カード関連ビジネス市場 市場動向1

マーケット情報TOP
ICカードを中心としたカードアプリケーション、国内NFC市場が立ち上がり注目されるモバイルアプリケーション、カードサービス/ソリューション、カード/カード関連機器、カード材料市場の最新動向およびNFC関連動向と今後の展望についてレポートする。

■カードアプリケーション市場の概要
カードのIC化は、ここ10年で急速に普及浸透し、特定カードを除き主要な業態・アプリケーションへの導入は一巡した感があり、総発行枚数は減少する方向にある。強いて、今後大きな需要が見込まれるアプリケーション分野としては「国民IDカード」が挙げられる。

このような状況の中で注目されているのは、FeliCaを活用した非接触ICカードで、汎用的な利便性が高いことから順調に導入分野を広げている。

ICカード関連ビジネスは、既存アプリケーションにおけるサービス/ソリューションなどの付加価値を強化したビジネスの拡大、そして、NFC(Near Field Communication::10数センチの近距離無線通信規格)の普及による新たなビジネスモデルの創出、更に新興国での導入など海外市場への関心が高まっている。

特に、NFCを活用したビジネスが、市場立ち上がり期を迎えようとしている。今後、携帯電話端末とUIMカード(SIMカード)を活用し、FeliCaと共存しつつNFC対応が進められることで、NFCの普及が実現に近づきつつある。また、NFCの普及によって「Google Wallet」や「Apple×iPhone」と融合した利用シーンの構築も期待され、飽和に近づいたと言われるカード市場ではあるが、第二次成長期への新たな追い風となることも予想されている。

摘要\年次2010年(実績)数量(千枚)2011年(見込)数量(千枚)2011年/2010年比(%)2015年(予測)数量(千枚)2015年/2010年比(%)
磁気プリペイドカード(流通系)95,00096,000101.196,000101.1
鉄道、バス乗車券(IC/磁気)78,00062,50080.128,00035.9
クレジットカード(IC/磁気)76,00072,00094.769,00090.8
B-CAS、C-CASカード48,00030,00062.520,00041.7
キャッシュカード(IC/磁気)43,50044,500102.339,00089.7
会員カード、ポイントカード40,30038,20094.829,70073.7
電子マネー24,50023,50095.918,00073.5
IC運転免許証22,50025,000111.122,00097.8
ETCカード19,00017,00089.513,50071.1
UIMカード18,30018,500101.126,000142.1
社員証、学生証(IC/磁気)17,40017,800102.318,500106.3
アミューズメント系ICカード16,30016,10098.816,800103.1
プラスチックギフトカード15,00025,000166.740,000266.7
テレホンカード、国際電話用プリペイドカード11,0009,60087.36,20056.4
マイレージカード4,9004,9501015,200106.1
IC旅券4,2004,250101.24,00095.2
住民基本台帳カード1,1001,200109.11,400127.3
商店街ICカード9801,100112.22,100214.3
非接触ICカードキー420450107.1700166.7
ブランドデビットカード230370160.9900391.3
ブランドプリペイドカード4550111.1120266.7
※2010年実績の発行枚数の多い順に並べている
上記で取り上げたアプリケーション分野のカード発行枚数は、2010年で5億1,868万枚、2015年予測では4億4,442万枚(2010年比85.7%)と減少する見込みである。2015年に向けて、流通/サービス分野(2010年の市場構成の約30%)は、拡大著しいプラスチックギフトカードが2010年比166.7%増と予測される。

交通分野では鉄道/バス乗車券カードが、磁気プリペイドから書き換え可能なICカードに移行するため2010年比45.8%と大幅に減少する模様である。また、金融分野も安定した更新需要があるものの、微減が続くと予測される。

通信・放送分野は2010年の地デジ特需でB-CASカード需要が大きく伸びたが、その反動で2011年は前年比75.2%に減少する見込みである。

総需要量が減少するとみられる従来型ICカードも、携帯電話/スマートフォンとの融合や、2012年以降には普及が期待されるNFC対応UIMカードへのリプレイス需要により、あたらな付加価値市場へと移行していくだろう。次回は、モバイルアプリケーション、並びにNFC対応カードの市場動向を紹介する。

参考文献:「カード関連ビジネスの現状と将来展望 2011」
(2011年09月08日:富士キメラ総研)



注目業界の市場動向・将来展望


戻る
エンプラ関連情報サイト エンプラネット トップページ