該当する情報は 207 件ありました。

1-20 /207 前の一覧次の一覧

タイトル 価格 出版社 発刊日
1. エレクトロスプレー/スピニング法とその応用 ―材料合成・成形・加工技術―

エレクトロスプレー/スピニング法とその応用 ―材料合成・成形・加工技術―Electrospray / Electrospinning Methods and Its Applications: Material Synthesis, Molding, and Processingナノ粒子・ナノファイバー合成、コーティング・成膜,微細加工など、活躍の場が広がる...

57,000円+税 シーエムシー出版 2021/03
2. UV・EB硬化技術の最新開発動向

UV・EB硬化技術の最新開発動向The Latest Development Trends in UV/EB Curing Technology速硬化、ダメージレス、省エネ・省コスト、低環境負荷などの長所を持ち、様々な分野で利用が進むUV・EB硬化技術!最新の開発動向を整理して産官学の研究・開発成果を俯瞰し、相互連携のきっかけとなる一冊!光重合開始剤や添加剤...

57,000円+税 シーエムシー出版 2021/03
3. 添加剤による高分子材料の高機能化

添加剤による高分子材料の高機能化High-performanced Polymer Materials with Plastic Additives酸化防止、光安定、金属不活性化などプラスチックを安定化する添加剤を解説!難燃、透明化、機械的強度、柔軟性向上、帯電防止など新たな機能を付与する添加剤も解説!車載用、建築用などプラスチックの応用と添加剤の関連を解説...

55,000円+税 シーエムシー出版 2020/11
4. 自動車樹脂化の最新動向

自動車樹脂化の最新動向The Latest Trends of Automotive Resinガソリン車から電気自動車へ。自動車産業の大改革期に重要性を増す樹脂材料!車体軽量化や高意匠性を実現すべく自動車部品の樹脂化が進む!CFRP、GFRP、CNFなどの複合材料、スーパーエンプラ、バイオマスプラスチック、そして高級感あふれる内装材からマルチマテリアルまで...

63,000円+税 シーエムシー出版 2020/10
5. シランカップリング剤の最新技術動向

シランカップリング剤の最新技術動向The State-of-the-art Technologies for Silane Coupling Agents様々な分野で使われ,今や新規材料の開発に不可欠なシランカップリング剤!最新のシランカップリング剤の化学の発展と応用展開の現状のすべてが分かる一冊!「種類と化学構造,特性」「反応メカニズム」「効果的な使用量と...

53,000円+税 シーエムシー出版 2020/09
6. ポリウレタン原料・製品の市場 2020

ポリウレタン原料・製品の市場 2020Market of Polyurethane 2020イソシアネート、ポリオール、界面活性剤、難燃剤など原料・添加剤の市場動向を詳述!自動車軽量化の軟質ウレタンフォームと断熱材の硬質ウレタンフォーム!需要拡大の塗料、接着、シーラント、エラストマー!堅調な建築資材、寝具、家具、人工皮革、スポーツ用具、医用材料!価格77,0...

70,000円+税 シーエムシー出版 2020/06
7. 難燃剤・難燃材料の市場動向

難燃剤・難燃材料の市場動向Market of Flame Retardants and Fire Retardant Materials電子機器・建築から日用品まで幅広い用途で展開される難燃剤・難燃材料!次世代自動車・車両・航空機用途向けの軽量・高難燃性・リサイクル性に優れた材料開発が大注目!難燃剤・難燃材料の種類・特徴・メーカー動向・国内外の規制など徹底解...

70,000円+税 シーエムシー出版 2020/04
8. 自動運転・運転支援の実現に向けたセンサ開発

自動運転・運転支援の実現に向けたセンサ開発Sensor Development for Realizing Automated-Driving and Driver-Assistance Systems早期実現が求められる自動運転やADASにおいて、周辺環境の認知を担うセンサ開発は喫緊の課題!車載カメラ・ミリ波レーダ・LiDARの開発動向について詳述!画像認...

66,000円+税 シーエムシー出版 2020/03
9. リグニン利活用のための最新技術動向

リグニン利活用のための最新技術動向Recent Advances in Lignin Valorization様々な機能材料の素材として早期実用化が望まれるリグニン!再生可能資源として期待が高まる、最も豊富に存在する天然の芳香族高分子=リグニン!分布と構造解析、分解・抽出、応用展開など、あらゆる角度からリグニン利活用に向けた最新技術動向を詳細に解説!価格58...

66,000円+税 シーエムシー出版 2020/03
10. ポリマーアロイ・ポリマーブレンド ―設計技術と実用化事例―

ポリマーアロイ・ポリマーブレンド ―設計技術と実用化事例―Polymer Alloy / Polymer Blend ―Design Technology and Practical Applications―高性能・高機能な高分子材料を得るために欠かせないポリマーアロイ・ポリマーブレンド!高分子材料・プラスチック複合材料のマテリアルリサイクルの解決手段とし...

