該当する情報は 85 件ありました。

1-20 /85 前の一覧次の一覧

タイトル 価格 出版社 発刊日
1. UV・EB硬化技術の最新開発動向

ラジカル重合/紫外線吸収剤/フィラー/照射装置/硬化過程/深部硬化/影部/コーティングインク/ジェット/光ファイバ/レジスト材料/パターン形成/ソルダーレジスト/エンプラ/高屈折率化/接着剤/インキ/アクリル系エラストマー/異種材接着/易解体性接着/光チオールエン反応/吸着材/量子ビーム/3次元積層マイクロ流体デバイス/細胞培養用ハ...

57,000円+税 シーエムシー出版 2021/03
2. 自動車樹脂化の最新動向

リン車から電気自動車へ。自動車産業の大改革期に重要性を増す樹脂材料!車体軽量化や高意匠性を実現すべく自動車部品の樹脂化が進む!CFRP、GFRP、CNFなどの複合材料、スーパーエンプラ、バイオマスプラスチック、そして高級感あふれる内装材からマルチマテリアルまで自動車樹脂化の最新情報を一挙紹介!価格69,300円(税抜 63,000円)出版社シーエムシー出版監修大...

63,000円+税 シーエムシー出版 2020/10
3. 2020年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望

て調査概要目次サンプルPDFデータサービス(FK-Mards)調査概要調査テーマ『2020年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望』調査目的本市場調査資料は、汎用樹脂からエンプラ、スーパーエンプラまで幅広くプラスチックフィルム・シート市場の現状をまとめるとともに、採用用途におけるニーズ・課題、注目用途や新規用途、海外動向や輸出入の状況を把握するこ...

150,000円+税 富士キメラ総研 2020/08
4. 2020 コンパウンド市場の展望とグローバルメーカー戦略

(181)2.PEコンパウンド(193)3.PVCコンパウンド(201)4.PSコンパウンド(208)5.ABS(215)汎用エンプラコンパウンド6.PCコンパウンド(225)7.PA6コンパウンド(236)8.PA66コンパウンド(246)9.POMコンパウンド(256)10.m-PPE(268)11.PBTコンパウンド(278)12.GF-PET(288)スーパーエンプラコンパウンド13.PPSコンパウンド(294)14.LCPコンパウンド(305)15.PA6Tコンパウンド(314)16.PA9T...

150,000円+税 富士経済 2020/02
5. 自動車用ケミカル&マテリアル市場調査総覧 2020

使用材料の変化、加工技術の動向を把握し、今後必要とされる製品のニーズを把握することを調査目的とした。調査対象品目II-1.汎用樹脂6品目PP、PE、ABS・ASA・AES、PC/ABS、PMMA、PVCII-2.エンプラ・熱硬化性樹脂14品目PC、POM、PBT、PA6・PA66、PA11・PA12、耐熱PA、m-PPE、PPS・SPS、LCP、高耐熱樹脂、フッ素、エポキシ、ポリウレタン、不飽和ポリエステルII-3.合成ゴム・エラストマー12...

150,000円+税 富士キメラ総研 2019/10
6. 断熱・遮熱・蓄熱市場の現状と将来展望 2019

材VRFビル用マルチエアコン、Variable Refrigerant FlowxEV電動自動車の総称XPS押出法ポリスチレンフォームZEB(ネット・)ゼロ・エネルギー・ビルZEH(ネット・)ゼロ・エネルギー・ハウスエンプラエンジニアリングプラスチック改正省エネ基準(原則として)「建築物省エネ法に基づく告示」および「省エネ法に基づく告示」に表記された「平成28年省エネルギー基準」建築物...

150,000円+税 富士経済 2019/08
7. プラスチックの環境対応技術

中国政府の対応3.2 グローバル規模の影響及ぼす中国の廃プラスチック輸入規制第5章 実用に基づく各種対応事例第1節 バイオプラスチックの開発第1項 バイオマス由来スーパーエンプラの開発と活用1.XecoTの分子構造と物性の関連性2.応用展開2.1 自動車部材・摺動部材2.2 電気・電子部材第2項 バイオ由来原料を用いた水素添加スチレン系エラストマーの開発1....

60,000円+税 情報機構 2019/06
8. 2019年 特殊粘接着・封止材の市場展望

書籍版/PDF+データ版セット 180,000円+税、ネットワークパッケージ版 300,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。関連書籍 ・2019年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略 ・2019年版 機能性高分子フィルムの現状と将来展望 (上巻)※送料・支払い等について調査概要目次サンプルPDFデータサービス(FK-Mards)調査概要調査テ...

150,000円+税 富士経済 2019/05
9. 2019年 セラミック材料市場の現状と将来展望

ジ版 360,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。関連書籍 ・炭素繊維複合材料(CFRP/CFRTP)関連技術・用途市場の展望 2019 ・2019年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略※送料・支払い等について調査概要目次サンプルPDFデータサービス(FK-Mards)調査概要調査テーマ『2019年 セラミック材料市場の現状と将来展望』~半導体...

180,000円+税 富士経済 2019/01
10. 炭素繊維複合材料(CFRP/CFRTP)関連技術・用途市場の展望 2019

税、書籍/PDF+データ版セット 210,000円+税、ネットワークパッケージ版 360,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。関連書籍 ・2019年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略 ・2019年 発泡プラスチックスの現状と将来展望※送料・支払い等について調査概要目次サンプルPDFデータサービス(FK-Mards)調査概要調査テーマ『炭素繊...

180,000円+税 富士経済 2019/01
11. 2019年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略

2019年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略価格165,000円(税抜 150,000円)出版社富士経済発刊日2018年12月6日体裁A4版 386ページ備考こちらの調査資料にはPDF+データ版 160,000円+税、書籍/PDF+データ版セット 180,000円+税、ネットワークパッケージ版 300,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。関連書籍 ・炭素繊維複合材料...

