技術革新が進む自動車業界特集

2017 ディスプレイ関連市場の現状と将来展望 (下巻)
2017 電池関連市場実態総調査 下巻
2018 コンパウンド市場の展望とグローバルメーカー戦略
2017年版 燃料電池関連技術・市場の将来展望を新たに追加

120,000円+税

発刊日:2017年10月13日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版290ページ

送料無料

2017 ディスプレイ関連市場の現状と将来展望 (下巻)

下巻ではLCD・OLED共通関連部材8品目、LCD関連部材19品目、OLED関連部材9品目、タッチパネル関連部材8品目を網羅的に調査しました。各市場の業界構造、市場動向、価格動向、参入メーカー一覧と拠点情報、メーカーシェア、地域別生産動向、納入関係、業界動向を把握し、ディスプレイ関連部品材料世界市場動向、将来性分析、ディスプレイデバイス・タッチパネル世界市場概況とタイプ別市場規模推移を総括しています。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります

150,000円+税

発刊日:2017年10月27日
制作:富士経済
体裁:A4版280ページ

送料無料

2017 電池関連市場実態総調査 下巻

下巻では二次電池・一次電池材料市場の全貌を明らかにしました。一次電池材料、二次電池材料、金属資源・原料計22品目の各市場規模、注目用途展開と需要性動向等を調査しました。総括編では電池材料市場展望、電池市場と電池材料市場の連関動向、リチウムイオン二次電池の材料開発動向、リチウムイオン二次電池材料と金属需要量動向、材料価格動向、電池材料マテリアルフロー、参入企業一覧等を掲載しています。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります

150,000円+税

発刊日:2017年05月18日
制作:富士経済
体裁:A4版404ページ

送料無料

2017年版 HEV,EV関連市場徹底分析調査

自動車メーカーの車種展開、開発展望を整理・分析すると共に、HEV、PHEV、EV、FCV、48Vマイルドハイブリッド車関連部品の市場動向、技術動向、環境規制動向等を調査しました。調査対象は国内自動車メーカー10社、海外自動車メーカー13社、関連部品24品目です。対象自動車の世界市場規模推移、品目・プレイヤー別供給動向、水素ステーション整備状況、電池開発/非接触充電/超急速充電器の取組状況等を総括しています。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります

120,000円+税

発刊日:2017年07月04日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版356ページ

送料無料

自動車用ケミカル&マテリアル市場調査総覧 2017

自動車構成材料の市場動向及び軽量化に向けた使用材料の変化、加工技術の動向を把握し、今後の製品ニーズを把握しました。調査対象は汎用樹脂、エンプラ、熱硬化性樹脂、合成ゴム/エラストマー、鉄/非鉄金属、添加材、加工品・応用材料の計45品目です。各品目の市場動向、メーカーシェア、用途動向、価格動向、材料動向、安定調達と供給不安要因、自動運転車両技術適用による当該材料の関係性等を調査しています。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります

150,000円+税

発刊日:2017年10月13日
制作:富士経済
体裁:A4版350ページ

送料無料

2018 コンパウンド市場の展望とグローバルメーカー戦略

世界有力樹脂メーカー・コンパウンダー及び機能性コンパウンド市場の最新動向をグローバルに調査分析しました。コンパウンド市場における高機能化、付加価値グレードの実体と分析、自動車・医療・航空宇宙等の注目用途の最新市場動向と予測、添加剤の最新市場動向と注目用途を調査ポイントとしました。企業事例編は参入メーカー計57社、機能性コンパウンド・添加剤・フィラー市場編は21品目が調査対象です。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります

150,000円+税

発刊日:2017年10月16日
制作:富士経済
体裁:A4版216ページ

送料無料

2017年版 燃料電池関連技術・市場の将来展望

燃料電池システム及び燃料電池スタックの主要部品の出荷動向を把握し、今後の市場予測を行いました。総括編では、燃料電池システム市場を分野別(産業・業務用、家庭用、燃料電池車用他)、タイプ別(PAFC、MCFC、SOFC、PEFC、DMFC)、エリア別(日本、アジア、北米、欧州)等で市場規模を算出し、燃料電池システムにおけるスタック部品使用量、スタックコスト試算等を分析し、燃料電池システム市場の全体像を把握しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります

