エンプラ&バイオ樹脂の世界市場 市場動向2

マーケット情報TOP
バイオ樹脂は、環境意識の高い欧州や北米での需要が大きく、両エリアを合わせると市場の8割以上を占める(2013年数量ベース)。現状では一般的な樹脂と比較し高価格であるため、環境規制や補助金などの政策的な後押しが必要となっている。しかし、企業がCSR活動の一環として採用を進めていることから、2018年には数量ベースでは100万トン、金額ベースでは2,004億円が予測される。

■バイオ樹脂の世界市場規模推移
 2013年実績2018年予測2013年比
数量62万トン100万トン161.3%
金額1,225億円2,004億円163.6%
品種別シェア 2013年数量ベース
バイオマス樹脂(バイオPET、バイオPE)は、植物由来原料を使用しながら、石油由来原料の樹脂と同等の物性を有するものである。日常生活の中で消費者の目につきやすい飲料、食品、化粧品、日用品などの容器や包装用途で大手企業が環境配慮のアピールを目的に採用を進めている。また、自動車でもHVやEVなどの内装材として採用されている。

バイオPET(ポリエチレンテレフタレート)は、飲料メーカーがPETボトルのバイオマス化を進めており、市場が拡大している。2018年にはバイオ樹脂市場の6割を占めると予想される(数量ベース)。

バイオPE(ポリエチレン)は、石油由来のPEが安価な汎用プラスチックの代表格であることから、価格を同等に下げるか、価格差を補う石油由来PE以上の物性という付加価値が求められつつある。

生分解性樹脂(PLA、PB、PGA)は、コンポストバッグや農業用マルチフィルム、容器やフィルムでの採用が多い。

最も主流であるPLA(ポリ乳酸)は、食品容器や包装フィルムに加え、衣料やタオルなど繊維用途でも採用されており、2018年にはバイオ樹脂市場の2割弱を占めると予想される(数量ベース)。新たな用途として、北米ではシェールガス・オイル掘削機械部品で採用されている。また、成形時に発生する臭いや、成形品の反りの少なさから3Dプリンタ用樹脂としても期待される。

中国や東南アジア、インド、南米など新興国では環境汚染が深刻さを増していることから、メーカーも積極的に市場開拓を行っており、長期的にはこれらの新興国で需要が拡大するとみられる。

PLAと比較して市場は小さいが、同じ生分解性樹脂としてPBS(ポリブチレンサクシネート)とPGA(ポリグリコール酸)がある。PBSはPLAと同様容器やフィルムなどで採用される。PBSはPLAと比較し耐熱性、強度、成形性に優れているが、生分解速度と価格はPLAに劣るため、互いの弱点を補う形で混合して使用されることもある。PGAは、耐摩耗性、弾性率、引っ張り強さなどの機械的特性、ガスバリア性などに優れており、シェールガス・オイル掘削機械部品(ドリル、目止め材など)で採用されている。

参考文献:「2015年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略」
(2014年09月25日:富士経済)

注目業界の市場動向・将来展望


戻る
エンプラ関連情報サイト エンプラネット トップページ