技術革新が進む自動車業界特集

車載電装デバイス&コンポーネンツ
電池関連市場実態総調査
モビリティ・インフラ&サービス関連市場
ディスプレイ関連市場
燃料電池関連技術・市場を新たに追加

150,000円+税

発刊日:2019年12月26日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版326ページ

送料無料

車載電装デバイス&コンポーネンツ総調査 2020 上巻:システム/デバイス編

車載電装市場におけるシステムの需要予測及び構成デバイス&コンポーネンツの搭載員数の変化を予測し、今後必要とされる製品のニーズを把握しました。調査対象はシステム、情報機器、デバイス&コンポーネンツ計46品目です。車載電装システム市場動向、アフター情報機器市場動向、デバイス&コンポーネンツ市場動向、電動車両化動向、自動運転/AI化動向、統合コクピット化動向、環境法規制動向等を総括しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

180,000円+税

発刊日:2019年11月11日
制作:富士経済
体裁:A4版253ページ

送料無料

2019 電池関連市場実態総調査 <電池セル市場編>

電池関連市場を3分冊構成でレポートします。「電池セル市場編」では二次電池、一次電池、LIB主要応用製品について、注目電池メーカーの戦略と取り組み、主要応用製品の市場規模推移・予測、行政・研究機関等のロードマップ策定状況、市場トレンド・予測(二次電池・一次電池)、電池別主要参入企業、主要メーカーのリチウムイオン二次電池スペック一覧等を把握し、電池セル市場の現状と将来展望を調査分析しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2019年11月27日
制作:富士経済
体裁:A4版209ページ

送料無料

モビリティ・インフラ&サービス関連市場の将来展望 2020

MaaSの進展による既存インフラ・サービスの関連性と主要プレイヤーの取組状況を調査し、国内MaaS市場のトレンドと全体構造を俯瞰しました。MaaS関連モビリティ/インフラ/サービス/機器・システムの国内市場動向、モビリティ別MaaS市場動向、インフラ別MaaS市場動向、主要適用シーン別活用サービス、サービス別の機能普及動向、参入プレイヤーの動向と今後の方向性、法規制・規制緩和動向などを分析しています。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2019年12月25日
制作:富士経済
体裁:PDF版67ページ

送料無料

【デジタルプレス】2020年版 新型・次世代太陽電池の開発動向と市場の将来展望

新型太陽電池(主にペロブスカイト、色素増感、有機薄膜、GaAs)の研究開発の現状と開発ロードマップ、アプリケーション・用途開拓の動向を整理分析し、新型太陽電池と主要構成部材市場の方向性を展望しました。各種太陽電池の特性・優位性の比較分析、主要構成部材の種類・原料・高コスト部材・モジュール構成、アプリケーション開発動向、フレキシブルCIGS太陽電池メーカーの開発・事業化動向等を調査しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2019年11月22日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版265ページ

送料無料

2019 ディスプレイ関連市場の現状と将来展望(下巻)

下巻ではLCD・OLED共通関連部材、LCD関連部材、OLED関連部材、タッチパネル関連部材の世界市場と次世代技術/関連部材を徹底調査しました。各品目の業界構造と動向、注目技術、市場動向、価格動向、参入メーカーおよび拠点情報、メーカーシェア、納入関係を個別に調査し、製造フローと材料需要、ディスプレイデバイス・タッチパネル世界市場概況等も含め、ディスプレイ関連部品材料市場の将来性を分析しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2020年01月17日
制作:富士経済
体裁:A4版279ページ

送料無料

2019年版 燃料電池関連技術・市場の将来展望

燃料電池システム、スタック部品(PEFC、SOFC)の市場動向を詳細に調査分析しました。国内/海外の主要システム・スタック・部品メーカーの最新開発動向、燃料電池システムにおけるスタック部品使用量・スタックコスト試算、海外政策動向、主要海外メーカー動向、対象品目のタイプ別/エリア別市場分析と普及課題などを踏まえ、燃料電池システム・燃料電池スタック部品市場の2030年までの全体像を予測しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2019年11月07日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版316ページ

送料無料

5G通信を実現するコアテクノロジーの将来展望 2020

5G商用化で見える要件(eMMB/mMTC/URLLC)やキラーアプリ等、4Gからの変化を調査しました。5G(Sub6/ミリ波)の世界における普及状況、キャリアのインフラ投資や国家プロジェクトなどを踏まえた今後の展望、LTEからのネットワーク構成の変化、ノンスタンドアローンからスタンドアローンへの移行による変化、インフラ・機器側の5G導入による材料・デバイス・構造的変化等を分析し、15社の企業事例も収載しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2019年10月31日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版303ページ