150,000円+税

発刊日:2017年09月27日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版274ページ

送料無料

スマートカー時代の次世代ITS関連市場徹底分析 2017

スマートな移動を支える交通システムからクルマを利用したサービスへ、新たなクルマの価値創出ステージに向かうITSの未来像を徹底予測しました。調査対象は車載機器、通信、インフラ、システム・サービス、新ビジネスの計40品目です。次世代ITSロードマップ、コネクテッドカー発展に向けた取組み、自動運転実現に向けた取組み、地域別次世代ITS動向、自動車メーカー別次世代ITSへの取組み等を纏めています。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります

180,000円+税

発刊日:2017年09月28日
制作:富士経済
体裁:A4版210ページ

送料無料

次世代自動車充電インフラ機器のグローバルマーケット展望 2017

充電インフラ関連機器・システムのグローバルマーケットを地域別に明らかにすると共に、欧州・北米・アジアの次世代自動車普及先進15ヶ国について、国内充電インフラ市場の現況と将来方向性、EV・PHEV車両販売及びストック動向、中核品目(急速/普通充電器、ワイヤレス給電システム)の市場規模、参入サプライヤ動向、法規制及びインセンティブ動向等の現状と2035年までの中長期展望を国別に調査分析しています。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります

150,000円+税

発刊日:2017年06月26日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版342ページ

送料無料

2017年 高機能添加剤・ハイブリッドマテリアルの現状と将来展望

添加剤・フィラー43品目(機械的改善、電気的機能、熱的機能、耐候・光学機能、架橋・重合他)、応用用途・ハイブリッド製品7品目を対象に、市場動向及び材料技術動向を調査しました。樹脂の高機能化、複合化技術を軸として多角的に市場の全体像・材料動向を把握しています。市場規模推移・予測、注目添加剤・フィラーの主要トレンド、世界エリア別生産・販売動向、添加対象材料動向、研究開発・技術動向等を総括しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります

150,000円+税

発刊日:2017年07月03日
制作:富士経済
体裁:A4版254ページ

送料無料

2017年 熱制御・放熱部材市場の現状と新用途展開

パワーモジュールを中心に市場拡大が進む放熱部材の動向を徹底調査しました。調査ポイントは、(1)注目の熱制御・放熱部材を網羅し、最新市場動向を詳細調査、(2)市場拡大が期待される自動車分野・産業分野における熱制御・放熱部材の全体市場構造の徹底解明、(3)熱制御・放熱部材を要する注目用途の市場動向の拡充です。調査対象は用途市場12品目、放熱部材市場19品目、放熱フィラー市場7品目としました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります

120,000円+税

発刊日:2016年10月03日
制作:富士経済
体裁:A4版392ページ

送料無料

2017年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略

耐熱性や機械的性質、電気的性質などを生かし、自動車やエレクトロニクス、産業機器、医療機器など様々な分野で採用される汎用エンプラ(エンジニアリングプラスチック)9品目、スーパーエンプラ20品目、機能性樹脂6品目、計35品目の市場を調査・分析し、地域別、分野・用途別動向、将来展望を明らかにした。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります

900,000円+税

発刊日:2016年10月07日
制作:富士経済
体裁:A4版160ページ

送料無料

中国HEV、EV市場の実態と今後の展望

中国の経済成長は重工業の発達とともに、急激なモータリゼーションの発達や都市化が進み、北京をはじめ中国の大都市では深刻な交通渋滞や大気汚染に悩まされている。中国政府は新エネルギー車の普及促進を掲げ、2020年に累計500万台以上普及させる目標を掲げた。新エネルギー車にカテゴライズされるEV、PHEV、FCVをどのように普及させるのかは地方政府が担う形となるが、それぞれ地域色を打ち出した策を講じることで、PHEV、EVの売れ方が大きく異なっている。

お問い合わせ

調査資料に関するお問い合わせは、こちらのフォームよりお願いします。
3営業日以内に担当の者よりご連絡いたします。
お急ぎの場合はお電話ください。

Tel. 03-3664-5844
Mail. enplanet@mail.fk-networks.co.jp