技術革新が進む自動車業界特集

機能性高分子フィルム
リモートモニタリング
セラミック材料
センサーデバイス/ビッグデータ・IoT
車載電装デバイス&コンポーネンツ
Society5.0時代の注目電子部品を新たに追加

120,000円+税

発刊日:2019年01月29日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版279ページ

送料無料

2019年版 機能性高分子フィルムの現状と将来展望 (下巻)

下巻では、ライフサイエンス分野や工業・産業分野に使用される各種機能性高分子フィルム市場を調査しました。分野別市場動向(工業・自動車、エネルギー、土木・建築、ライフサイエンス、パッケージング、バリアフィルム)、海外市場動向(エリア別ウェイト、輸出入動向)、採用素材動向(採用素材、ベースフィルム・他フィルム動向、ベースフィルム競合・代替動向、機能付与材料動向)、技術開発動向等を総合分析しています。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2019年01月28日
制作:富士経済
体裁:A4版306ページ

送料無料

2019年版 リモートモニタリング関連技術・市場の現状と将来展望

人手不足、サービス化の進展等で市場拡大が見込まれる遠隔監視・制御分野の有望アプリケーションを徹底解明しました。調査対象はリモートモニタリングサービス9分野計50品目です。調査のポイントは“コト売り”が本格化する遠隔監視・制御関連ビジネスの実態と将来性の明確化、遠隔監視・制御分野における通信方式・収集データの採用動向と特徴の整理、アプリケーション・施設分野の方向性を把握した点です。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

180,000円+税

発刊日:2019年01月23日
制作:富士経済
体裁:A4版267ページ

送料無料

2019年 セラミック材料市場の現状と将来展望

半導体、自動車、産業用で急成長するセラミック材料の全貌をレポートします。調査対象はセラミック材料(酸化物系、窒化物系、炭化物系、ホウ化物・混合物、ガラス、溶射材、複合材料)計40品目、メーカー事例24社です。各品目について市場規模推移・予測、メーカー販売量・シェア、用途・分野別販売数量、使用形態別販売数量(形態・粒径)、価格動向、課題・問題点、新規開発動向、競合材料、業界構造などを整理・分析しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

180,000円+税

発刊日:2019年01月18日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版279ページ

送料無料

2019 センサーデバイス/ビッグデータ・IoT市場調査総覧 上巻:センサーデバイス編

上巻では主要なセンサーデバイスについて、世界販売数量、販売金額、市場占有率等の定量データを把握し、有望アプリケーション、IoT動向、技術動向、今後の市場展望を分析しました。調査対象は光・電磁波、音波・磁気、機械的・物理的、熱的・時間空間雰囲気、生体/バイオ、その他の計34製品です。カテゴリー別市場動向、有望市場分析、次世代センサーの需要、研究開発動向、注目アプリケーション分析等を総括しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

120,000円+税

発刊日:2019年01月08日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版332ページ

送料無料

車載電装デバイス&コンポーネンツ総調査 2019 上巻:システム/デバイス編

車載電装市場におけるシステムの需要予測及び構成デバイス&コンポーネンツの搭載員数の変化を予測し、今後必要とされる製品のニーズを把握しました。調査対象はシステム、情報機器、センサーモジュール/アクチュエーター、表示/入力系デバイス、HV/PHV/EV/FCV/環境対策関連デバイス分野計50品目です。市場規模推移予測、環境法規制動向、自動運転自動車の普及動向、2030年・2040年の自動車像等を総括しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2018年12月26日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版279ページ

送料無料

Society5.0時代の注目電子部品 2019

IoT/5G通信、高周波/高速伝送、センシング、自動運転/制御などで成長が見込まれるSociety5.0時代の注目電子部品市場を調査しました。アプリケーション機器、通信デバイス、センサー、給電/エナジーハーベスト、受動部品、基板、制御デバイス関連を対象に、IoT通信デバイス採用状況と今後のトレンド、IoTモジュールのトレンドと主要製品、高速/高周波伝送デバイスのトレンド、AIチップ市場動向等を総括しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2018年12月06日
制作:富士経済
体裁:A4版386ページ

