HV/PHV/EVの世界市場 市場動向1

マーケット情報TOP
各国の環境政策への対応や走行距離の延伸などの技術改良により順調に需要が増えているHV(ハイブリッド自動車)、PHV(プラグインハイブリッド自動車)、EV(電気自動車)の世界市場について解説する。

■HV/PHV/EVの世界市場予測(新車販売台数)

 2018年実績2025年予測2035年予測
合計425万台100%1,697万台100%4,090万台100%
HV233万台55%461万台27%785万台19%
PHV62万台15%453万台27%1,103万台27%
EV130万台30%783万台46%2,202万台54%
上記は乗用車を対象とする。(超小型車は含まない。) 富士経済推定
※HVは48VマイルドHVを含まない。

HV/PHV/EVの世界市場予測(新車販売台数)

現状はHVが先行して普及しており、市場は年間200万台を超えている。PHV市場も中国を中心に堅調に拡大している。EV市場は2018年に大幅に拡大した。世界的な環境規制の強化、それに伴うEV普及政策の本格化、また、走行距離を400kmに延伸した車種が本格展開されたことなどが要因である。

HV、PHV、EVを合計すると2018年の市場は2017年比31.2%増の425万台となった。長期的にはEVを中心に市場拡大が予想され、2035年には4,000万台を超えるとみられる。

■エリア別HV/PHV/EVの世界市場予測(新車販売台数)
対象品目
日本
現状はHVが電動車の90%以上を占める。日本メーカーが積極的にHVを展開していることが大きな要因である。今後、EVやPHVも堅調に伸びるが、HV中心の構図が続くとみられる。
中国
EVを中心にHV、PHVも伸びており、2018年の電動車は合計で131万台となった。今後はEVの伸びがさらに加速するとみられ、2035年にはEVのみで1,056万台が予測される。
欧州
現状ではHVの普及が先行しているが、欧州メーカーがEVに注力しており、2021年頃からEVが急速に普及するとみられる。長期的には、EVやPHVは堅調に伸びるが、48Vマイルド-HVの普及が進んでいくとみられる。
北米
現状ではHVの普及が先行しているが、2018年はEVが大きく伸び2017年比2.4倍の26万台となった。当面はHVが中心であるが、長期的にはEVの伸びが北米市場をけん引するとみられる。PHVも2025年には100万台に近づくと予想される。
※その他はFCV、48V マイルドHV、電動トラック・バスである。

参考文献:2019年版 HEV,EV関連市場徹底分析調査

技術革新が進む自動車業界特集


戻る
エンプラ関連情報サイト エンプラネット トップページ