送料無料

自動車用ケミカル&マテリアル市場調査総覧 2020

電動化と低燃費化、電装化、5G、ADAS・自動運転技術進展に係る材料変化を徹底分析しました。汎用樹脂、エンプラ・熱硬化性樹脂、合成ゴム・エラストマー、鉄・非鉄金属・セラミック、加工品・応用素材計45品目について、市場動向、価格動向、メーカー動向、用途動向、材料動向、ニーズ・課題、業界構造・主要材料納入先を調査し、部位別採用材料動向、自動車生産動向、自動車デザインのトレンド、環境規制動向等を総括しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2019年10月04日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版296ページ

送料無料

2020年版 高機能コーティングの現状と将来展望

IoT・5G、次世代自動車、脱プラスチック対応ニーズで変化するコーティング市場と技術の変化を分析しました。コート剤・応用製品の計43品目について主要参入企業動向、市場動向、価格動向、用途動向(採用分野別・用途別ウェイト)、タイプ別ウェイト、メーカーシェア、採用素材動向、今後の方向性を個別に調査しました。採用分野別市場動向、環境問題・規制対策動向等を包括的に捉え、今後の市場動向を展望しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2019年09月11日
制作:富士経済
体裁:A4版244ページ

送料無料

2019年 熱制御・放熱部材市場の現状と新用途展開

xEV、自動運転化が進む自動車分野、5G化が進む通信分野で需要が拡大する放熱部材、放熱フィラーと有望用途市場動向を徹底調査しました。TIM(Thermal Interface Material)の市場動向、放熱基板の市場動向、放熱絶縁板の市場動向、その他放熱部材の市場動向、放熱フィラーの市場動向、機器の開発・設計時における熱制御の適用、熱伝導率およびその他特性一覧を把握し、今後の熱制御・放熱部材市場を展望しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2019年09月26日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版248ページ

送料無料

2019 ディスプレイ関連市場の現状と将来展望 (上巻)

上巻ではディスプレイデバイス市場、アプリケーション機器市場を網羅的に調査し、最新の市場動向を分析しました。ディスプレイ関連デバイス世界市場概況、ディスプレイ応用製品の出荷動向・成長率分析、ディスプレイ関連デバイスメーカーの動向(アライアンス動向、生産ライン、ディスプレイデバイスメーカー別出荷動向)、ディスプレイ業界動向に加え、ディスプレイメーカー企業事例11社の動向も把握しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2019年08月30日
制作:富士経済
体裁:A4版316ページ

送料無料

断熱・遮熱・蓄熱市場の現状と将来展望 2019

省エネ向上やZEB・ZEHの実現に向けて注目される断熱・遮熱市場、GDPガイドライン対応や卒FIT対策における採用拡大が期待される蓄熱市場を徹底調査しました。断熱・遮熱・蓄熱材の全体市場/材料別/分野別規模推移および予測、ロードマップ、種類/性能/用途の比較・競合分析、政策・法令動向、参入企業一覧の他、ソリューション市場での断熱・遮熱・蓄熱材の採用状況、要求特性・課題、商流構造などを分析しています。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2019年07月17日
制作:富士経済
体裁:A4版355ページ

送料無料

2019 ポリウレタン原料・製品の世界市場

ポリウレタン市場の全体像を把握し、今後の有望市場を捉えました。ポリオール、イソシアネート、中間原料、副原料、中間製品、ポリウレタン製品を対象に、各品目の参入企業一覧、市場規模推移(国・地域別)、生産体制(国・地域別/メーカー別生産能力)、用途別販売動向、メーカー別販売動向、価格動向、技術動向、競合・代替動向、流通構造などを調査しました。再生可能原料の市場環境と市場性についても分析しています。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2019年07月26日
制作:富士経済
体裁:A4版232ページ

送料無料

2019年版 太陽電池関連技術・市場の現状と将来展望

FIT売電型から自家消費型へと向かう太陽光発電ビジネスの最前線を徹底調査しました。調査のポイントは、(1)川上(材料・製造技術)、川中(太陽電池)、川下(太陽光発電システム)のバリューチェーンを把握、(2)太陽電池・PCSなどの周辺機器、ストック市場向けビジネスの国内市場をとらえて太陽光発電業界を俯瞰、(3)固定価格買取制度(FIT)からの自立と自家消費型太陽光発電市場の今後の方向性を考察した点です。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

