技術革新が進む自動車業界特集

ESG投資を促すSDGs先進企業の未来戦略と関連分野・業界の展望
機能性高分子フィルムの現状と将来展望 ライフ・インダストリーフィルム編
エレクトロニクス実装ニューマテリアル便覧
電池関連市場実態総調査 <上巻・電池セル市場編>
ワールドワイド自動車部品マーケティング便覧
モビリティ・インフラ&サービス関連市場の将来展望
次世代電池関連技術・市場の全貌
プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望を新たに追加

132,000円(税抜 120,000円)

発刊日:2021年02月26日
制作:富士経済ネットワークス
体裁:A4版293ページ

送料無料

2021年版 ESG投資を促すSDGs先進企業の未来戦略と関連分野・業界の展望

大変革が求められる「アフターコロナ時代」におけるサステナビリティ(持続可能性)な企業経営戦略の今後の方向性を調査しました。中・長期事業戦略、サステナビリティの基本方針およびビジョン、サステナビリティ推進組織、マテリアリティ(重要課題)と取り組みテーマおよび関連するSDGs、研究開発部門におけるSDGsの位置付け、SDGsによるイノベーション及び新規事業創出の方向性などを比較分析しています。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

165,000円(税抜 150,000円)

発刊日:2020年12月02日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版291ページ

送料無料

2021年版 機能性高分子フィルムの現状と将来展望 ライフ・インダストリーフィルム編

機能別・用途別のプラスチックフィルム・シート市場動向を調査しました。調査対象は汎用樹脂フィルム・シート、エンプラフィルム・シート、環境対応フィルム・シート計50品目です。新型コロナウイルスの影響、環境対応動向(バイオ化、リサイクル動向)、用途分野別市場動向(容器・包装、エレクトロニクス、自動車他)、高機能化動向、世界市場動向等を把握しプラスチックフィルム・シート市場の全体像を展望しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

165,000円(税抜 150,000円)

発刊日:2020年10月30日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版270ページ

送料無料

2020 エレクトロニクス実装ニューマテリアル便覧

アプリケーション機器、半導体パッケージ、半導体パッケージ関連材料、プリント配線板、プリント配線板関連材料、熱対策材料、実装関連装置の計46品目の実装関連市場動向を捉えました。市場規模推移、参入メーカー動向、価格動向、注目用途市場動向、プリント配線板業界・半導体業界俯瞰図、微細配線技術動向、低誘電・低損失技術動向、高耐熱・高放熱技術動向、インクジェットプロセスの採用動向等を調査しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

198,000円(税抜 180,000円)

発刊日:2020年10月20日
制作:富士経済
体裁:A4版276ページ

送料無料

2020 電池関連市場実態総調査 <上巻・電池セル市場編>

当レポートは3巻構成で発刊予定です。上巻では、グローバル電池市場(二次電池、一次電池)、LIB主要応用製品市場を調査しました。COVID-19、米中貿易摩擦、補助金政策変更などの影響を踏まえ、注目電池メーカーの戦略・取り組み、主要応用製品の市場規模推移・予測、行政・研究機関などのロードマップ策定状況、市場トレンド・予測、主要メーカーのリチウムイオン二次電池スペック一覧、今後の展望を分析しています。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

180,000円+税

発刊日:2020年10月15日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版262ページ

送料無料

2021 ワールドワイド自動車部品マーケティング便覧

新型コロナウイルスが自動車部品産業に与える影響と今後の市場の方向性を考察しました。機械式から電動化が進む自動車部品動向、自動車部品の軽量化・採用マテリアル動向、車載システム/自動車部品におけるサーマルマネジメント動向、エンジンマネジメントシステムの変化がもたらす自動車部品への影響、EV/自動運転化がもたらす自動車部品への影響、自動車メーカーの主要生産拠点等を集計・分析しています。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

165,000円(税抜 150,000円)

発刊日:2020年10月15日
制作:富士経済
体裁:A4版238ページ

送料無料

モビリティ・インフラ&サービス関連市場の将来展望 2021

モビリティサービスの発展に伴う応用ビジネス・地域創生への活用を調査分析しました。モビリティサービス活用による注目用途別応用ビジネス動向、マルチモーダルアプリのビジネス展望、モビリティ別MaaS車両動向と関連市場、参入企業の動向と今後の方向性、海外主要国の先進事例、MaaS関連モビリティ/インフラ/サービス/機器・システムの国内市場動向など、国内MaaS市場のトレンドと全体構造を俯瞰しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

198,000円(税抜 180,000円)

発刊日:2020年10月09日
制作:富士経済
体裁:A4版296ページ

送料無料

2020 次世代電池関連技術・市場の全貌

全固体電池、非リチウム系二次電池、新型リチウム二次電池を対象に、次世代電池・材料・プロセス・応用製品の市場動向を徹底調査しました。調査のポイントは、(1)次世代電池と関連する材料・アプリケーション・製造プロセス、(2)次世代電池で採用が期待されるキーマテリアルと種類別の製造フローと既存材料市場への影響、(3)日系企業・海外企業における次世代電池関連技術に対する取り組みを整理分析した点です。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

165,000円(税抜 150,000円)

発刊日:2020年08月31日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版352ページ

送料無料

2020年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望

機能別・用途別のプラスチックフィルム・シート市場動向を調査しました。調査対象は汎用樹脂フィルム・シート、エンプラフィルム・シート、環境対応フィルム・シート計50品目です。新型コロナウイルスの影響、環境対応動向(バイオ化、リサイクル動向)、用途分野別市場動向(容器・包装、エレクトロニクス、自動車他)、高機能化動向、世界市場動向等を把握しプラスチックフィルム・シート市場の全体像を展望しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

