FA向け画像処理システム関連の世界市場 市場動向1

マーケット情報TOP
画像処理システム関連市場は、カメラのデジタル化に伴い、海外メーカーの存在感が一気に高まった。ボード型画像処理装置から筐体型画像処理装置へと市場の主役が移った。更に2016年よりセキュリティカメラ市場のトップメーカーであるHikvision Digital Technology社がFAカメラ市場に参入したことにより、新たな変化が始まっている。2017年は、ニューラルネットワークを多層化したディープラーニング技術の画像処理への本格的な応用が始まった年である。ディープラーニングを始めとしたAI技術は、今後画像処理システム市場に大きな影響を与えると見られる。

今回は、大きな変革期を迎えたFA向け画像処理システムの世界市場を解説する。

■画像処理システム関連の世界市場

 2016年2020年予測2016年比
合計1兆1,111億円1兆6,210億円145.9%
処理装置1,814億円3,094億円170.6%
カメラ1,406億円1,880億円133.7%
キーコンポーネンツ532億円758億円142.5%
検査アプリケーション4,470億円6,898億円154.3%
観察・測定関連機器2,781億円3,300億円118.7%
ロボティックス・AI108億円280億円2.6倍
富士経済推定
対象品目
処理装置画像処理装置(筐体型)、画像処理装置(ボード)、画像センサ、三次元デジタイザ、画像解析計測ソフトウェア
カメラFA用エリアスキャンカメラ、FA用ラインスキャンカメラ、赤外線サーモグラフィ
キーコンポーネンツ画像処理用LED照明、画像処理用レンズ、産業用イメージセンサ






|


デバイス関連FPD検査装置、ウェハ外観検査装置
基板実装関連クリームはんだ印刷外観検査装置、インライン実装検査装置(リフロー前後)、AXI
自動車関連自動車部品外観検査装置、ボディ外観・塗装検査装置
製紙・印刷関連Web外観検査装置、印刷面外観検査装置
食品・薬品関連飲料容器外観検査装置、文字検査装置、錠剤、顆粒剤検査装置
観察・測定関連機器CNC画像測定器、デジタルマイクロスコープ、共焦点レーザー顕微鏡(工業用)、工業用X線検査装置、非接触三次元測定器、電子顕微鏡(SEM、TEM)
ロボティックス・AIロボットビジョンシステム、AI物流画像判別システム
画像処理システム関連市場は、世界的なFA需要の拡大とセンシングニーズが増加しており、今後数年間は年率10%程度の伸びを維持する。FA市場は、メカニック制御とセンシングを組み合わせることで市場が急速に拡大している。画像センシングは、映像を確認出来る点が評価されており、有無、ポカ避けといったローエンド用途から1億画素カメラを採用する超ハイエンド用途まで幅広く市場拡大している。近年は、画像のロバスト性が向上したことで、映像ログをクラウドに収集し他拠点で確認可能なシステムが増加している。

■処理装置の世界市場

 2016年2020年予測2016年比市場の動向
合計1,814億円3,094億円170.6%
画像処理装置
(筐体型)
890億円1,950億円2.2倍生産ラインにおけるセンシング需要の増大により、高成長が続く
画像処理装置
(ボード)
330億円313億円94.8%画像処理装置(筐体型)及び画像センサへの移行によって、緩やかな縮小推移となる
画像センサ139億円249億円179.1%省力化ニーズ拡大に対応して、世界的に好調に推移する
三次元デジタイザ400億円520億円130.0%世界的に低価格化が進み、ユーザーの裾野が広がっている。グローバルで市場拡大が進む
画像解析計測
ソフトウェア
55億円62億円112.7%先進国を中心に高精度な画像解析を行うニーズが拡大。今後アジア市場でもニーズの拡大が期待される
富士経済推定


■カメラの世界市場

 2016年2020年予測2016年比市場の動向
合計1,406億円1,880億円133.7%
FA用エリア
スキャンカメラ
413億円640億円155.0%製造業における自動化の進展、アジア市場の好調に支えられ、2桁成長が続く
FA用ライン
スキャンカメラ
173億円250億円144.5%液晶、フィルム関連で需要が拡大し、アジア市場で拡大推移する
赤外線
サーモグラフィ
820億円990億円120.7%低価格化が進行し、ユーザー層が広がっている。世界的に拡大傾向で推移する
富士経済推定


■キーコンポーネンツの世界市場

 2016年2020年予測2016年比市場の動向
合計532億円758億円142.5%
画像処理用
LED照明
413億円640億円155.0%製造業における自動化の進展、アジア市場の好調に支えられ、2桁成長が続く
画像処理用
レンズ
268億円380億円141.8%世界的なマシンビジョン市場の拡大により、アジアを中心に堅調に推移する。海外メーカーも増加している
産業用
イメージセンサ
37億円58億円156.8%FA用エリアスキャンカメラ及びFA用ラインスキャンカメラの需要拡大に伴い、当該製品市場も拡大推移する
富士経済推定
参考文献:2017 画像処理システム市場の現状と将来展望

技術革新が進む自動車業界特集


戻る
エンプラ関連情報サイト エンプラネット トップページ