FA向け画像処理システム関連の世界市場 市場動向2

マーケット情報TOP
■検査アプリケーションの世界市場

 2016年2020年予測2016年比市場の動向
デバイス関連2,803億円4,790億円170.9%
FPD検査装置660億円1,420億円2.2倍中国を中心にディスプレイ関連の設備投資の活発化により、市場が大幅に拡大する
ウェハ外観
検査装置
2,143億円3,370億円157.3%半導体関連の設備投資拡大を背景に、アジア市場を中心に市場拡大する

 2016年2020年予測2016年比市場の動向
基板実装関連771億円1,035億円134.2%
クリームはんだ
印刷外観検査装置
222億円310億円139.6%スマートフォン関連、自動車関連の需要が拡大し、市場は拡大傾向で推移する
インライン実装検査装置
(リフロー前後)
423億円560億円132.4%ハイエンド製品の3D AOIが販売比率を高めており、今後も市場拡大に寄与する
AXI126億円165億円131.0%日本、欧州、北米など、車載分野で今後採用が拡大していくと見られている

 2016年2020年予測2016年比市場の動向
自動車関連6億円48億円8倍
自動車部品
外観検査装置
4億円42億円10.5倍2016年に日本で市場が立ち上がり、目視からの置き換えが、今後進んでいく
ボディ外観・塗装検査装置2億円6億円3倍現在欧米中心の市場構造である。今後は日本やアジアでの市場形成が期待される

 2016年2020年予測2016年比市場の動向
製紙・印刷関連646億円765億円118.4%
Web外観
検査装置
475億円570億円120.0%新興国を中心とするフィルム需要の拡大、先進国でも堅調な需要を見せており、今後も市場拡大が見込まれる
印刷面外観
検査装置
171億円195億円114.0%アジア市場での印刷物検査ニーズ拡大により、市場は拡大傾向で推移する

 2016年2020年予測2016年比市場の動向
食品・薬品関連244億円260億円106.6%
飲料容器外観
検査装置
136億円148億円108.8%先進国は更新需要が中心で、東南アジアなどアジア市場の拡大が期待される
文字検査装置27億円26億円96.3%国内ジェネリック医薬品メーカーへの特需が終息し、従来の市場規模に縮小する
錠剤・顆粒剤
検査装置
81億円86億円106.2%国内ジェネリック医薬品メーカーへの特需が終息するが、インド等アジアの市場拡大が進む
富士経済推定


■観察・測定関連機器の世界市場

 2016年2020年予測2016年比市場の動向
合計2,781億円3,300億円118.7%
CNC画像測定器404億円560億円138.6%製造工程における品質要求の高まりにより、自動車、航空機、医療機器関連で好調な実績を維持していく
デジタル
マイクロスコープ
142億円160億円112.7%日本等で先進国市場は堅調に推移し、今後アジア市場での市場拡大が期待される
共焦点レーザー
顕微鏡(工業用)
60億円85億円141.7%中国市場を中心にスマートフォン、車載、半導体関連での解析ニーズが拡大している
X線検査装置
(工業用)
591億円700億円118.4%米国の自動車関連、アジアでのスマートフォン関連の需要拡大が見込まれる
非接触
三次元測定器
304億円395億円129.9%非接触ニーズの拡大により、先進国での需要拡大と認知度向上により、アジア市場への普及が期待される
電子顕微鏡
(SEM、TEM)
1,280億円1,400億円109.4%アジア市場を中心とした官需、民需での研究開発用途の拡大が期待される
富士経済推定


■ロボティックス・AIの世界市場

 2016年2020年予測2016年比市場の動向
合計108億円280億円2.6倍
ロボットビジョンシステム108億円200億円185.2%製造業の自動化が進む中、アジアを中心に導入が加速していく
AI物流画像判別
システム
80億円日本の物流業界における人手不足が深刻な中で、2017年に市場が立ちあがった。今後の市場拡大が推進される
富士経済推定


参考文献:2017 画像処理システム市場の現状と将来展望

技術革新が進む自動車業界特集


戻る
エンプラ関連情報サイト エンプラネット トップページ