該当する情報は 99 件ありました。

1-20 /99 前の一覧次の一覧

タイトル 価格 出版社 発刊日
1. CFRPの用途別動向とビジネス戦略の再構築

cel(米) ④ Sicomin(仏) ⑤ Entropy Resins(米) ⑥ Huntsman(米)2.1.2 ビニルエステル樹脂2.1.3 フェノール樹脂2.1.4 シアネートエステル樹脂2.1.5 ビスマレイミド樹脂2.1.6 ポリイミド樹脂2.1.7 ベンゾオキサジン樹脂2.1.8 フタロニトリル樹脂2.2 熱可塑性樹脂2.2.1 ポリアミド2.2.2 ポリフェニレンサルファイド(PPS)2.2.3 ポリエーテルスルホン(PES)2.2.4 ポ...

70,000円+税 シーエムシー・リサーチ 2021/06
2. 接着・接合の支配要因と最適化技術

3.1 フッ素(FEP、PTFE)フィルム、LCPフィルムの表面改質処理3.2 フッ素、LCP、COP、PIフィルムへのダイレクト銅めっき3.3 FEPフィルム、LCPフィルム、銅(Cu)箔への直接貼り合わせ3.4 特性評価4. 結果及び考察4.1 フッ素フィルムの表面改質及びめっき4.1.1 フッ素フィルムの表面改質4.1.2 フッ素フィルムへのダイレクト銅めっき4.2 LCPフィルムのプラズマ表面改質及び...

65,000円+税 S&T出版 2021/02
3. 2021年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略

(税抜 300,000円)がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。関連書籍 ・2020年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望 ・2021年版 機能性高分子フィルムの現状と将来展望 エレクトロニクスフィルム編※送料・支払い等について調査概要目次サンプルPDFデータサービス(FK-Mards)調査概要調査テーマ『2021年 エンプラ市場の展望と...

150,000円+税 富士経済 2020/12
4. シランカップリング剤の最新技術動向

樹脂への応用6.4 おわりに7 ポリイミド/シリカハイブリッド材料の透明性とシリカナノ分散化技術7.1 はじめに7.2 ポリイミド/シリカハイブリッド材料の作製7.2.1 本研究で使用する試薬7.2.2 ポリアミド酸プレポリマーの合成7.2.3 トリメトキシシリル修飾ポリアミド酸オリゴマーの合成7.2.4 ポリイミド/シリカハイブリッドフィルムの作製7.3 物性測定装置およ...

53,000円+税 シーエムシー出版 2020/09
5. 粘着テープ・フィルム市場の全貌 2020 <用途別動向編>

粘着テープ・フィルム市場の全貌 2020 価格165,000円(税抜 150,000円)出版社富士経済発刊日2020年8月13日体裁A4版 268ページ備考こちらの調査資料にはPDF+データ版 160,000円+税、書籍版/PDF+データ版セット 180,000円+税、ネットワークパッケージ版 300,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。関連書籍 ・2020年 半導体材料市場...

150,000円+税 富士経済 2020/08
6. 2020 ディスプレイ関連市場の現状と将来展望

ラーフィルター用顔料分散液、表面処理フィルム、ACF【LCD関連部材】配向膜材料、液晶材料、シール剤、偏光板、偏光板保護フィルム・位相差フィルム、QDシート【OLED関連部材】フォルダブル用カバー材料(透明ポリイミド・フレキシブルガラス)、円偏光板、円偏光板保護フィルム・位相差フィルム、OLED用封止材、OLED用ポリイミドワニス、蒸着型発光材料、電子輸送材料...

180,000円+税 富士キメラ総研 2020/08
7. 透明高分子材料の高屈折率化と屈折率制御

高屈折率化と屈折率制御Control and Improvement of High-Refractive-Index Property of Transparent Polymers高屈折率樹脂はスマートフォン用途や車載光学センサ用途など需要が拡大!樹脂製光学レンズ・フィルムの多機能化、薄型化のための屈折率の向上と制御といった課題の解決策を提示!高分子材料の設計からハイブリッド化、応用技術まで幅広く最新の動向を紹介する1冊!価格58,300円(...

