スマート工場を構築するシステム・製品の世界市場 市場動向1

マーケット情報TOP
スマート工場とは、多品種少量、変種変量生産に対応する知能化され柔軟性が高い工場である。工場のスマート化により、これまでハードウェアを中心に構築されてきたFAシステムが、ITとハードウェアを組み合わせたシステムへと変化し、IoTデータを活用することで安定した歩留まりや生産能力を維持する24時間稼働工場、自律型AGVを積極的に活用することでレイアウト変更が簡単な工場などの構築が可能となっている。

■スマート工場関連の世界市場

 2018年実績2025年予測2018年比
合計2兆3,311億円6兆9,543億円3.0倍
インテリジェント生産システム1兆805億円2兆2,102億円2.0倍
インテリジェントコントローラ3,833億円8,408億円2.2倍
インテリジェント製造・搬送装置2,294億円8,450億円3.7倍
インテリジェントセンサ826億円1,309億円1.6倍
見える化ツール226億円653億円2.9倍
ネットワーク4,943億円2兆8,108億円5.7倍
FAセキュリティシステム384億円513億円1.3倍
富士経済推定

2018年のスマート工場関連市場はすべてのカテゴリーが拡大した。特にインテリジェント生産システムや見える化ツール、インテリジェント製造・搬送装置が好調だった。インテリジェント生産システムは、コンサルティング会社の提案により、生産効率化などを目的としたIT化を進める企業が増えていることから伸びた。見える化ツールは、低コストで簡単なIoTシステムを構築できることから導入が好調だった。インテリジェント製造・搬送装置は製造現場の直近の課題である人手不足や技能の可視化、共有化の解決手段となるロボットやAGVがけん引した。

2019年は、米中貿易摩擦の影響による景気減速感があるものの、工場のスマート化に対するユーザーの意識が高まっており、既存生産ラインの見える化、設計効率向上などを目指したIT化が進んでいることから、市場は前年以上の伸びが見込まれる。今後も、ユーザーニーズの多様化により、モノづくりの高度化、効率化が求められていき、IoTやAI技術の活用が活発化し、市場は拡大していくとみられる。

■注目カテゴリーの動向
1)インテリジェント生産システム
当該システムは、設計・開発に関わる図面などのデジタル化が進んでおり、機械系3D CAD・CAMが市場をけん引している。機械系3D CAD・CAMは2018年に5,810億円の規模があり、スマート工場関連市場の中で最も大きい。欧米などの先進国では需要が一巡しているが、中国を中心としたアジアでは増加しており、新規需要と2Dから3Dへの切り替え需要やAIの実装などにより市場は堅調に拡大し、2025年には1兆円が予測される。

また、設計以外の生産、流通、保守サービス業務などでも、効率的にデータを管理するニーズが高まっており、CAD、PLM、BOM、ラインシミュレーター、生産スケジューラー、MESなどを連携させた大規模なIoTプラットフォームの導入も進んでいる。データの見える化、生産の効率化を実現するキーシステムとして、モノづくり向けのIoTプラットフォームやAIシステムが大きく伸びるとみられる。

2)インテリジェント製造・搬送装置
当該装置は、多品種少量生産への柔軟な生産ラインの構築、生産効率向上を実現するための装置やシステムとして、アーム付AGV、リニア搬送システム、3Dプリンター、3Dロボットビジョンシステムが注目されている。アーム付AGVやリニア搬送システムは、製造・物流関連業界におけるフレキシブルなライン構築を実現する装置として需要増加が期待される。3Dプリンターは樹脂プリンターから金属プリンターへ需要がシフトしつつある。

<対象品目>
インテリジェント生産システム
・PDM/PLM ・SCADA(モノづくり向け) ・モノづくり向けRPA
・MES ・生産スケジューラーソリューション
・IoTプラットフォーム・機械系3D CAD・CAM ・モノづくり向け組み合わせ
(モノづくり向け) ・ラインシミュレーター最適化ソリューション
・モノづくり向けAIシステム
インテリジェントコントローラ
・FAPC ・PCベースコントローラー・アクセラレータボード(non GPU)
インテリジェント製造・搬送装置
・ヒト協調ロボット・リニア搬送システム・パワーアシスト・増幅スーツ
・アーム付AGV ・3Dプリンター・3Dロボットビジョンシステム
インテリジェントセンサ
・画像センサー・振動センサー・RFIDタグ
・圧力センサー・電流センサー(製造業・物流業向け)
・温度センサー・4K監視カメラ(工場監視用)
見える化ツール
・ダッシュボード(モノづくり向け) ・製造現場向けドライブレコーダー
・AR/MR表示機器(スマートグラス) ・IoTポカヨケ工具・ツールシステム
・IoT信号灯・アンドンソリューション
ネットワーク
・FA用無線LANシステム・プロトコルコンバーター
・FAオープンネットワーク・クラウドサービス(モノづくり向け)
FAセキュリティシステム
・FA UTM ・制御システム向けファジングツール
富士経済推定

参考文献:NEXT FACTORY関連市場の実態と将来展望 2019

技術革新が進む自動車業界特集


戻る
エンプラ関連情報サイト エンプラネット トップページ