光学関連デバイスの世界市場 市場動向2

マーケット情報TOP
■注目市場
1.レンズ交換型カメラ
市場規模推移の予測
  2010年 2011年見込 2015年予測 ‘15年/’10年比
ミラーレス一眼カメラ 218万台 410万台 1,800万台 825.7%
デジタル一眼レフカメラ 1,037万台 1,474万台 1,700万台 163.9%
デジタルカメラでは、レンズ交換型のデジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラが高成長している。ミラーレス一眼カメラは、日本や東南アジア地域を中心に市場が急拡大している。2010年は前年比463.8%の218万台となった。2011年以降も年率2桁の高成長が続く見通しである。2015年には2010年比825.7%の1,800万台に達し、デジタル一眼レフカメラの市場規模を超えると予測される。

2008年に最初のミラーレス一眼カメラが投入されて以降、参入メーカーが相次いでいる。デジタル一眼レフカメラに迫る画質や機能を持ちながら、ミラーやプリズムを搭載しないため構造が単純であり、小型・軽量化を図れることが最大の特徴である。コンパクトデジタルスチルカメラとデジタル一眼レフカメラの中間的な位置付けとなっており、ライトユーザーや女性ユーザーを中心に需要を取り込んでいる。

イメージセンサのサイズは、ソニーとサムスン電子がAPS‐C、パナソニックとオリンパスが4/3インチ(マイクロフォーサーズ)、ペンタックスが1/2.3インチを採用している。デジタル一眼レフカメラとの差別化や各社の設計思想も絡んだ製品展開がなされている。2011年10月にはニコンが新規参入しており、動向が注目される。今後も参入メーカーの増加が市場活性化に寄与するとみられる。

しかし、欧米ではミラーレス一眼カメラに対する認知度が低いほか、中国ではデジタル一眼レフカメラの方が人気を集めているなど、国・地域によっては市場が低迷している。参入メーカーが出揃う2012年以降が、本格的な普及時期と考えられる。

デジタル一眼レフカメラは、中国における旺盛な需要に加え、先進国における新規需要もあり、好調な市場推移が続いている。2010年は前年比112.4%の1,037万台となった。高い技術力を要することや交換レンズを含めたビジネスモデルなどを要因に新規参入が難しく、キヤノンとニコンの2大カメラメーカーが90%近くを占める寡占市場となっている。

2011年は、前年比142.1%の1,474万台が見込まれる。以降はミラーレス一眼カメラとの競合によって成長が鈍化していく見通しで、2015年にはミラーレス一眼カメラの市場規模を100万台下回る1,700万台が予測される。今後、ミラーレス一眼カメラとの差別化を図るために、一層の高機能化が進むと考えられる。先進国と新興国で需要特性に大きな違いはなく、世界的に同機種が販売されており、特に中国では比較的高価格な機種の需要が高くなっている。

一方、コンパクトデジタルスチルカメラは、1億台以上の巨大市場を形成しているものの、スマートフォンを始めとしたカメラ搭載モバイル機器やミラーレス一眼カメラなど競合製品の増加を受け、先進国を中心に需要が伸び悩んでいる。メーカーは成長市場である新興国向け低価格製品の展開に注力しているが、世界市場全体としては今後、1億3,000万台規模で横ばいの見通しである。

2.交換レンズ
市場規模推移の予測
2010年 2011年見込 2015年予測 ‘15年/’10年比
2,170万本 3,010万本 5,670万本 261.3%
交換レンズ市場は、レンズ交換型カメラの市場動向に連動して推移している。また、カメラボディとレンズのセット販売が多く、カメラ市場におけるメーカーシェアも影響する。

2010年は、デジタル一眼レフカメラが好調なことに加え、ミラーレス一眼カメラの市場が立ち上がってきたことを背景に、前年比135.1%の2,170万本となった。キヤノンとニコンの2大カメラメーカーを筆頭に、ソニーやパナソニックなどレンズ交換型カメラ参入メーカー、シグマやタムロンなど交換レンズメーカーといった日系メーカーが、シェアの大半を占めている。

2011年は、東日本大震災の影響を受けたものの、夏には生産体制がほぼ回復し、春先の落ち込みを埋めるべく増産していることから、市場への影響は軽微に留まるとみられる。ミラーレス一眼カメラ市場が本格的に立ち上がってきており、今後は同製品向けレンズ市場が大きく拡大していく見通しである。

参考文献:「2011 イメージング関連市場総調査」
(2011年09月13日:富士キメラ総研)



注目業界の市場動向・将来展望


戻る
エンプラ関連情報サイト エンプラネット トップページ