プラスチックフィルム・シート市場 市場動向1

マーケット情報TOP
■調査結果の概要
プラスチックフィルム・シート47品目の世界市場

 2020年見込2019年比2023年予測2019年比
汎用樹脂17兆5,174億円94.4%18兆6,853億円100.7%
エンプラ3兆2,790億円93.4%3兆7,050億円105.6%
環境対応2兆4,120億円106.8%2兆8,090億円124.4%
合計23兆2,083億円95.4%25兆1,993億円103.6%
※市場データは四捨五入している

食品容器・包装用途での採用増加や、自動車や産業機器などの生産台数の伸びに伴う需要増加により、市場は堅調に拡大してきた。しかし、2020年は前半に新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により、外食産業の営業制限や各種大型イベントが中止となったため、最大用途である食品容器・包装向けが大幅に縮小している。また、自動車や航空機、スマートフォンなどの生産・出荷台数の減少により、関連するプラスチックフィルム・シートも連動して需要が減少している。汎用樹脂やエンプラが大きく縮小しているため、2020年の市場は2019年比4.6%減が見込まれる。しかし、脱プラスチックの動きを背景に、PLAフィルム・シートやバイオプラスチックフィルム・シートといった環境対応の製品は需要が増えている。

2021年の市場は、2019年の水準を下回るものの、多くの品目で需要は回復するとみられる。2022年以降は、環境対応やエンプラの伸びがけん引し、市場拡大が予想される。

新型コロナウイルス感染症の流行を受けて、飛沫防止対策品であるパーティションやフェイスシールド、カーテンなどで使用される製品の需要が増えている。パーティション用途では、透明性や美観性に優れ、高硬度で傷がつきにくいPMMAシートの需要が高まっている。また、PMMAシートの需給ひっ迫によりPETプレートも代替需要を獲得している。フェイスシールド用途では、比較的安価なPETフィルムやA-PETシートが、銀行や小売店などで多く使用されている。カーテン用途では、PVCフィルムなどが採用されている。

PPフィルムはマスクやウェットティシュなどの衛生用品や食品包装用途で一時的に需要が高まった。また、アルコール消毒液耐性を有するPVDFフィルムは、建材分野で内装用途を中心に需要が増えている。

2019年から2023年の品目別CAGRランキング

フィルム代替紙製品は脱プラスチックの動きから大幅な需要増加が予想される。PLAフィルム・シートは環境意識の高まりにより、北米や欧州を中心に弁当容器などで採用が増える。生分解性プラスチックフィルム・シートやバイオPEフィルムは欧州を中心にレジ袋向けの伸びが期待される。LCPフィルムは5G通信の普及に伴う高周波対応部材での需要が増えるとみられる。

■プラスチックフィルム・シート50品目の国内市場

 2020年見込2019年比2023年予測2019年比
汎用樹脂1兆1,289億円93.8%1兆1,327億円94.2%
エンプラ4,089億円94.7%4,487億円104.0%
環境対応1,887億円100.4%2,054億円109.3%
合計1兆7,264億円94.7%1兆7,867億円98.0%
※市場データは四捨五入している
※リサイクルPETフィルム・シートは、PETフィルム(包装用)、PETフィルム(工業用・その他)A-PET・-PETシートの内数であるため、一部数値が重複している。

2019年は、フードロス削減の動きに対応したCVSや量販店の取り組みにより、食品包材の使用量減少や薄肉化などが進んだため、60%以上を占める汎用樹脂の需要減少が影響し、国内市場は2018年比1.9%減となった。

2020年は、新型コロナウイルス感染症の流行により、外食関連の包材をはじめ、自動車や航空機、建材などに関連するフィルム・シートの需要が軒並み減少しており、市場は2019年比5.3%減が見込まれる。2021年以降、需要は回復に向かうものの、感染症の収束に時間を要するほか、フードロス削減やレジ袋有料化などの環境対策により、構成比の高い汎用樹脂の需要が低迷するため、2023年の市場は2019年比2.0%減が予測される。一方、環境負荷の低減を目的に採用が進むバイオプラスチックフィルム・シートやフィルム代替紙製品などの環境対応の製品は堅調な伸びが期待される。

■調査対象

汎用樹脂フィルム・シート
・PVCフィルム
・硬質PVCプレート
・PE系フィルム
・PPフィルム
・PP系シート
・PO系フィルム
・PSフィルム
・HIPSシート
・OPSシート
・PVAフィルム
・EVOH系フィルム
・EVOH系共押出シート
・PVDCフィルム
・PVDC系共押出フィルム
・EVAフィルム
・PVBフィルム
・EVOH系共押出シート
・PVDCフィルム
・PVDC系共押出フィルム
・EVAフィルム
・PVBフィルム
エンプラフィルム・シート
・PAフィルム
・PCフィルム
・PCシート
・COP
・COCフィルム
・PETフィルム(包装用)
・PETフィルム(光学用)
・PETフィルム(工業用・その他)
・A-PET・O-PETシート
・PETプレート
・PENフィルム
・PBTフィルム
・超高分子量PEフィルム・シート
・PTFEフィルム・シート
・ETFEフィルム
・PVFフィルム
・PVDFフィルム
・その他フッ素フィルム(PCTFE・FEP・PFA)
・PPSフィルム
・LCPフィルム
・PIフィルム
・その他エンプラフィルム(PEEK・PEI)
環境対応フィルム・シート
・PLAフィルム・シート
・バイオPETフィルム・シート
・バイオPEフィルム
・リサイクルPETフィルム・シート
・生分解性プラスチック
・フィルム代替紙製品
・不織布フィルム・シート

参考文献:2020年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望
技術革新が進む自動車業界特集


戻る
エンプラ関連情報サイト エンプラネット トップページ