世界のロボット市場 市場動向1 製造業向けロボット市場

マーケット情報TOP
製造業向けロボットは、従来からの単純作業の自動化のみでなく、組立、検査、搬送・物流など柔軟性が必要となる作業や、高度なスキルが必要な作業の自動化へも市場が拡大している。今後も労働力不足は世界的に継続するとみられることから、これは一過性のものとはならない。それに伴い、労働力不足を補うものから、モノ造りの進化を担う形へ、ロボットの位置づけが進化している。

今回は、製造業向けロボットの世界市場を解説する。

■製造業向けロボットの世界市場

 2017年2025年予測2017年比
製造業向けロボット1兆821億円3兆3,140億円3.1倍
溶接・塗装系3,660億円8,785億円2.4倍
アクチュエータ系510億円1,201億円2.4倍
組立・搬送系5,526億円2兆179億円3.7倍
クリーン搬送系1,125億円2,975億円2.6倍
富士経済推定

■対象品目
 
溶接・塗装系1.アーク溶接ロボット 2.スポット溶接ロボット 3.塗装ロボット 4.バリ取り・研磨仕上げロボット
アクチュエータ系1.単軸ロボット 2.直交ロボット 3.電動スライダ
組立・搬送系1.卓上型ロボット 2.パレタイジングロボット 3.取出しロボット 4.スカラロボット 5.パラレルリンクロボット 6.ヒト協調ロボット 7.小型垂直多関節ロボット(可搬重量20kg以下) 8.垂直多関節ロボット(可搬重量21kg以上)
クリーン搬送1.ガラス基板搬送ロボット 2.ウエハ搬送ロボット

2017年の製造業向けロボット市場は、労働力不足、人件費高騰などを背景とした自動化ニーズに支えられた旺盛な設備投資により、1兆円を超える結果となった。特にアクチュエータ系や組立・搬送系ロボットでは、EMSやスマートフォン関連で特需が見られた。クリーン搬送系ロボットにおいても有機ELや大型液晶パネルの投資、半導体需要による設備投資拡大により市場が拡大した。2018年以降も中国を中心に自動化ニーズが拡大すると見られ、高レベルでの成長を維持していくものと予想される。

■分野別市場動向
 
溶接・塗装系2017年は自動車関連の設備投資が欧米、日本、中国などで好調であり、市場は拡大した。2018年も日系、欧米の大手自動車メーカーが設備投資を継続する見通しであり、市場が拡大する見込みである。
アクチュエータ系2017年は前年の設備投資抑制から一転し、スマートフォン関連や自動車関連で設備投資が増加し市場は拡大した。2018年もEMSなどの大口ユーザーからの受注が見込まれ、市場は拡大するものの前年程の伸びはないと予想される。
組立・搬送系2017年は小型垂直多関節ロボット、スカラロボットなどの小型ロボットが、EMSやスマートフォン関連、自動車部品関連の設備投資の好調を受け、市場を拡大している。2018年も小型ロボットは旺盛な需要が期待できることから、今後前年比20%以上の成長が見込まれる。
クリーン搬送2017年のガラス基板搬送ロボットは、スマートフォンやテレビ向けに高精細液晶や有機ELの設備投資が拡大した。ウエハ搬送ロボットも、スマートフォンやサーバ向けに大手メモリメーカーが設備投資を増強したことから、市場が拡大した。2018年はガラス基板搬送ロボットの成長が鈍化する見込みであるが、ウエハ搬送ロボットは旺盛な半導体メーカーの設備投資を受け、市場拡大を続けるものと予想される。

■2017年のエリア別市場動向

 合計北米欧州アジア中国※日本
溶接・塗装系3,660億円
(100.0%)
706億円
(19.3%)
713億円
(19.5%)
1,723億円
(47.1%)
1,224億円
(33.4%)
518億円
(14.1%)
アクチュエータ系510億円
(100.0%)
26億円
(5.1%)
21億円
(4.1%)
161億円
(31.6%)
108億円
(21.2%)
302億円
(59.2%)
組立・搬送系5,526億
(100.0%)円
962億円
(17.4%)
1,351億円(24.4%)2,520億円
(45.6%)
1,978億円
(35.8%)
693億円
(12.6%)
クリーン搬送系1,125億円
(100.0%)
231億円
(20.5%)
18億円
(1.6%)
673億円
(59.8%)
258億円
(22.9%)
203億円
(18.1%)
※中国はアジアの内数富士経済推定

2017年の製造業向けロボット市場は、労働力不足、人件費高騰などを背景とした自動化ニーズに支えられた旺盛な設備投資により、1兆円を超える結果となった。特にアクチュエータ系や組立・搬送系ロボットでは、EMSやスマートフォン関連で特需が見られた。クリーン搬送系ロボットにおいても有機ELや大型液晶パネルの投資、半導体需要による設備投資拡大により市場が拡大した。2018年以降も中国を中心に自動化ニーズが拡大すると見られ、高レベルでの成長を維持していくものと予想される。

組立・搬送系ロボットは、中国をはじめとするアジア市場の構成比が高い。全世界的にロボットの需要が拡大しており、スカラロボット、小型垂直多関節ロボット、ヒト協調ロボットの伸びが大きい。EMSやスマートフォン関連が主なアプリケーションである卓上型ロボット、取出しロボット、スカラロボット、小型垂直多関節ロボットは中国向けの構成比が5割を超えている。

クリーン搬送のガラス基板搬送ロボットは、中国、韓国、台湾を中心としたアジア中心の市場である。中国、韓国、台湾の大手パネルメーカーが、2017年も積極的な設備投資を行ったことから、大幅に市場が拡大した。ウエハ搬送ロボット市場は、半導体製造装置メーカーの拠点がある、米州、日本の構成比が高い。また、韓国、中国やその他アジアの半導体製造装置メーカー向けや、台湾ではエンドユーザー向けに導入されているため、アジアでの構成比が年々高まっている。

参考文献:2018 ワールドワイドロボット関連市場の現状と将来展望 No.1
FAロボット市場編

技術革新が進む自動車業界特集


戻る
エンプラ関連情報サイト エンプラネット トップページ