エレクトロニクス分野における高分子材料の世界市場 市場動向2

マーケット情報TOP
前回の市場規模推移(数値)を踏まえ、エレクトロニクス分野で使用される高分子材料の市場をおさらいして見ると、2011年は、日本では東日本大震災が起こり、材料を確保するためにユーザーは在庫を抱えたことにより、2011年夏以降は需要が急激に落ち込んだ。また、欧州の景気も後退したことから、2011年は半導体や太陽電池関連で需要が落ち込んだ製品もあったが、需要の減少は一部製品に留まり、有機ELや電子ペーパー、タッチパネル、LiB、燃料電池等新規エネルギーエレクトロニクス市場を中心に需要が拡大した。

2012年以降は、蓄電や創エネ・省エネを目的に、燃料電池や太陽電池を中心としたエネルギー電池関連や、LED、さらにスマートフォンやタブレットで需要が拡大しているタッチパネル、LED-TV等で需要が拡大しているFPD需要も拡大することが見込まれている。

特に今後成長の拡大が見込まれる製品について、その成長率予測から上位20品目のランキングを作成してみた。それが下記の表である。

■成長率ランキング(57製品を対象とした上位20製品)

順位分野品目2011年(実績)2015年(予測)
金額
(百万円)
平均成長率
(08-11)
金額
(百万円)
平均成長率
(11-15)
-エネルギー・電池関連有機薄膜太陽電池5,00071.0%
1FPD有機EL(照明)50018,000144.9%
2FPD有機EL用光学フィルム5120121.3%
3LEDグローブ(直管形LED)1,300164.8%7,40054.5%
4FPDプラスチックフィルム基板1,00018.6%4,50045.6%
5FPD有機EL(ディスプレイ)259,25061.6%1,030,90041.2%
6半導体High-K(ロジック用)450-11.5%1,64038.2%
7エネルギー・電池関連燃料電池用電解質膜2,45032.6%7,90034.0%
8タッチパネルカバーガラス/シート(シート)900162.1%2,70031.6%
9LEDグローブ(LED電球)400171.4%1,10028.8%
10エネルギー・電池関連燃料電池用セパレータ10,940128.7%30,00028.7%
11エネルギー・電池関連燃料電池用ガス拡散層(GDL)1,25030.7%2,90023.4%
12FPD電子ペーパー80,00074.7%175,00021.6%
13LEDLED封止材(シリコーン)20,45044.3%43,36020.7%
14FPD導光板(ペレット)22,70021.7%47,00020.0%
15FPDカバーガラス/シート(ガラス)28,000123.7%55,00018.4%
16エネルギー・電池関連太陽電池用バックシート84,50015.4%164,00018.0%
17エネルギー・電池関連太陽電池用導電性ペースト(Agペースト)260,00057.5%501,80017.9%
18エネルギー・電池関連LiB電解液・添加剤112,00010.1%214,00017.6%
19タッチパネルOCA(薄手・静電容量式)2,00058.7%3,80017.4%
20エネルギー・電池関連LiB正極材料155,2002.3%280,65016.0%
(富士キメラ総研調べ)
※世界需要△:僅少、有機薄膜太陽電池の平均成長率のみ'12-'15で算出

■上位成長率製品の成長要因
今回、ランキング20位までの製品を取り上げ、2015年までに市場が1,000億円を超える品目は、有機EL、電子ペーパー、LiB、太陽電池関連の6製品が挙げられた。500億円を超える品目はタッチパネルに使用されるカバーガラスの1品目であった。

上位20品目のうち、11品目が省エネ・創エネ・蓄エネに関連する部材であり、CO2削減を目的としたクリーンエネルギーへの注目度の高さを表しているとみられる。今後も太陽電池、LiB、燃料電池、LED等を中心に、平均成長率15%以上で市場の拡大が期待されている。

FPDでは有機EL関連の成長率が高く、既存のディスプレイ以外では有機EL照明市場の本格的な立ち上がりが期待されている。また、軽量化や薄型化を可能にする基板需要も拡大している。また、近年スマートフォンやタブレット端末の普及により、タッチパネルや電子ペーパー需要が増加し、新規アプリケーション市場が立ち上がり始めている。

相対的に成長を促す要因としては、以下のようなキーワードが挙げられる。

(1)省エネ・創エネ・蓄エネ製品の需要拡大
⇒クリーンエネルギーへの注目の高まり、創エネ・省エネ・蓄エネに関連する市場の台頭
(2)FPD関連需要の拡大
⇒軽量化、薄型化ニーズへの対応
(3)新規アプリケーションの市場の立ち上がり
⇒有機EL、タッチパネル(スマートフォン、他)の普及拡大
参考文献:「2012年版 エレクトロニクス高分子材料の現状と将来展望」
(2012年03月13日:富士キメラ総研)



注目業界の市場動向・将来展望


戻る
エンプラ関連情報サイト エンプラネット トップページ