技術革新が進む自動車業界特集

2017 電池関連市場実態総調査
自動車用ケミカル&マテリアル市場調査総覧
熱制御・放熱部材市場の現状と新用途展開
高機能添加剤・ハイブリッドマテリアルの現状と将来展望を新たに追加

150,000円+税

発刊日:2017年07月21日
制作:富士経済
体裁:A4版275ページ

送料無料

2017 電池関連市場実態総調査 上巻

上巻では、一次電池8品目、二次電池10品目、LIB用制御部品5品目の市場規模、注目用途展開と需要性等の動向を把握し、市場分析を行いました。リチウムイオン二次電池の中国市場のエリア別生産・販売動向やメーカー動向も調査しています。また、ポストリチウムイオン二次電池として期待される全固体型リチウム二次電池等の次世代電池4品目の現状と方向性を把握し、電池市場全体の現状と将来像を俯瞰しました。

【PDF】種類別市場、制御部品、ポストリチウムイオン二次電池などリチウムイオン二次電池関連世界市場を調査(プレスリリースより)

◆リチウムイオン二次電池世界市場・・・車載専用がけん引、2020年には小型民生用を上回る

◆2021年に4兆円突破 二次電池の45%を占めると予測

120,000円+税

発刊日:2017年07月04日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版356ページ

送料無料

自動車用ケミカル&マテリアル市場調査総覧 2017

自動車構成材料の市場動向及び軽量化に向けた使用材料の変化、加工技術の動向を把握し、今後の製品ニーズを把握しました。調査対象は汎用樹脂、エンプラ、熱硬化性樹脂、合成ゴム/エラストマー、鉄/非鉄金属、添加材、加工品・応用材料の計45品目です。各品目の市場動向、メーカーシェア、用途動向、価格動向、材料動向、安定調達と供給不安要因、自動運転車両技術適用による当該材料の関係性等を調査しています。

【PDF】「低燃費化」「軽量化」をキーワードに使用材料の切り替えが進む自動車用材料の世界市場を調査(プレスリリースより)

◆シリコーンゴム エンジン周辺部品に安定的に採用され、好調 12万7,500トン/1,416億円

◆炭素繊維 欧州を中心に需要が増加 2万3,100トン/397億円

150,000円+税

発刊日:2017年05月18日
制作:富士経済
体裁:A4版404ページ

送料無料

2017年版 HEV,EV関連市場徹底分析調査

自動車メーカーの車種展開、開発展望を整理・分析すると共に、HEV、PHEV、EV、FCV、48Vマイルドハイブリッド車関連部品の市場動向、技術動向、環境規制動向等を調査しました。調査対象は国内自動車メーカー10社、海外自動車メーカー13社、関連部品24品目です。対象自動車の世界市場規模推移、品目・プレイヤー別供給動向、水素ステーション整備状況、電池開発/非接触充電/超急速充電器の取組状況等を総括しています。

【PDF】HV、PHV、EVの世界市場(販売台数)を調査(プレスリリースより)

◆2035年市場予測(2016年比)

◆HV:458万台(2.5倍)・・・日本は好調を維持。北米、欧州、中国は緩やかに拡大

◆PHV:540万台(18.0倍)・・・欧州が世界最大規模を維持

◆EV:630万台(13.4倍)・・・中国の需要増加が拡大をけん引

130,000円+税

発刊日:2017年02月16日
制作:富士経済
体裁:A4版422ページ

送料無料

コネクテッドカー関連市場の現状とテレマティクス戦略 2017

自動車メーカー各社のコネクテッドカー、車載情報通信システムに関する動向を整理し、関連機器・サービス、テレマティクスアプリケーション、完全自動運転関連デバイスの市場動向を調査分析しました。調査対象分野はシリコン/コネクティビティサービス、コネクティビティハードウェア、コックピット/HMI、ワイヤレスソリューション、V2X、サイバーセキュリティ、シェアリングソリューションなどの50品目です。

【PDF】乗用車を中心に普及が進むコネクテッドカーの世界市場を調査(プレスリリースより)

