世界の車載光学関連システム市場 市場動向2

マーケット情報TOP
第2回目は、表示、照明、安全/センシングの各カテゴリーの中で注目されるシステムや構成部材について取り上げてみる。

■表示分野システム(インストルメントパネル、センタークラスター、ヘッドアップディスプレイ)
(1) インパネ(MID付車載メータ):2013年見込2,382億円⇒2022年予測 5,404億円 2013年比2.3倍

インパネは、燃費改善やエコ意識が要因となり、それらの情報を表示するMID(マルチインフォメーションディスプレイ)の搭載が進み、先進国では一般的となっている。

2013年見込でMID付車載メータの搭載率はインパネシステム全体の26%であるが、2022年には52%まで拡大すると予測される。センターディスプレイやヘッドアップディスプレイ(HUD)などの情報表示も採用されるが、低コストで見やすい位置への設置が可能なため高い搭載率が予測される。MIDのサイズも現状の3.5インチから5~7インチへと大型化すると予測される。

日本車では、国内と主に北米向けの自動車にMID付車載メータタイプのインパネを採用する比率が高まる。2013年にはMID付インパネの比率が非搭載車を凌ぎ、2022年にはMID付インパネがほぼスタンダードになると予測される。

欧州も、日本国内市場と同様にMID搭載車種が増加していく。しかし、日本市場と比較して伸び率は緩やかと見られる。一因として、MIDをインパネではなくセンタークラスターに搭載し、センターディスプレイに統合する傾向が出ているためである。

さらに欧州ではインパネとセンタークラスターを一体化したIVI(In Vehicle Infotainment:車内情報・娯楽システム)システムの開発が積極的に進められている。北米もインパネよりもセンタークラスターに搭載するMIDが増加すると考えられ、今後も欧州や日本よりMID付インパネの搭載率は低いまま推移すると思われる。

(2) センタークラスター:2013年見込1兆9,715億円⇒2022年予測2兆7,433億円 2013年比39.1%増

センタークラスターは、ドライバーだけでなく同乗者全員に情報や快適性を提供する機器搭載スペースである。2013年には5インチ以上のディスプレイ搭載センタークラスターが20%を占めるとみられ、2022年には全体の三3分の1まで拡大すると予測される。カーオーディオやヒーターコントロール(以下ヒーコン)にも5インチ以上のディスプレイが採用されるケースが増加しているため需要が拡大していく。

日本では、2012年に5インチ以上のディスプレイが20%を超え、2022年には3分の2にまで拡大し、特に小型車へのディスプレイ・オーディオとヒーコンシステムの搭載が大幅に伸びると考えられる。欧州では、同ウエイトが2022年には60%超まで拡大すると予測される。

北米では、後方確認カメラの搭載が義務付けられ、その映像をインパネ内のMIDや5インチ未満のディスプレイを使用したバックミラーやカーオーディオで表示することが有力であるため、5インチ以上のディスプレイの搭載ウエイトは2022年でも40%超程度の普及に留まると予測される。

(3) ヘッドアップディスプレイ:2013年見込313億円⇒2022年予測2,393億円 2013年比7.6倍

ドライバーが視線を大きく移動させることなく情報を確認できるシステムとして注目されるが、コスト高から高級車を中心にオプション市場を形成して来た。2012年の市場は車両生産台数ベースの約1%に過ぎない。今後はコストダウンとさらに見やすさを進化させた製品開発が進められよう。2022年には、車両生産台数ベースの10%を占める市場と予測される。

日本では、レーザープロジェクター光源を使用したタイプが市販品として登場しているが、全体としては低コスト化が進むと思われるLCDタイプが市場を形成し、2022年には生産される自動車の2割程度にHUDが搭載されると予測される。欧州は、HUDの高需要市場となっており、2015年には欧州の消費者団体による評価基準(EuroNCAP)に、中型車以上へのHUDの標準搭載が加えられる予定であり、中長期にかけて販売は大きく拡大すると予測される。北米も、ゆるやかではあるがIVIシステムに融合する形で搭載が進んでいくと予測される。

■照明分野システム(ヘッドランプシステム、リアランプシステム、室内照明)
インパネ(MID付車載メータ):2013年見込2,382億円⇒2022年予測 5,404億円 2013年比2.3倍

ヘッドランプシステム:2013年見込3,962億円⇒2022年予測6,864億円 2013年比73.2%増

現在、ヘッドランプの光源にはハロゲンランプ、HIDランプ(High Intensity Discharge lamp:高輝度放電ランプ)、LEDランプが使用されている。LEDヘッドランプは消費電力が小さく長寿命であるが、価格がHIDヘッドランプの3~5倍、ハロゲンヘッドランプの10倍以上となるため、金額ベースでは10%(数量ベースで2%)に留まっている。今後、LEDの高輝度化と低価格化が急速に進み、2022年には金額ベースで75%(数量ベースで市場の22%)を占めると予測される。

その結果ヘッドランプシステムは一層小型化や形状の多様化に進むと予測される。長期的には、レーザー方式ヘッドランプの登場も予想される。今後、自動車の需要の中心が日米欧に代表される先進国から、中国、インドといった新興国地域に移っていくことから、徐々にそれらの地域でのLED比率も上昇するとみられる。

車種別には、ローエンドやミドルクラスの一部が、価格面を重視して引き続きハロゲンヘッドランプを使用する一方で、ハイエンド車両を中心に2015年以降、急速にLEDヘッドランプの搭載が進むと予測される。

現在高価なLEDヘッドランプの単価も大きく低減すると予想されるため、金額ベースでは各地域とも2020年頃に市場規模が縮小するとみられる。

■安全・センシング分野(ADAS、ミラーシステム)
この市場ではADASの搭載が高機能化を指向して大幅に進み、2022年には全体市場を底上げすると予測される。

先進運転支援システム(ADAS):2013年見込2,749億円⇒2022年1兆1,283億円 2013年比4.1倍

現在、ヘッドランプの光源にはハロゲンランプ、HIDランプ(High Intensity Discharge lamp:高輝度放電ランプ)、LEDランプが使用されている。LEDヘッドランプは消費電力が小さく長寿命であるが、価格がHIDヘッドランプの3~5倍、ハロゲンヘッドランプの10倍以上となるため、金額ベースでは10%(数量ベースで2%)に留まっている。今後、LEDの高輝度化と低価格化が急速に進み、2022年には金額ベースで75%(数量ベースで市場の22%)を占めると予測される。

その結果ヘッドランプシステムは一層小型化や形状の多様化に進むと予測される。長期的には、レーザー方式ヘッドランプの登場も予想される。今後、自動車の需要の中心が日米欧に代表される先進国から、中国、インドといった新興国地域に移っていくことから、徐々にそれらの地域でのLED比率も上昇するとみられる。

車種別には、ローエンドやミドルクラスの一部が、価格面を重視して引き続きハロゲンヘッドランプを使用する一方で、ハイエンド車両を中心に2015年以降、急速にLEDヘッドランプの搭載が進むと予測される。

現在高価なLEDヘッドランプの単価も大きく低減すると予想されるため、金額ベースでは各地域とも2020年頃に市場規模が縮小するとみられる。

参考文献:「2013 車載光学関連市場の現状と将来展望」
(2013年10月31日:富士キメラ総研)


2015年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略 EnplaNet Books


戻る
エンプラ関連情報サイト エンプラネット トップページ