198,000円(税抜 180,000円)

発刊日:2020年08月21日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版295ページ

送料無料

2020 人工知能ビジネス総調査

人間との共存を目指すAI(人工知能)関連ビジネスを包括的に分析しました。業種別(8業種)、ビジネスカテゴリー別(サービス、アプリケーション、プラットフォーム)のAI関連ビジネス市場、AI活用ソリューション市場(プロダクト別ソリューション、業務別ソリューション)、エッジAIコンピューティング市場動向を分析しました。また、AIビジネスにおけるベンダーおよびユーザー動向をアンケート調査しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

198,000円(税抜 180,000円)

発刊日:2020年08月14日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版294ページ

送料無料

2020 ディスプレイ関連市場の現状と将来展望

ディスプレイデバイス、アプリケーション機器、ディスプレイ関連部品材料の世界市場と次世代技術の動向を徹底調査しました。ディスプレイ応用製品の出荷動向・成長率分析、ディスプレイデバイスメーカー動向(業績推移、事業戦略、生産ライン、メーカー別出荷動向等)、ディスプレイ関連部材市場規模推移・予測集計、業界動向、ディスプレイ関連部品材料動向(LCD、OLED、タッチパネル関連部材)などを分析しています。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

330,000円(税抜 300,000円)

発刊日:2020年07月31日
制作:富士経済
体裁:PDF 49ページ

送料無料

【デジタルプレス】自動運転シャトルの活用の可能性

自動運転シャトル事業の優位性、社会課題、今後のビジネスの可能性を考察し、自動運転シャトルの機能やサービスを模索しました。調査対象は、小型バスタイプ(旅客、物流・配送用途)、自動運転(LEVEL4以上)、低速車両(40㎞/h以下)です。国内における自動運転シャトルの市場予測(車両販売ベース)、参入企業の投入・開発・事業開発状況、社会問題からみた用途展開、技術面・事業面の課題と対応策などを分析しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

165,000円(税抜 150,000円)

発刊日:2020年07月29日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版254ページ

送料無料

2020 先端/注目半導体関連市場の現状と将来展望

主要半導体デバイス、関連材料、装置市場を徹底調査しました。市場規模推移・予測、AIチップの概要および米中開発メーカー動向、中国における半導体政策および内製化動向、5G通信によって立ち上がる注目半導体、自動車用デバイス開発動向、シリコンウェハ需給予測、CPU・GPUの微細化と主要メーカー動向、メモリーの生産技術動向、デバイス別採用パッケージ動向、次世代パッケージの採用動向等を総説しています。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

165,000円(税抜 150,000円)

発刊日:2020年07月07日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版300ページ

送料無料

2020 自動運転・AIカー市場の将来展望

レベル2の高機能化/レベル3の投入計画/レベル4の実用可能性を展望しました。COVID-19の自動運転市場への影響、エリア別/レベル別自動運転車市場規模、自動運転におけるパワートレイン別市場規模、自動車メーカーの自動運転車投入ロードマップ、自動運転関連業界マップ、研究開発動向、各国・各地域における自動運転関連の法律整備状況、自動運転車両におけるサイバーセキュリティ対策動向等をまとめました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

165,000円(税抜 150,000円)

発刊日:2020年07月03日
制作:富士経済
体裁:A4版259ページ

送料無料

2020年 半導体材料市場の現状と将来展望

5G本格化に伴う半導体材料(デバイス、前工程材料、後工程材料)の各市場動向(主要参入企業、世界市場規模、用途別/企業別/国・地域別販売動向、価格、技術開発動向、課題等)を調査しました。コロナショックが半導体市場に与える影響、サプライチェーンが半導体市場に与える影響、中国半導体の現状、5G普及に伴う主要製品動向、半導体市場動向、300mmウエハファブ動向を調査し、今後の市場の変化を徹底分析しました。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

132,000円(税抜 120,000円)

発刊日:2020年02月10日
制作:富士経済ネットワークス
体裁:A4版313ページ

送料無料

2020年版 『新事業・新製品の展開戦略』と2030年に向けての「注目新事業」

主要20業界100社の次世代に繋ぐニュービジネスと、オープンイノベーションの取り組み状況を調査し、業界・企業間の新事業・新製品に対する考え方を明らかにしました。2020年以降の業界別事業見通し、新事業・新製品展開組織の形態、主要企業における新事業・新製品展開戦略(ターゲット分野)、業界別注目新事業の特徴等を分析した他、黎明期・導入期にある注目新事業20分野に対する参入動向も収載しています。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

120,000円+税

発刊日:2019年03月28日
制作:富士経済ネットワークス
体裁:A4版269ページ

送料無料

2019年版 コーポレート・ラボの将来展望

主要大手企業のコーポレート・ラボ(全社研究所)の実態と将来戦略を調査し、複合化技術時代におけるコーポレート・ラボ機能の方向性を明らかにしました。自動車・電機・機械、化学・非鉄金属・鉄鋼、バイオ・医薬・食品の計45社を対象とし、主要基盤技術、特許動向、主要新技術・新製品投入動向及び計画、主要連携・提携・協業動向、コーポレート・ラボ推進方法とオープンイノベーション展開動向等を整理分析しています。

※サンプルは外部サイト(弊社運営オンラインデータサービス【FK-Mards】https://www.mards.net)になります。
※FK-Mardsサンプルは発刊より2ヶ月後に公開となります。

お問い合わせ

調査資料に関するお問い合わせは、こちらのフォームよりお願いします。
3営業日以内に担当の者よりご連絡いたします。
お急ぎの場合はお電話ください。

Tel. 03-3664-5844
Mail. enplanet@mail.fk-networks.co.jp