◆コネクテッドカー(乗用車) 9,990万台(5.2倍)新車の9割以上がコネクテッドカーに

◆ライドシェア/配車サービス 7兆630億円(3.4倍)認知度向上によりユーザー数が増加

120,000円+税

発刊日:2017年03月16日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版259ページ

送料無料

車載電装デバイス&コンポーネンツ総調査 2017
下巻:ECU関連デバイス編

下巻では次世代自動車のECUに着目し、ECUの需要予測及び構成デバイスとコンポーネンツの搭載員数の変化を予測し、今後必要とされる製品のニーズ把握を行いました。調査対象はECU6品目、ECU構成デバイス27品目です。エリア別市場規模推移予測、メーカーシェア、搭載動向、価格・技術開発動向、供給マトリクス、参入メーカーを調査し、ECUの現状と方向性、パワーデバイス及び放熱技術開発動向等を総括しました。

【PDF】センサー情報などを基に車載システムを制御するECU(Electronic Control Unit)の世界市場を調査(プレスリリースより)

◆2035年市場予測(2016年比)

◆車載ECU世界市場は13兆9,175億円、36億3,866万個。・・・自動車1台当たりの搭載数や、高処理能力が必要なECUの増加により拡大

150,000円+税

発刊日:2017年01月05日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版296ページ

送料無料

車載電装デバイス&コンポーネンツ総調査 2017
上巻:システム/デバイス編

自動運転、デジタルコックピット、自動車IoT等の技術開発が活発化している。上巻ではシステム(パワートレイン系、HV/PHEV/EV/FCV系、走行安全系、ボディ系、情報通信系)20品目、情報機器3品目、デバイス・コンポーネンツ28品目を調査し、次世代自動車ニーズ把握を行いました。市場規模予測、メーカーシェア、価格動向、構成デバイスの変化と員数予測、メーカー動向、供給マトリクス、参入メーカー等をまとめています。

【PDF】次世代カーテクノロジーの世界市場動向を調査(プレスリリースより)

◆2025年 ADAS市場は2015年比3.8倍の2兆1,785億円と予測

◆-2025年の市場予測- ADASは2015年比3.8倍の2兆1,785億円

◆自動運転システムは2019年に“条件付き自動化”レベルから立ち上がり、1兆1,330億円

120,000円+税

発刊日:2017年01月18日
制作:富士経済
体裁:A4版392ページ

送料無料

2017年版 機能性高分子フィルムの現状と将来展望

プラスチックフィルムに表面処理、多層化、添加、ハイブリッド化の機能を付与した機能性高分子フィルムを徹底調査しました。ディスプレイ、半導体・実装、工業・自動車、エネルギー、土木・建築、ライフサイエンス、バリアフィルムの7分野57品目を取り上げています。市場規模、採用用途動向、メーカーシェア、海外動向、採用素材、高機能化・機能付与技術動向、研究開発動向等を把握し、今後の方向性を明確化しました。

【PDF】機能性高分子フィルム市場を調査(プレスリリースより)

◆2020年の機能性高分子フィルムの世界市場予測

◆工業・自動車分野向けは2015年比9.4%増の3,325億円。

◆中でもモーター用絶縁フィルムは同50.0%増の27億円に・・・HV、EVの大幅増加により市場拡大

150,000円+税

発刊日:2017年07月03日
制作:富士経済
体裁:A4版254ページ

送料無料

2017年 熱制御・放熱部材市場の現状と新用途展開

パワーモジュールを中心に市場拡大が進む放熱部材の動向を徹底調査しました。調査ポイントは、(1)注目の熱制御・放熱部材を網羅し、最新市場動向を詳細調査、(2)市場拡大が期待される自動車分野・産業分野における熱制御・放熱部材の全体市場構造の徹底解明、(3)熱制御・放熱部材を要する注目用途の市場動向の拡充 です。調査対象は用途市場12品目、放熱部材市場19品目、放熱フィラー市場7品目としました。

【PDF】自動車分野、産業分野の需要増加が進む熱制御・放熱部材の世界市場を調査(プレスリリースより)

◆放熱シート:672億円(2.0倍)~自動車分野の拡大とともにAIやロボット向けが成長分野として期待~

◆放熱接着剤:196億円(34.2%増)~IoTで用いられる各種センサーやドローンなど新規用途の拡大に期待~

150,000円+税

発刊日:2017年06月26日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版342ページ

送料無料

2017年 高機能添加剤・ハイブリッドマテリアルの現状と将来展望

添加剤・フィラー43品目(機械的改善、電気的機能、熱的機能、耐候・光学機能、架橋・重合他)、応用用途・ハイブリッド製品7品目を対象に、市場動向及び材料技術動向を調査しました。樹脂の高機能化、複合化技術を軸として多角的に市場の全体像・材料動向を把握しています。市場規模推移・予測、注目添加剤・フィラーの主要トレンド、世界エリア別生産・販売動向、添加対象材料動向、研究開発・技術動向等を総括しました。