53,000円+税 シーエムシー出版 2019/12
8. 2019 ディスプレイ関連市場の現状と将来展望 (下巻)

サー、透明電極用ターゲット材、表面処理フィルムLCD関連部材15品目オーバーコート剤、フォトスペーサー、配向膜材料、液晶材料、シール剤、偏光板、偏光板保護フィルム・位相差フィルム、TV用バックライトユニット、車載用バックライトユニット、拡散シート、プリズムシート・マイクロレンズシート・輝度向上フィルム、反射シート、QDシート、バックライト用LED...

150,000円+税 富士キメラ総研 2019/11
9. 2020年版 高機能コーティングの現状と将来展望

光学用粘着剤、ポリイミドワニス、液晶配向膜材料、電磁波シールドコート剤、微細配線用ペースト、帯電防止コート剤、高屈折率コート剤、光学レンズ用コート剤紙・脱プラ耐油紙用コート剤、生分解性コート剤、CNFコート剤B 応用製品編(14品目)エレクトロニクスディスプレイ用表面処理フィルム、高硬度ハードコートシート、シリコーン系離型フィルム、非シリコー...

150,000円+税 富士キメラ総研 2019/10
10. 炭素繊維およびその繊維複合材料における分析試験、評価解析に関する最新事例集

シ樹脂複合材料の特性評価第3章 炭素繊維複合材料の母材、マトリックス樹脂に関する評価・解析第1節 TG-FTIRによるポリイミドCFRPの分析1.ポリイミド複合材料2.TG-FTIRシステム3.分析結果第2節 DTG-60とPy-GC/MSを用いたCFRPの発生ガス分析事例1.ポリイミド複合材料2.分析結果第3節 CFRTPにおける母材の高次構造解析とその機械的物性評価1.実験方法1.1 試験片の成形1.2 引張...

80,000円+税 技術情報協会 2019/06
11. フレキシブルデバイス用マテリアルの開発と市場

ト材料、配線向けインク材料、バリアフィルム・封止材についてまとめ、予測される用途展開と部材メーカーの開発動向をご紹介する。キーワード有機エレクトロニクス/プリンテッドエレクトロニクス/ウェアラブルエレクトロニクス/ITO/銀ナノワイヤ/カーボンナノチューブ/ガラス基板/PIフィルム/PETフィルム/PENフィルム/エポキシ樹脂/アクリル樹脂/金属...

85,000円+税 シーエムシー出版 2019/02
12. 次世代のポリマー・高分子開発、新しい用途展開と将来展望

の高効率化・軽くて鉄より強いポリマー・透明性や屈折率を自由にコントロール出来るポリマー・複数種の材料を混ぜることで二律背反の機能を実現・薬物伝達材料としてのゲルやフィルム製剤などに使われる新素材・癌マーカーや手術用材料の可能性・海洋プラスチック問題の解決策としての生分解性性樹脂の可能性・自動車,家電へのバイオプラ採用拡大・生物やDNA...

80,000円+税 技術情報協会 2019/02
13. 2019年版 機能性高分子フィルムの現状と将来展望 (上巻)

2019年版 機能性高分子フィルムの現状と将来展望 (上巻)価格132,000円(税抜 120,000円)出版社富士キメラ総研発刊日2019年1月28日体裁A4版 319ページ備考こちらの調査資料には書籍版/PDF版セット 140,000円+税、ネットワークパッケージ版 240,000円+税、書籍版上下巻セット 230,000円+税、書籍版/PDF版上下巻セット 270,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄に...