53,000円+税 シーエムシー出版 2020/02
11. 透明高分子材料の高屈折率化と屈折率制御

透明高分子材料の高屈折率化と屈折率制御Control and Improvement of High-Refractive-Index Property of Transparent Polymers高屈折率樹脂はスマートフォン用途や車載光学センサ用途など需要が拡大!樹脂製光学レンズ・フィルムの多機能化、薄型化のための屈折率の向上と制御といった課題の解決策を...

53,000円+税 シーエムシー出版 2019/12
12. 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の開発と市場 2020

炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の開発と市場 2020Development and Market of Carbon Fiber Reinforced Plastics(CFRP) 2020低炭素社会実現に向けて、自動車や航空機の軽量化に貢献する材料として脚光を浴びる炭素繊維強化プラスチック!注目を集める量産化のための成形・加工技術について、主要な成形...

80,000円+税 シーエムシー出版 2019/12
13. 発泡プラスチックの技術と市場 2019

発泡プラスチックの技術と市場 2019Technology and Market of Plastic Foaming 2019緩衝性、柔軟性、断熱・保温性、吸音性、軽量化など、優れた特性を有する発泡プラスチック!軽量化や静粛性のニーズが高まっている自動車部品への採用が増加中!2017年には86万トン強の需要量があり、金額ベースの市場規模は6,100億円程度...

80,000円+税 シーエムシー出版 2019/10
14. リチウムイオン二次電池用炭素系負極材の開発動向

リチウムイオン二次電池用炭素系負極材の開発動向Recent Developments of Carbon Anodes for Lithium Ion Batteries電動車、非常用電源、電子デバイス用途で需要が拡大し、さらなる大容量化が求められるリチウムイオン電池!現在主流の黒鉛負極の高機能化や次世代のナノカーボンを用いた負極開発について詳述!現状の課題...

63,000円+税 シーエムシー出版 2019/09
15. ペロブスカイト太陽電池の開発最前線

ペロブスカイト太陽電池の開発最前線Cutting Edge Technologies of Perovskite Solar Cells近年目覚ましい発展を遂げるペロブスカイト太陽電池(PSC)の研究動向を詳述!2019年7月現在、PSCはNREL チャートで多結晶シリコンやCIGSを上回る最高効率24.2%を記録!性能評価や塗布技術について、国内第一線の研...

61,000円+税 シーエムシー出版 2019/07
16. 全固体リチウム電池の開発動向と応用展望

全固体リチウム電池の開発動向と応用展望Recent Developments and Prospective Applications of All-Solid-State Lithium Batteries車載用駆動電源や定置用分散電源の需要拡大を背景に、世界的に研究開発が活発化している全固体リチウム電池!「固体電解質」「電極活物質」「電池作製プロセス技術...

65,000円+税 シーエムシー出版 2019/06
17. エポキシ樹脂の高機能化と市場

エポキシ樹脂の高機能化と市場High Functionality and Market of Epoxy Resin接着剤、塗料を始め電気・電子、土木、航空宇宙、次世代自動車の材料として幅広く使用されるエポキシ樹脂の更なる高機能化への開発動向を網羅!エポキシ樹脂・エポキシ樹脂硬化剤メーカーの動向を詳述!エポキシ樹脂の応用分野別市場情報を掲載!価格99,000...

90,000円+税 シーエムシー出版 2019/05
18. 熱可塑性エラストマーの開発と市場 2019

熱可塑性エラストマーの開発と市場 2019―常温衝撃固化現象活用の最前線―Development and Market of Thermoplastic Elastomers 2019ゴムの特性と熱可塑性樹脂の成形性を併せ持つ注目素材、熱可塑性エラストマー(TPE)!TPEは従来の加硫ゴムと比べて加硫工程不要、高成形加工性、高リサイクル性、軽量!自動車、工業...

85,000円+税 シーエムシー出版 2019/05
19. フレキシブルデバイス用マテリアルの開発と市場

フレキシブルデバイス用マテリアルの開発と市場―常温衝撃固化現象活用の最前線―Development and Market of Materials for Flexible Electronic Devicesエレクトロニクス分野のトレンド「フレキシブルデバイス」についてまとめたマーケット書籍!!基板、接着剤、インク、透明導電膜、その他部材の最新研究動向を詳...

85,000円+税 シーエムシー出版 2019/02
20. エアロゾルデポジション法の新展開 ―常温衝撃固化現象活用の最前線―

エアロゾルデポジション法の新展開 ―常温衝撃固化現象活用の最前線―Progress of Aerosol Deposition Method -Utilization Front Line of Room Temperature Impact Consolidation Phenomenon-前書「エアロゾルデポジション法の基礎から応用まで」の発刊から10年...

80,000円+税 シーエムシー出版 2019/02

1-20 /207 前の一覧次の一覧