送料無料

2019年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略

有望エンプラの探索と最新トレンド・今後の見通しを分析しました。各品目の主要参入企業、重合・コンパウンド生産能力、国・地域別販売動向、分野・用途別販売動向、成形別販売動向、メーカー別販売動向、価格動向、競合・代替動向、開発動向、業界構造及び採用動向、市場における課題・対策等を調査しました。中国を中心とした生産設備の新増設動向や今後の需給見通しも把握し、グローバル市場動向を展望しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2018年11月27日
制作:富士経済
体裁:A4版192ページ

送料無料

自動車関連インフラシステム/パーキング&シェアサービスの市場予測 2019

xEV、コネクテッド化・自動運転と共にストック型ビジネスに移行するクルマ市場を展望しました。駐車場をはじめとした自動車関連インフラ機器・システム・サービス計23品目を調査し、自動車の駐停車時における多様なサービス展開の方向性、IoT・ブロックチェーン導入本格化に伴うシステム・サービスの変化、二輪(自転車/バイク)向けインフラ・サービスを含めた国内市場の現状と今後の方向性を明らかにしました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2018年11月08日
制作:富士経済
体裁:A4版271ページ

送料無料

2018 電池関連市場実態総調査 No.2

No.2では、グローバル電池市場とLIB用電池制御用部品、LIB主要応用製品を調査しました。調査のポイントは、急拡大するxEV市場におけるキーデバイスとしての二次電池の方向性の検討、各電池の世界市場と地域別構成比及び主戦場の考察です。注目電池メーカーの戦略と取り組み、主要応用製品の市場規模推移、行政・研究機関等のロードマップ状況、市場トレンド予測、電池別主要参入企業一覧等を把握しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2018年10月16日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版278ページ

送料無料

2019 自動運転・AIカー市場の将来展望

無人運転関連技術やAI技術、主要自動車メーカーの自動運転車両計画等から自動運転・AIカー市場を展望しました。地域別/レベル別自動運転車市場規模推移・予測、自動運転車のパワートレイン別市場規模推移・予測、各自動車メーカーの自動運転車投入ロードマップ、自動運転関連ベンチャー企業動向、市販車への自動運転機能搭載の課題、自動運転の責任所在動向、自動運転への民生技術導入動向等を総括しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2018年10月23日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版268ページ

送料無料

2019年 発泡プラスチックスの現状と将来展望

主要な発泡プラスチックス及び競合材料を対象とし、素材別に市場動向や用途、主要参入企業動向等について徹底分析しました。また、用途分野毎の詳細な採用動向にフォーカスして分析し、発泡プラスチックスの市場実態・ニーズと今後の方向性を明確化しました。用途分野別発泡プラスチックス市場規模推移・予測、訴求ポイント別用途動向、主要素材別市場動向、主要参入企業動向、世界市場動向等をまとめました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2018年10月03日
制作:富士経済
体裁:A4版212ページ

送料無料

2018年 注目メカトロニクスパーツ市場実態総調査

人件費の高騰や消費ニーズの多様化、製品の高集積化等の影響から需要が高まるメカトロニクスパーツの内、コントローラ、ドライブ、メカニカル、自動認識・センサ、受配電機器の計32品目を調査しました。業界の全体俯瞰図、次世代製造システムへの対応動向(IoT/M2M/ビッグデータ、環境対応、セキュリティ、セーフティ、標準化・オープン化)、エリア別生産・販売比率、主要機械・装置別国内生産動向等を分析しています。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

180,000円+税

発刊日:2018年09月19日
制作:富士経済
体裁:A4版212ページ

送料無料

精密小型モータ市場実態総調査 2018

小型モータ、モータ制御部材/部品・材料、用途別モータの計24品目を調査し、精密小型モータの用途拡大や要求特性、技術革新、世界市場の最新動向を分析しました。主要メーカー別・生産拠点別生産動向、応用機器別モータ採用動向、モータ別地域別動向、用途別地域別動向、車載モータの搭載動向、業界構造、今後の市場キーワード、技術動向などを把握し、小型モータ関連市場の市場規模推移と将来像を展望しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2018年09月21日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版314ページ