【PDF】添加剤・フィラー、それらを利用した複合材料の市場を調査(プレスリリースより)

◆添加剤・フィラーは3兆4,977億円(22.8%増)、複合材料は1兆2,482億円(21.0%増)

◆世界的な経済成長に加え、金属代替などを目的とした樹脂の高機能化が特に自動車分野で顕著

120,000円+税

発刊日:2017年03月15日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版410ページ

送料無料

2017 ワールドワイドエレクトロニクス市場総調査

注目のエレクトロニクス製品を対象に、ワールドワイドの観点から日系/外資系/ローカルメーカーの市場動向を調査しました。調査対象はAV機器8品目、白物家電6品目、情報通信機器11品目、モビリティ・産機6品目、車載電装機器5品目、ユニット製品・部品6品目の計42品目です。地域別生産実績と予測、メーカー別地域別生産量、生産メーカーシェア、仕向け地動向と予測、主要メーカーの拠点動向などを分析しています。

【PDF】エレクロトニクス製品の世界市場を調査(プレスリリースより)

◆最大需要地中国での内需停滞などにより中国から他アジアへの生産拠点の移転が進む

◆スマートフォン■ -17億3,700万台(17.4%増)- 中国需要は鈍化もインドやアフリカでの増加に期待

◆OA機器■ -1億1,963万台(1.6%増)- 各市場拡大するも中国での生産は縮小、一方で他アジアでの生産が拡大へ

140,000円+税

発刊日:2016年12月16日
制作:富士経済
体裁:A4版229ページ

送料無料

2017年版 太陽電池関連技術・市場の現状と将来展望

太陽電池/関連材料/技術/システム/サービスの国内市場及び世界市場各8品目について市場規模推移・予測、メーカーシェア、参入企業数、販売価格、主要ベンダ動向、開発動向、今後の方向性等を調査分析しました。製造技術の確立状況、部材/原材料の供給体制、太陽電池と周辺機器の需給バランス、機器受け入れの需要量等を考察し、川上~川下までのバリューチェーン分析を通じ太陽光発電関連市場を俯瞰しました。

【PDF】電池関連世界市場を調査(プレスリリースより)

◆太陽電池関連機器・システム、関連サービス市場を調査

◆O&Mサービスの国内市場 サービスの拡充により需要が増加 1,020億円(3.5倍)

◆見える化システムの国内市場 監視機能に絞ったシンプルで安価なシステムが好調 792億円(3.6倍)

120,000円+税

発刊日:2016年10月03日
制作:富士経済
体裁:A4版392ページ

送料無料

2017年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略

耐熱性や機械的性質、電気的性質などを生かし、自動車やエレクトロニクス、産業機器、医療機器など様々な分野で採用される汎用エンプラ(エンジニアリングプラスチック)9品目、スーパーエンプラ20品目、機能性樹脂6品目、計35品目の市場を調査・分析し、地域別、分野・用途別動向、将来展望を明らかにした。

【PDF】エンプラ・機能性樹脂の世界市場を調査(プレスリリースより)

◆PC(ポリカーボネート) 日用品などで採用、新興国で需要が増加 ―429万トン

◆PPS(ポリフェニレンサルファイド)電装化や軽量化に対応し、自動車部品向けが増加 ―14万トン

◆PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)中国では電気・電子部品向け、北米や欧州では自動車部品向けで増加 ―8,300トン

900,000円+税

発刊日:2016年10月07日
制作:富士経済
体裁:A4版160ページ

送料無料

中国HEV、EV市場の実態と今後の展望

中国の経済成長は重工業の発達とともに、急激なモータリゼーションの発達や都市化が進み、北京をはじめ中国の大都市では深刻な交通渋滞や大気汚染に悩まされている。中国政府は新エネルギー車の普及促進を掲げ、2020年に累計500万台以上普及させる目標を掲げた。新エネルギー車にカテゴライズされるEV、PHEV、FCVをどのように普及させるのかは地方政府が担う形となるが、それぞれ地域色を打ち出した策を講じることで、PHEV、EVの売れ方が大きく異なっている。

お問い合わせ

調査資料に関するお問い合わせは、こちらのフォームよりお願いします。
3営業日以内に担当の者よりご連絡いたします。
お急ぎの場合はお電話ください。

Tel. 03-3664-5844
Mail. enplanet@mail.fk-networks.co.jp