加価値を創造した無機素材55品目の市場について、現状を分析し今後を予測している。
素材別市場規模推移(重量ベース ワールドワイド)
品目 単位 2010年
(実績)
2011年
(見込)
前年比 2015年
(予測)
11/’15年比



アルミニウム箔 t 1,642,600 1,733,000 105.5% 2,265,000 130.7%
マグネシウム、合金箔 t 25 30 120.0% 65 216.7%
銅箔 圧延銅箔 t 8,000 7,700 96.3% 6,500 84.4%
電解銅箔 t 300,500 320,000 106.5% 555,000 173.4%
ステンレス箔 t 9,500 10,500 110.5% 18,500 176.2%
銅、銅合金条 t 2,640,000 3,150,000 119.3% 4,600,000 146.0%

ステンレス鋼線 t 95,000 85,500 90.0% 106,000 124.0%
極細炭素鋼線 t 73,000 88,000 120.5% 181,500 206.3%
タングステン線 t 105 95 90.5% 65 68.4%
モリブデン線 t 17 16 94.1% 14 87.5%
銅、銅合金線
(ボンディングワイヤ)
千km 1,600 2,200 137.5% 7,700 350.0%
太陽電池向けインターコネクタ t 10,000 14,000 140.0% 26,000 185.7%
金線 千km 14,400 15,300 106.3% 17,900 117.0%

銀粉 t 3,800 4,900 128.9% 7,700 157.1%
ニッケル超微粉 t 2,000 2,100 105.0% 2,600 123.8%
タンタル粉 t 2,300 2,250 97.8% 2,050 91.1%
タングステン粉 t 3,400 3,100 91.2% 3,500 112.9%
モリブデン粉 t 1,670 1,650 98.8% 1,750 106.1%
水酸化ニッケル t 11,000 12,000 109.1% 15,000 125.0%
水素吸蔵合金 t 12,300 13,000 105.7% 17,800 136.9%
マンガン
(電解二酸化マンガン)
t 324,400 328,000 101.1% 342,000 104.3%
コバルト t 58,000 59,000 101.7% 60,000 101.7%
リン酸鉄リチウム t 650 2,000 307.7% 16,000 800.0%
酸化チタン、ナノサイズ酸化チタン t 2,200 2,300 104.5% 2,650 115.2%
黒鉛(等方性、異方性) t 90,000 100,000 111.1% 170,000 170.0%
黒鉛 CNT t 300 350 116.7% 660 188.6%
CNF t 120 125 104.2% 250 200.0%
黒鉛(フラーレン) t 65 72 110.8% 110 152.8%
黒鉛(リチウムイオン電池負極活物質) t 19,500 22,000 112.8% 44,500 202.3%
シリコンカーバイド砥粒 t 196,500 215,000 109.4% 430,000 200.0%
ダイヤモンドパウダー t 200 235 117.5% 455 193.6%
リチウム t 100,000 113,000 113.0% 193,000 170.8%
酸化イットリウム t 1,200 1,150 95.8% 1,000 87.0%
酸化アルミニウム t 320,000 326,000 101.9% 346,000 106.1%
窒化アルミニウム t 500 540 108.0% 800 148.1%
ジルコニア t 8,000 8,500 106.3% 11,200 131.8%
シリカ t 5,000 4,800 96.0% 5,800 120.8%
酸化セリウム t 12,000 7,500 62.5% 9,500 126.7%

繊維ステンレス繊維 t 1,000 1,100 110.0% 1,600 145.5%
炭素繊維 PAN系炭素 t 29,000 35,000 120.7% 63,000 180.0%
GPCF t 1,400 1,500 107.1% 2,200 146.7%
HPCF t 1,250 1,350 108.0% 1,800 133.3%
炭化ケイ素繊維 t 19 19 100.0% 28 147.4%
アルミナ繊維 アルミナ短繊維 t 6,000 7,700 128.3% 19,000 246.8%
アルミナ長繊維 t 235 235 100.0% 235 100.0%


ネオジム磁石 t 10,000 10,500 105.0% 13,000 123.8%
ハニカムフィルタ 千個 5,500 6,500 118.2% 10,000 153.8%


ゲッ

酸化インジウムスズ(ITO) t 1,450 1,500 103.4% 2,000 133.3%
酸化亜鉛(ZnO) t 160 230 143.8% 600 260.9%
モリブデン(Mo) t 1,430 1,650 115.4% 2,800 169.7%


ガリウムひ素(GaAs) 千枚 12,900 14,200 110.1% 20,400 143.7%
ガリウムリン(GaP) 千枚 3,000 3,150 105.0% 2,550 81.0%
インジウムリン(InP) 千枚 145 145 100.0% 172 118.6%
窒化ガリウム(GaN) 7,700 10,300 133.8% 35,100 340.8%
タンタル酸リチウム(LiTaO3) 千枚 1,280 1,300 101.6% 1,510 116.2%
ニオブ酸リチウム(LiNbO3) 千枚 850 950 111.8% 1,240 130.5%
炭化ケイ素(SiC) 千枚 1,210 2,015 166.5% 6,500 322.6%
シリコンウエハ(太陽電池用) MW 22,300 33,000 148.0% 65,000 197.0%
サファイア基板 千枚 14,500 20,000 137.9% 44,400 222.0%
市場のトレンドとしては、炭素や亜鉛、銅、アルミ、シリコンといった豊富な資源を有する素材の成長率が高く、金属酸化物、金属窒化物も高成長率を示している。

太陽電池・二次電池・LEDで利用される素材や軽薄短小素材は、中心となっている用途で将来性が期待されている。但し、現状では用途の裾野名広がりが少ない。

参考文献:「2011年版 機能性メタル/カーボン材料市場総調査」
(2011年07月29日:富士キメラ総研)


戻る
エンプラ関連情報サイト エンプラネット トップページ