燃料電池システムの世界市場 市場動向1

マーケット情報TOP
■燃料電池システムの用途分野別世界市場

 2019年度見込2018年度比2030年度予測2018年度比
合計2,513億円127.1%4兆5,724億円22.6倍
産業・業務用943億円110.3%5,092億円6.0倍
家庭用507億円113.2%3,860億円8.6倍
燃料電池車(FCV)467億円2.2倍1兆9,031億円89.8倍
駆動用533億円132.9%1兆5,392億円38.4倍
その他63億円104.1%1,349億円22.3倍
富士経済推定
※その他はポータブル/バックアップ用、携帯機器用燃料電池である。


2019年度の市場は定置用の構成比が高いが、FCVや駆動用が大きく伸びており、2018年度比で27.1%増の2,513億円が見込まれる。FCVは各地域で堅調に増加しているが、さらなる普及のためには早急なインフラ整備が課題となっている。駆動用はFCフォークリフトに続いて、FCバスやFCトラック・商用車の市場も本格的に立ち上がりつつある。インフラの利用率が高く比較的コスト負担が軽いため、公共性や稼働率が高い点で環境政策的にも注目されている。特に、中国ではFCバスの普及が急速に進んでいる。北米や欧州でも今後数年で1,000台以上が運行される計画であり、都市交通として世界的に注目されている。

2025年度以降には、普及が加速し大幅な市場拡大が予想される。主要各国では2025年度または2030年度以降の推進目標をまとめた普及ロードマップが作成されており、エネルギーの多様化や低炭素社会を実現するキーデバイスの一つとなる燃料電池の普及促進を図っていく方針である。また、2025年度頃からは、各分野での市場拡大に伴い燃料電池コストが低減するため、補助金に依存しない市場の自立化が進むと予想される。

2030年度以降の市場を見据えている国も多いため、長期的な普及推進政策がとられるとみられる。FCV は、ゼロエミッション化を実現する有力な手段として認識されており、各国の長期的な普及政策に組み込まれて持続的に伸びるとみられ、市場拡大に大きく寄与すると予想される。2030年度はFCVや駆動用が市場の中心になるとみられるが、産業・業務用や家庭用も堅調な伸びが期待される。

■燃料電池自動車(FCV)の世界市場

 2019年度見込2018年度比2030年度予測2018年度比
全体市場476億円2.2倍1兆9,031億円89.8倍
 北米134億円125.2%5,598億円52.3倍
 日本39億円121.9%3,636億円113.6倍
富士経済推定
※北米、日本は全体市場の内数

2019年度の市場は大幅に拡大するとみられる。韓国では、政府の補助金や支援策を背景に普及が進んでいる。北米では日本や韓国の自動車メーカーの販売が好調である。2021年度以降はドイツや米国の自動車メーカーからも本格的な製品投入が予想される。また、中国の自動車メーカーも量産モデルを投入するとみられ、2025年度には主要自動車メーカーのラインアップが充実すると考えられる。また、日本ではトヨタ自動車や本田技研工業が次世代車種の投入を予定しており、将来的には量産化により同車格のHV車との価格差を縮めてゆくことを目標としている。

2025年度以降、各自動車メーカーの量産技術・体制が確立されることにより、政府の補助金や支援策から自立した市場が形成されると予想される。水素ステーションの整備と稼働率・稼働時間の向上も並行して行われ、ユーザーの利便性も高まり、需要が増えるとみられる。2030度年に日本は80万台、韓国は85万台、中国は商用車も含めて100万台、米国(カリフォルニア州)は100万台の累積導入を目指している。2030年度時点では、自動車市場におけるFCVの構成比は1%にも満たないものの、今後はコストダウンや水素インフラの整備と共に加速度的に市場が拡大すると予想され、2030年度以降の本格的な普及が期待される。

■駆動用燃料電池の世界市場

 2019年度見込2018年度比2030年度予測2018年度比
全体市場533億円132.9%1兆5,392億円38.4倍
 アジア235億円170.3%1兆1,990億円86.9倍
 北米231億円100.4%1,221億円5.3倍
富士経済推定
※北米、日本は全体市場の内数
※上記駆動用燃料電池は、フォークリスト、バス、トラック・商用車で使用される燃料電池である。

FCフォークリフトは、北米で普及が進んでおり、現状25,000台以上が利用されている。日本でも利用が広がっており、2020年度中には500台を超える普及が期待される。今後も北米を中心に大手流通事業者によるFCフォークリフトの採用が増えるとみられる。

FCバスは、現状、中国を中心に約400台が運用されている。水素利用の社会的認知度を向上させるための重要な普及戦略の一つとしても注目されており、今後の伸びが期待される。日本や北米でも路線バスのFCバス化に注力しており、政策目標として一定数を導入する計画が検討されている。

FCトラック・商用車は、業務用車両の低環境負荷実現に貢献するとして注目されている。現状、韓国や中国の自動車メーカーが積極的な展開を進めており、今後もアジアが需要の中心になるとみられる。また、欧米の自動車メーカーがFCトラックの開発に注力しているため、欧州や米国(カリフォルニア州)などでの需要増加も期待される。

参考文献:2019年版 燃料電池関連技術・市場の将来展望

技術革新が進む自動車業界特集


戻る
エンプラ関連情報サイト エンプラネット トップページ