住宅設備・建材の国内市場 市場動向1

マーケット情報TOP
■住宅設備・建材の国内市場(100品目)

 2018年度見込2025年度予測2030年度予測
住宅設備・建材合計6兆200億円5兆7,300億円5兆4,200億円
住宅設備3兆3,900億円3兆3,500億円3兆2,900億円
建材2兆6,300億円2兆3,800億円2兆1,300億円
新設住宅着工戸数93万2,000戸78万3,000戸67万2,000戸
戸建住宅43万2,000戸37万2,000戸31万4,000戸
集合住宅50万戸41万1,000戸35万8,000戸
富士経済推定

新設住宅着工戸数は、2017年度から減少に転じているものの、戸建住宅が微増しており、それに伴い住宅設備、建材共に伸長した。2019年10月に予定されている消費増税に伴う駆け込み需要の増加が期待されているが、影響は軽微なものにとどまるとみられる。東京五輪が開催される2020年度以降は、新設住宅着工戸数の減少が顕著になるとみられ、住宅設備、建材共に市場は縮小に転じると予想される。

住宅設備は水廻り設備、水廻り関連設備機器、電気設備、空調設備、マンション共有部設備などの分野で市場が縮小していくとみられるが、ZEHや家庭用燃料電池、家庭用蓄電システムの本格的な普及が進むことで創エネ・省エネ分野で市場が拡大するとみられる。

水廻り設備はリフォーム向けが中心の市場である。2018年度はリフォーム市場が停滞したのに加え、新設住宅着工戸数の減少もあり、全ての品目が縮小している。2019年度は10月の消費増税の影響は小規模にとどまるとみられ、実施予定の次世代住宅ポイントも清掃性の高いトイレなどが対象となっており成長要因になるとみられる。今後、リフォーム、リノベーション需要が市場拡大のポイントとなるが、既築向けでの大幅な伸びは難しいとみられる。

■主要住宅設備・建材市場
1)水回り設備
(キッチン、浴室ユニット、一体温水洗浄便座、温水洗浄便座、洗面化粧台、水栓金具)
2018年度見込2030年度予測2017年度比
1兆 728億円8,402億円77.3%
富士経済推定

水廻り設備はリフォーム向けが中心の市場である。2018年度はリフォーム市場が停滞したのに加え、新設住宅着工戸数の減少もあり、全ての品目が縮小している。2019年度は10月の消費増税の影響は小規模にとどまるとみられ、実施予定の次世代住宅ポイントも清掃性の高いトイレなどが対象となっており成長要因になるとみられる。今後、リフォーム、リノベーション需要が市場拡大のポイントとなるが、既築向けでの大幅な伸びは難しいとみられる。

2)木質系内装材
(フローリング材、室内ドア、階段ユニット、収納部材、造作物)
2018年度見込2030年度予測2017年度比
7,518億円5,610億円75.3%
富士経済推定

木質系内装材は新築向けが主体の市場で、新設住宅着工戸数の影響を受けやすい。2017年度の市場は縮小したが、2018年度は台風の影響で一部のメーカーの生産に影響が出たものの、微増している。2019年度も市場拡大は続くが、2020年度以降は新設住宅着工戸数の減少により縮小が予想される。国産材の活用が積極的に推奨されており、今後も採用が進むとみられる。

3)外部建具
住宅用アルミサッシ、樹脂サッシ、窓シャッター、横引き雨戸、ガレージシャッター、複層ガラス、玄関ドア、集合住宅用スチールドア、天窓)
2018年度見込2030年度予測2017年度比
6,874億円5,111億円74.5%
富士経済推定

外部建具はサッシ、玄関ドア、シャッターなど新築向けが主体となる品目が多く、2018、2019年度と市場は微増したが、2020年度以降縮小するとみられる。一方、住宅用アルミサッシにおいて、アルミと樹脂を使った複合サッシや樹脂サッシなどの高機能窓は、一般のアルミサッシから切り替えが進んでおり、特に普及価格帯のラインアップが充実した複合サッシの需要が増加している。

4)ウェルウエア/気候変動対策
(腰掛便座、水洗ポータブルトイレ、介護用電動ベッド、日射調整フィルム、遮熱塗料)
2018年度見込2030年度予測2017年度比
761億円1,071億円145.3%
富士経済推定

ウェルフェア関連は、高齢者人口の増加と在宅介護、高齢者施設向けの需要が増加していることで、近年堅調に市場が拡大している。気候変動対策関連では、遮熱塗料は、既築向けが中心となっているため、新設住宅着工数の減少による影響を受けにくく、今後も安定した市場推移が期待される。日射調整フィルムは東日本大震災後の節電や、省エネ対策として需要が増加したが、近年は代替としてLow-E複層ガラスなどが優先的に採用されており、2020年度以降は減少するとみられる。

<対象品目>
住宅設備・キッチン・浴室ユニット・一体型温水洗浄便器・洗面化粧台・温水洗浄便座
・水栓金具・ビルトインコンロ(ガス)・電気給湯器・浄水器
・ビルトインコンロ(IHクッキングヒーター)・石油給湯器・ハイブリッド給湯器
・キッチン・浴室ユニット・一体型温水洗浄便器・洗面化粧台・温水洗浄便座
・水栓金具・ビルトインコンロ(ガス)・電気給湯器・浄水器
・ビルトインコンロ(IHクッキングヒーター)・石油給湯器・ハイブリッド給湯器
・ディスポーザー・生ごみ処理機・据置型コンロ・レンジフード
・ガス式浴室暖房乾燥機・ガス給湯器・ビルトイン型食器洗浄乾燥機
・電気式浴室暖房乾燥機・住宅用太陽光発電システム・家庭用蓄電システム
・家庭用燃料電池・太陽熱利用システム・HEMS・インターホン向けIoTシステム
・家庭用見守りカメラ・電力スマートメーター・テレビドアホン・住宅用火災警報器
・電気錠・住宅情報盤・ガス漏れ警報器・住宅用照明器・感震ブレーカー
・住宅用分電盤・トラッキング防止コンセント・ルームエアコン・ガス温水式床暖房
・全館空調システム・換気設備・ヒートポンプ式床暖房・集合住宅向け宅配ボックス
・マンション用エレベーター・マンション用自転車置場・マンション用自動ドア
建材・フローリング材・階段ユニット・収納部材・室内ドア・造作材・ブラインド
・化学畳表・粘着剤付化粧フィルム・クッションフロア・内装建材用化粧シート
・住宅用天井材・壁クロス・石膏ボード・硬質ウレタンフォーム・押出法ポリスチレン
・ロックウール・フェノールフォーム・グラスウール・住宅用アルミサッシ
・ガレージシャッター・集合住宅用スチールドア・樹脂サッシ・複層ガラス
・天窓(トップライト)・窓シャッター・横引き雨戸
・玄関ドア(戸建住宅用/低層アパート用)・窯業系サイディング材
・樹脂系サイディング材・ALC・金属系サイディング材・外装タイル
・薄板平板瓦(新生瓦)・金属屋根材・金属雨樋・粘土瓦・塩ビ雨樋・雨水タンク
・門扉・ウッドデッキ・スチールガレージ・フェンス・バルコニーユニット
・戸建住宅向け宅配ボックス・機能門柱・屋外物干金物・カーポート・屋内物干金物
・鋼製物置・腰掛便座(ポータブルトイレ)・介護用電動ベッド・遮熱塗料
・水洗ポータブルトイレ・日射調整フィルム

参考文献:2019年版 住設建材マーケティング便覧

技術革新が進む自動車業界特集


戻る
エンプラ関連情報サイト エンプラネット トップページ