120,000円+税 富士キメラ総研 2019/01
14. 高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用

基材による高速対応FPCの実現5.PIの高速化による高速FPC対応の実現5.1 高速FPC材料開発について5.2 フッ素樹脂(PTFE)フィラ分散による高速ポリイミド2層材料5.3 接着性フッ素樹脂(PFA)フィルム重積層による高速PI(ポリイミド)2層材開発第3節 ふっ素系高周波基板材料の開発動向と特性評価1.最近のふっ素基板の市場動向について2.なぜふっ素樹脂基板なのか3....

80,000円+税 技術情報協会 2019/01
15. 押出成形の条件設定とトラブル対策

高速化法2.1 添加剤2.2 ダイ壁面の表面加工2.3 ダイ形状2.4 ローラーダイ6節 HIP押出・造粒・塗工ダイの特徴7節 Tダイ設計のプロセスと構造1.Tダイの種類とラインナップ1.1 フィルム用Tダイの特徴1.2 シート用Tダイの特徴1.3 多層用Tダイ1.4 ディッケル付Tダイ1.5 ラミネート用Tダイ1.6 キャスティングダイ(塗工ダイ)1.7 フィッシュテールダイ2.Tダイを設計...

80,000円+税 技術情報協会 2018/12
16. 自動車への展開を見据えたガラス代替樹脂開発

展をもたらす一助となれば幸いである。(「はじめに」より)キーワード樹脂窓/樹脂グレージング/ガラス代替樹脂/透明樹脂/ポリカーボネート/ポリメチルメタクリレート/ポリイミド/共重合/シリカ複合化/バイオプラスチック/フルオレン/樹脂改質剤/ハードコート/シリコーン系/UV硬化系/ハイブリッド系/コーティング技術/シランカップリング剤/...

90,000円+税 シーエムシー出版 2018/11
17. 炭素繊維・炭素繊維複合材料の未来

ンクバンド角4.4 温度と圧縮強度4.5 繊維初期不整配向とひずみ硬化指数の影響5. 結言3.1.2 熱可塑性ポリイミド系(PI/CF)1. 熱可塑性ポリイミド「オーラムR」の概要2. 熱可塑性ポリイミド事業開発の背景3. 熱可塑性ポリイミドの分子設計4. 熱可塑性ポリイミド「オーラムR」の特長5. 製品の用途展開例及び主要銘柄の物性5.1 自動車用途での応用事例(シール部...

65,000円+税 S&T出版 2018/11
18. 2018 ディスプレイ関連市場の現状と将来展望 (下巻)

子保護フィルム・位相差フィルム、表面処理フィルム、TV用バックライトユニット、中小型バックライトユニット、拡散板・導光板材料(シート)、導光板材料(射出成形用)、拡散シート、プリズムシート・マイクロレンズシート・輝度向上フィルム、反射シート、量子ドットシート、白色LED、拡散ビーズOLED関連部材11品目円偏光板(OLED用)、円偏光板保護フィルム(OLED用)、T...

150,000円+税 富士キメラ総研 2018/09
19. 高耐熱樹脂の開発事例集

●耐熱性と相反する特性との両立をどう実現しているのか●封止材、透明フィルム、プラスチックレンズなど、成長市場への応用を目指した耐熱性向上技術高耐熱樹脂の開発事例集~パワーデバイス、ディスプレイ、電動車両への応用に向けて~価格80,000円+税出版社技術情報協会発刊日2018年07月31日体裁A4判 529ページISBNコード978-4-86104-720-6商品コード1956 ※送料・支払い...

80,000円+税 技術情報協会 2018/07
20. 特許から見たポリイミドの最新動向

特許から見たポリイミドの最新動向価格55,000円(税抜 50,000円)出版社住ベリサーチ発行日2018年6月体裁A4判 273ページ送料無料※送料・支払い等についてはじめに目次はじめにポリイミドは1950年代後半に誕生した樹脂ですが、近年では分子設計や合成方法の改良により加工性の優れた熱可塑性ポリイミドや溶剤可溶性ポリイミドが出現し、その応用分野は電池、分離膜、...

50,000円+税 住ベリサーチ 2018/06

1-20 /99 前の一覧次の一覧