発泡プラスチック市場 市場動向2

マーケット情報TOP
■発泡プラスチック関連市場の動向
(1)発泡関連材料市場
材料区分数量(t)金額(百万円)
2010年2011年
(見込)
2015年
予測
2010年2011年
(見込)
2015年
予測
有機系発泡剤9,6009,0009,8507,3007,0007,450
無機系発泡剤1,2001,0001,1901,8001,5001,785
発泡ガス4,6504,8505,7004,4004,6005,450
発泡助剤(尿素系)2,0301,9002,0801,0159501,040
シリコーン整泡剤1,0301,0101,070920900960
合計201,208192,809213,0131,3891,3261,504
(富士キメラ総研調べ)
発泡剤は化学的発泡剤と物理的発泡剤に大別され、また、化学的発泡剤は有機系と無機系に分けることができる。有機系と無機系を比較すると有機系を採用するケースが多く、無機系はPP架橋品など採用されている発泡製品が少ない。そのため、2011年の有機系発泡剤の販売量は、無機系の9倍となっている。

発泡ガスに関しては、本レポートでは代替フロン(HFC;ハイドロフルオロカーボン)を対象とした。発泡ガスは硬質ウレタンフォーム向けの出荷となるため、同製品の市場動向に沿って推移する(同製品は住宅用断熱材需要増加により、市場拡大傾向)。

(2)競合材料市場
材料区分数量(t)金額(百万円)
2010年2011年
(見込)
2015年
予測
2010年2011年
(見込)
2015年
予測
グラスウール142,300140,000200,00040,00040,00060,000
ロックウール80,60080,00097,00015,30015,30019,000
パルプモールド45,12046,00046,80011,70011,90012,200
合計268,020266,000343,80067,00067,20091,200
(富士キメラ総研調べ)
ロックウール/グラスウールに関しては、住宅用断熱材として使用されており、近年の断熱材需要増加を背景に市場は拡大傾向である(但し、2011年、2012年は住宅エコポイントの終了の影響で需要の減少はみられた)。

パルプモールドは、EPSの代替品として市場を形成してきた。電化製品や重機など大型品の緩衝材需要は増加しているが、反面鶏卵用パック向けの需要は減少しているため、トータルでは微増傾向での推移が見込まれる。

(3)用途分野の需要動向
自動車分野では、ハイブリッド自動車や電気自動車など次世代車で軽量化のニーズが高い。また、既存のガソリン車やディーゼル車においても、燃費向上を図り軽量化が進められている。ビーズ発泡(EPP)、PE/PS複合ビーズ発泡、押出発泡ゴムなどが、内装材を中心に様々な部材で取り入れられている。

住宅分野では断熱材として、ウレタンフォーム、押出発泡ポリスチレン(XPS)、フェノールフォーム、高発泡高密度ポリエチレン(高発泡HDPE)などが採用されている。住宅の熱エネルギーのロスを抑える断熱材は省エネ効果が高く、次世代省エネ基準を満たす条件としても、重要な位置を占めている。

また、産業分野では、生産拠点の海外シフトが進み国内の搬送資材需要が落ち込む中、発泡製品間の代替や非発泡製品からの代替も進んでいる。前者はPE/PS複合ビーズ発泡における液晶パネル搬送資材用途、後者はLDPE無架橋押出(高発泡)における液晶パネルのマザーガラスの緩衝材(合紙)用途としての採用が挙げられる。

液晶パネルや照明関連では、高い光反射性を有する微細発泡シートも拡大している。光源数を減らせるため省エネ効果が高く、東日本大震災に伴う電力問題もあり、今後の高成長が予測される。

発泡プラスチックは軽量性を特徴とする一方で、重量当りの容積が大きくなる。そのため大量の輸出は難しく、生産地と需要地が近い“地産地消”の傾向が強い市場となっている。国内における需要が限られている中、日系メーカーの海外展開は、現地拠点での製造・販売が中心となっている。輸出は、高い耐熱性を有するPIフォームなど、高機能製品を中心に僅かである。

参考文献:「2011年 発泡プラスチックスの現状と将来展望」
(2011年10月20日:富士キメラ総研)



注目業界の市場動向・将来展望


戻る
エンプラ関連情報サイト エンプラネット トップページ