300,000円+税

発刊日:2019年07月31日
制作:富士経済
体裁:PDFデータ49ページ

送料無料

【デジタルプレス】
EV/PHEV充電インフラの国別整備実態と普及計画 2019

注目16カ国の充電インフラ整備動向を、車両普及動向・電力需給動向・人口動態との対比で調査分析しています。自動車市場概況・実態、充電インフラ市場実態、国家指針/計画からみられる充電インフラ整備の方向性、急速充電器の大出力化動向と今後の方向性、職場充電の実態と将来予測、商用車充電の実態と将来予測、ワイヤレス給電システムの実態と将来予測、現状の電力供給余力などに関して総括・集計しています。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)のサンプルをまとめたものになります

150,000円+税

発刊日:2019年06月11日
制作:富士経済
体裁:A4版385ページ

送料無料

2019年版 HEV,EV関連市場徹底分析調査

HEV/EV関連部品市場動向と自動車メーカーの車種展開や今後の展望を調査しました。HEV/PHEV/EV/FCV/48Vマイルドハイブリッド車の世界市場長期展望、HEV/PHEV/EV/FCV/48Vマイルドハイブリッド車/内燃車の世界市場規模推移、販売台数ランキング、各国におけるFCV/48Vマイルドハイブリッド車の開発・販売動向、電動車の自動運転車(LEVEL3~)市場、エネルギー需要とEV普及関係、インフラ整備状況等を纏めました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2019年07月01日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版302ページ

送料無料

2019 次世代カーテクノロジーの本命予測と未来自動車像

CASE革命によるテクノロジーの本命と2020年代・2030年代の未来自動車産業像を展望しました。CASE技術(コックピット/コネクテッド関連技術、自動運転/安全技術、シェアリング関連技術、電動化関連技術)、次世代技術(飛行技術、バイワイヤ技術、リモート技術、AI技術、セキュリティ技術)を調査し、「CASE」の観点から競合技術を対比分析し、点在する複数技術の有望性と共存・融合の方向性を明らかにしています。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

180,000円+税

発刊日:2019年06月03日
制作:富士経済
体裁:A4版422ページ

送料無料

エネルギー・大型二次電池・材料の将来展望 2019 次世代環境自動車分野編

2030年に向けた燃費規制強化により市場投入が加速する電動自動車の生産・販売動向と車載電池市場・電池構成部材需要を徹底調査しました。次世代環境自動車・蓄電デバイス市場推移・予測、自動車市場全体に占める次世代環境自動車販売比率の推移・予測、エリア別マイクロHEV/HEV・PHEV・EV販売比率推移、エリア別次世代環境自動車投入計画、次世代環境自動車用LiBにおけるセル市場分析などを総括しています。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2019年07月08日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版260ページ

送料無料

2019 エレクトロニクス実装ニューマテリアル便覧

半導体パッケージおよびプリント配線板における実装技術動向と、関連する主要材料、実装装置を網羅的に調査しました。アプリケーション機器、半導体、半導体パッケージ関連材料、プリント配線板、プリント配線板関連材料、熱/ノイズ対策材料、実装関連装置の計48品目を対象に、微細配線技術動向、低誘電・低損失技術動向、高耐熱・高放熱技術動向を把握し、プリント配線板・半導体市場の現状と展望を分析しています。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

300,000円+税

発刊日:2019年06月26日
制作:富士経済
体裁:PDFデータ53ページ

送料無料

【デジタルプレス】xEV国別中長期市場予測 2019

xEVの2035年までの中長期世界市場予測の最新版です。エリア別には、自動車メーカーの新車種投入計画や主要エリアにおける燃費規制の動向を踏まえ、各エリアにおけるxEV種別の販売台数を予測しました。国別には、現状のxEV別販売台数や今後の新車販売台数予測を踏まえ、xEV普及に向けた政策目標、各種政策、自動車メーカーの新車投入計画などを定量的に分析し、各国におけるxEV種別の販売台数を予測しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2019年05月21日
制作:富士経済
体裁:A4版266ページ

