国内の光源/照明関連市場 市場動向2

マーケット情報TOP
今後の国内照明市場は、新たな「光の価値創出」であり、LED光源の採用によって制御・コントロールが容易になったことや、既存のアプリケーションの形状に留まらないデザイン・設計が可能になったことなど、創出価値の質的向上が求められる。

今回は、国内における照明制御・ソリューション・IoT化市場の動向を解説する。

■国内の照明制御・ソリューション・IoT化市場

 2016年実績2025年予測2016年比
合計8,905億円7,387億円83.0%
照明制御ソリューション570億円743億円130.4%
空間提案・演出ソリューション208億円264億円126.9%
光技術/HCL※ソリューション23億円403億円17.5倍
照明IoTソリューション170億円635億円3.7倍
富士経済推定
※HCL:ヒューマンセントリックライティング
対象品目
照明制御ソリューションダウンライト、スポットライト、ペンダントライト、ブラケット等の局所照明
空間提案・演出ソリューションシーリングライト、ベースライト、スクエアグリッド天井、スリムライト・間接照明、防犯灯
光技術/HCLソリューション高天井照明、投光器、道路・トンネル灯、スポットライト
照明IoTソリューション非常灯・誘導灯
照明制御・ソリューション・IoT化市場は、大手照明メーカーが提案する有線式制御ソリューションを中心に、BEMS主導のビルディングIoT照明、専業プレーヤーが提案する建築化・空間演出ソリューション、景観・演出ライティングソリューションなどの市場が確立している。ウェルネス照明、可視光通信、映像演出ソリューションなどによる照明や光の新たな価値提案に加え、より質の高い照明環境を求めるニーズが高まっていることから、制御・ソリューション・IoT化市場は今後も拡大が予想される。

LEDの普及により、照明は取り扱いが容易となりデザインの柔軟性が向上した(光の解放)と同時に、デジタル化されたことで制御が可能となった(制御の解放)。これにより、照明と同じく天井商材を扱う空調・セキュリティ機器などのプレーヤー、空間提案を行う建材メーカー、照明のIoT化や制御、他設備との連携運用の提案を行うITベンダーや計装メーカーなど、様々な異業種プレーヤーによる照明のソリューション提案が増加している。異業種プレーヤー参入により照明メーカーにはなかった価値提案が増えることで、制御・ソリューション・IoT化市場はさらなる進展が期待される。

参考文献:Special Appli.光源/照明市場 実態・技術・予測 2018年版

技術革新が進む自動車業界特集


戻る
エンプラ関連情報サイト エンプラネット トップページ