送料無料

2018 ディスプレイ関連市場の現状と将来展望 (下巻)

ディスプレイ、アプリケーション、部品材料の世界市場と次世代技術・関連部材を徹底調査しました。調査対象はLCD・OLED共通関連部材、LCD関連部材、OLED関連部材、タッチパネル関連部材計47品目です。各品目の業界構造、市場動向(タイプ別動向等)、価格動向、参入メーカー一覧および拠点情報、メーカーシェア、地域別生産動向、納入関係、業界動向を把握し、ディスプレイ関連部品材料市場の将来性を分析しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2018年09月07日
制作:富士経済
体裁:A4版342ページ

送料無料

2018 車載ディスプレイ/HMIと構成部材市場の将来展望

システム、ディスプレイ、操作インターフェイス、ディスプレイ部材の最新市場動向とメーカー戦略を明らかにし、変化する自動車コックピットの全貌を調査分析しました。車載ディスプレイ、車載操作インターフェイス(タッチパネル等)の市場概況、ダイレクトボンディングの比率、ディスプレイ部材(カバーパネル、透明導電性フィルム)の市場概況などを俯瞰しました。また、14社のメーカー事例も収載しています。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2018年08月07日
制作:富士経済
体裁:A4版252ページ

送料無料

高機能分離膜/フィルター関連技術・市場の全貌と将来予測 2018

水環境、大気環境、エネルギー、ライフサイエンス、輸送機器、工業用プロセスの各分野において、キーエレメントとなる分離・ろ過技術・製品市場の最新動向を捉えました。膜モジュール・カートリッジフィルター製品および部材の市場規模推移、参入プレーヤーの動向、海外における対象製品の市場性および日系企業の展開動向、今後注目されるアプリケーション、新規用途の可能性の検証等を調査のポイントとしました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2018年07月30日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版370ページ

送料無料

2018年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望

自動車や高周波対応電子部品等の拡大が期待される用途別フィルム・シート市場及び高機能化における新規用途開拓の可能性を分析しました。調査対象は汎用樹脂フィルム、エンプラ・スーパーエンプラフィルム、シート、その他フィルム・シート計49品目とフィルムメーカ10社の企業事例です。プラスチックフィルム・シート市場規模推移・予測、注目用途・高機能化動向、用途分野別市場動向、海外動向を総括しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2018年07月26日
制作:富士経済
体裁:A4版236ページ

送料無料

2018 電池関連市場実態総調査 No.1

全固体リチウム二次電池をはじめとする次世代電池・材料及び応用製品市場を徹底調査しました。No.1では調査対象16品目の最新開発動向と将来市場予測、有望なアプリケーション、ロードマップなどの分析、次世代電池の製造フローやキーマテリアルの既存LIB向け材料との差異に着目した既存材料市場への影響分析などを調査のポイントとし、次世代電池の普及シナリオと関連市場の将来像を展望しています。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2018年07月27日
制作:富士経済
体裁:A4版473ページ

送料無料

エネルギー・大型二次電池・材料の将来展望 2018 次世代環境自動車分野編

2030年に向けた燃費規制強化により市場投入が加速する電動自動車の生産・販売動向と車載電池市場・自動車メーカー戦略を調査しました。次世代環境自動車・蓄電デバイス市場推移・予測、自動車市場全体に占める次世代環境自動車販売比率の推移・予測、エリア別HEV・PHEV・EV販売比率推移、HEV・PHEV・EV市場における自動車メーカーシェア推移・予測、次世代環境自動車用LiBにおけるセル市場分析等を総括しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

お問い合わせ

調査資料に関するお問い合わせは、こちらのフォームよりお願いします。
3営業日以内に担当の者よりご連絡いたします。
お急ぎの場合はお電話ください。

Tel. 03-3664-5844
Mail. enplanet@mail.fk-networks.co.jp