送料無料

2019年 特殊粘接着・封止材の市場展望

特殊粘接着・封止材計36品目の市場動向を把握し、自動車・半導体のアプリケーション動向を徹底解明しました。各品目の市場規模推移と今後の市場予測、メーカー販売量・シェア、用途別・種類別販売数量、価格動向、課題・問題点/新規開発動向、競合材料・方法業界構造などを調査し、特殊粘接着・封止材全体市場規模推移、国・地域別種類別需要の伸び等を分析しました。また、特殊粘接着・封止材事例も収載しています。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

140,000円+税

発刊日:2019年04月26日
制作:富士経済
体裁:A4版235ページ

送料無料

2019年版 水素燃料関連市場の将来展望

2030年に向けて普及する水素燃料関連市場の長期見通し、多様化する水素エネルギーの実用化動向、海外の水素エネルギー普及動向を調査しました。水素ステーションタイプ別分析、水素燃料アプリケーション市場規模推移・予測、水素ステーション運営の現状・課題、水素ステーション関連主要機器市場規模推移・予測、水素ステーション整備一覧、水素燃料普及政策動向、海外水素・燃料電池関連動向等を纏めました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

120,000円+税

発刊日:2019年03月28日
制作:富士経済ネットワークス
体裁:A4版269ページ

送料無料

2019年版 コーポレート・ラボの将来展望

主要大手企業のコーポレート・ラボ(全社研究所)の実態と将来戦略を調査し、複合化技術時代におけるコーポレート・ラボ機能の方向性を明らかにしました。自動車・電機・機械、化学・非鉄金属・鉄鋼、バイオ・医薬・食品の計45社を対象とし、主要基盤技術、特許動向、主要新技術・新製品投入動向及び計画、主要連携・提携・協業動向、コーポレート・ラボ推進方法とオープンイノベーション展開動向等を整理分析しています。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

180,000円+税

発刊日:2019年03月12日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版212ページ

送料無料

2019 人工知能ビジネス総調査

クラウドからエッジコンピューティングへ領域が拡大する人工知能(AI)市場を調査しました。カテゴリー別(サービス、アプリケーション、プラットフォーム)及び12業種別(プロセス製造業、組立製造業、小売業、情報通信業他)AIビジネスの市場動向、AI活用が期待される4つの注目市場(AI-OCR、AI-RPA、カンバセーションAI、AI-セキュリティ)の動向、AIビジネス参入企業のビジネス戦略などを包括的に分析しています。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2019年03月08日
制作:富士経済
体裁:A4版311ページ

送料無料

コネクテッドカー関連市場の現状とテレマティクス戦略 2019

テレマティクスサービスや関連システムの現状について整理し、コネクテッドカー関連市場の将来動向を展望しました。コネクテッドカーのグローバル市場規模推移、2035年までのロードマップ、エリア別テレマティクス動向・法規制、コネクテッドカー周辺市場展望、技術動向、主要TSP(テレマティクスサービスプロバイダ)と自動車メーカーの相関関係、シリコンバレーのスタートアップ企業M&A等をまとめています。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

120,000円+税

発刊日:2019年01月29日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版279ページ

送料無料

2019年版 機能性高分子フィルムの現状と将来展望 (下巻)

下巻では、ライフサイエンス分野や工業・産業分野に使用される各種機能性高分子フィルム市場を調査しました。分野別市場動向(工業・自動車、エネルギー、土木・建築、ライフサイエンス、パッケージング、バリアフィルム)、海外市場動向(エリア別ウェイト、輸出入動向)、採用素材動向(採用素材、ベースフィルム・他フィルム動向、ベースフィルム競合・代替動向、機能付与材料動向)、技術開発動向等を総合分析しています。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

150,000円+税

発刊日:2018年12月06日
制作:富士経済
体裁:A4版386ページ

送料無料

2019年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略

有望エンプラの探索と最新トレンド・今後の見通しを分析しました。各品目の主要参入企業、重合・コンパウンド生産能力、国・地域別販売動向、分野・用途別販売動向、成形別販売動向、メーカー別販売動向、価格動向、競合・代替動向、開発動向、業界構造及び採用動向、市場における課題・対策等を調査しました。中国を中心とした生産設備の新増設動向や今後の需給見通しも把握し、グローバル市場動向を展望しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

お問い合わせ

調査資料に関するお問い合わせは、こちらのフォームよりお願いします。
3営業日以内に担当の者よりご連絡いたします。
お急ぎの場合はお電話ください。

Tel. 03-3664-5844
Mail. enplanet@mail.fk-networks.co.jp