150,000円+税 富士経済 2018/12
12. “自動運転xEV”を支えるデバイス・部材の市場動向

た自動車の登場が見込まれる。本書では熱硬化性、及び熱可塑性CFRPを分析した。また、車載用で使用されるプラスチック材料の使用状況に変化が生じており、汎用プラ、エンプラ、スーパーエンプラ、熱硬化性樹脂の自動車向けプラスチック市場動向を予測した。 第6章「主要な自動車メーカーのビジネス戦略」では各自動車メーカーを「自動運転」、「EV」、「中国」...

100,000円+税 シーエムシー・リサーチ 2018/12
13. 2019年 発泡プラスチックスの現状と将来展望

フォームC 発泡ゴム・エラストマー(5品目)押出発泡ゴム・エラストマー(自動車用)、板状発泡ゴム、フッ素系ゴム発泡体、シリコーンゴム発泡体、ウレタン系エラストマー発泡体D エンプラ・その他注目フォーム(5品目)変性PPEフォーム、PCフォーム、PAフォーム、バラ状緩衝材、FRP発泡複合体(CFRP・GFRP)E 競合材料、他(6品目)グラスウール、ロックウール、繊維系吸音材...

180,000円+税 富士キメラ総研 2018/10
14. 機能性樹脂コンパウンドの市場 2018

in Compound 2018PPSコンパウンドなど自動車用部品や電装部品での採用が拡大し、他プラスチックからの代替、金属の代替素材として需要拡大中のコンパウンドを探索・解説!汎用樹脂、エンプラ、熱可塑性エラストマーなどの機能性樹脂コンパウンドの市場動向を網羅!レジンメーカーおよび専業コンパウンドメーカーのコンパウンド能力・機械設備・関連企業・海外展開を...

120,000円+税 シーエムシー出版 2018/09
15. 高耐熱樹脂の開発事例集

 難燃性4.耐熱性ポリイミドフィルム「XENOMAX」の応用技術4.1 半導体パッケージ用サブストレート4.2 三次元実装パッケージ4.3 無機薄膜形成用フレキシブル基板第7章 エンプラ、スーパーエンプラの構造、特性と応用展開第1節 PBT樹脂の耐久特性とその用途展開1.PBT樹脂とは2.PBT樹脂の耐久特性 2.1 熱分解2.1.1 熱分解のパターンとPBT樹脂の熱分解機構2.1.2 PBT樹...

80,000円+税 技術情報協会 2018/07
16. 2018年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望

て調査概要目次サンプルPDFデータサービス(FK-Mards)調査概要調査テーマ『2018年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望』調査目的本市場調査資料は、汎用樹脂からエンプラ、スーパーエンプラまで幅広くプラスチックフィルム・シート市場の現状をまとめるとともに、採用用途におけるニーズ・課題、注目用途や新規用途、海外動向や輸出入の状況を把握するこ...

150,000円+税 富士キメラ総研 2018/07
17. 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018

脂(PMMA)3.1.6 その他(SPS、EVOH)3.2 汎用エンプラ3.2.1 ポリカーボネート(PC)3.2.2 汎用系ポリアミド(PA66、66、11、12、MXD6など)3.2.3 ポリブチレンテレフタレート(PBT)3.2.4 ポリアセタール(POM)3.2.5 変性ポリフェニレンエーテル(変性PPE)3.2.6 ポリエチレンテレフタレート(PET)3.2.7 その他3.3 スーパーエンプラ3.3.1 ポリフェニレンスルフィド(PPS)3.3.2 ...

90,000円+税 シーエムシー・リサーチ 2018/04
18. UV硬化樹脂の配合設計、特性評価と新しい応用

現像画像形成によるエンジニアリングプラスチック等への感光性付与1.ポジ型反応現像画像形成2.ネガ型反応現像画像形成2.1 有機溶媒含有現像液系2.2 アルカリ水溶液現像系3.エンプラ-無機ハイブリッドポリマーへのRDPの適用5節 UV硬化型透明絶縁インクの設計と応用事例1.開発コンセプト2.製品ラインナップ2.1 スクリーンタイプの開発2.2 インクジェットタイ...

64,000円+税 技術情報協会 2017/11
19. 2018 コンパウンド市場の展望とグローバルメーカー戦略

加剤・フィラー市場編>系統対象品目汎用樹脂PPコンパウンド、PEコンパウンド、PVCコンパウンド、PSコンパウンド、ABS汎用エンプラPCコンパウンド、PA6コンパウンド、PA66コンパウンド、POMコンパウンド、m-PPE、PBTコンパウンド、GF-PETスーパーエンプラPPSコンパウンド、LCPコンパウンド、PA6Tコンパウンド、PA9Tコンパウンド、PA46コンパウンド、PAEKコンパウンド、PTFEコンパウ...

150,000円+税 富士経済 2017/10
20. 自動車用ケミカル&マテリアル市場調査総覧 2017

握することを調査目的とした。調査対象品目A.汎用樹脂5品目PE(ポリエチレン)、PP(ポリプロピレン)、ABS・ASA・AES、PC/ABS、PMMA(アクリル樹脂)※ABS・ASA・AESの名称は個票を参照B.エンプラ11品目PA6・PA66、PA11・PA12、耐熱PA(PA46・PA6T・PA9T・PA10T・PA11T)、PC(ポリカーボネート)、POM(ポリアセタール)、m-PPE(変性ポリフェニレンエーテル)、PBT(ポリブチレンテレフタレ...

150,000円+税 富士キメラ総研 2017/07

1-20 /85 前の一覧次の一覧