コミュニケーション関連市場 市場動向1

マーケット情報TOP
■注目市場
Web会議サービス、オンライン商談サービス
 2020年見込前年度比2024年度予測2019年度比
Web会議サービス156億円115.6%216億円160.0%
オンライン商談サービス44億円2.2倍118億円5.9倍

【Web会議サービス】
サービス事業者が運営する会議サーバーにアクセスすることで、複数拠点間のコミュニケーションが可能となるクラウド型サービスを対象とした。

映像/音声コミュニケーションや資料共有、デスクトップ共有、ホワイトボード、議事録作成などの機能があり、PCをはじめスマートフォンやタブレット端末、さらにはテレビ会議システムと接続可能なサービスもある。

2020年度はテレワークが急速に普及し、これまで対面で行っていた会議などをオンラインで行う必要がでてきたことから、すぐに導入可能なWeb会議サービスの需要が急増した。また、セミナーやイベントなどでの採用も増えている。

Web会議やオンラインイベントは定着しつつあり、今後も市場は拡大が予想されるが、サービスの導入が一巡することで、伸びは緩やかになるとみられる。

【オンライン商談サービス】
アプリをインストールせず、Webブラウザーを利用して商談などが行えるサービスを対象とした。名刺機能やトークスクリプト、共有メモなど、商談に特化した機能が搭載されている。

訪問営業に伴う移動時間削減など、営業活動の効率化を目的とした需要が増えている。また、新型コロナウイルス感染症対策の一環として、オフィスへの立ち入りを制限する企業が増えたことから、営業機会の獲得を目的とした採用も伸びている。

BtoBでは以前からWeb会議サービスなどとともに利用されてきたが、BtoCでは利用が進んでいなかった。しかし2020年度は来店型の対面接客を基本としている不動産業や自動車販売業で導入が進んでいる。

Web会議サービスと類似する機能もあることから、差別化として商談プロセスの可視化や感情分析、文字起こしなど、より商談に特化したデータ分析機能の強化が進むとみられる。

リモートアクセスサービス
2020年見込前年度比2024年度予測2019年度比
380億円172.7%590億円2.7倍

インターネット回線を通じて、オフィスの自席PCなどに接続することでテレワークを実現するサービスを対象とした。営業や外勤者が、社外から社内システムにアクセスすることで業務効率化を図るサービスとして幅広い業種、企業規模で利用が進んでいる。

これまでは働き方改革の推進や国際的なスポーツイベント開催時の公共交通機関の混雑緩和を目的に市場は緩やかに拡大してきた。2020年度は緊急事態宣言の発出により、テレワーク環境の迅速な構築が求められ、需要が急速に高まっている。小規模企業や総務、人事といったバックオフィス系までユーザーが広がっており、今後は既存ユーザーの増設を中心とした需要になるが、二桁近い伸びが続くとみられる。

FMCサービス
2020年見込前年度比2024年度予測2019年度比
278億円112.1%352億円141.9%

社内・社外を問わず、携帯電話端末を企業の内線電話端末として利用できるFMC(Fixed Mobile Convergence)サービスを対象とした。市場は、内線通話利用料金であり、内線以外での通話料金や端末代は含まない。

これまでは、固定電話のコスト削減や働き方改革(在宅勤務、サテライトオフィスの活用など)を目的に携帯電話端末と併せた導入が進み、市場は堅調に拡大していた。

2020年度はテレワークが広がっていることで新規導入が増加し、既存ユーザーの拡張需要も増えている。今後もテレワーク環境の構築や、スマートフォンの活用による音声機器のコスト削減を目的とした導入が進み、市場は拡大していくとみられる。

■調査対象

通信機器
ネットワーク関連製品・WDM、・PONシステム、・メディアコンバーター、・CATV関連機器、・L2/L3スイッチ、・無線LAN関連機器、・ルーター、・L4-7スイッチ、・帯域制御装置、・RADIUSサーバー、・DNS/DHCP/、IPAMサーバー、・CATV-STB、・リモートアクセス関連ツール
音声関連製品
・呼制御装置、・固定電話端末、・構内PHSシステム、・ソフトフォン、・SBC
会議関連製品
・ビデオ会議システム、・Web会議システム、・音声会議関連機器
移動体通信端末
・ハンドセット、・タブレット端末、・Wi-Fiモバイルルーター
移動体通信基地局
・移動体通信基地局
通信サービス
インターネット接続サービス
・ADSLサービス、・FTTHサービス、・CATVインターネットサービス、・ISPサービス
移動体通信サービス
・携帯電話サービス、・MVNOサービス
固定データ通信サービス
・IP-VPNサービス、・広域イーサネットサービス、・インターネットVPNサービス、・専用線サービス
音声関連サービス
・加入電話サービス、・直収電話サービス、・050-IP電話サービス、・0AB~J-IP電話サービス、・クラウドPBXサービス、・FMCサービス
その他サービス
・ビデオ会議サービス、・Web会議サービス、・音声会議サービス、・オンライン商談サービス、・ビジネスチャットサービス、・クラウド型無線LANサービス、・LPWAサービス、・リモートアクセスサービス

参考文献:2020 コミュニケーション関連マーケティング調査総覧

技術革新が進む自動車業界特集


戻る
エンプラ関連情報サイト エンプラネット トップページ