該当する情報は 82 件ありました。

1-20 /82 前の一覧次の一覧

タイトル 価格 出版社 発刊日
1. 自動車室内の静粛性向上と、防音・防振技術、材料の開発

性スチレン系エラストマー「ハイブラー」SV-seriesの開発1.制振性スチレン系エラストマー「ハイブラー」の構造と特性2.「ハイブラー」SV-seriesの特徴3.「ハイブラー」/ SEEPS / oil / PPコンパウンドの物性4.「ハイブラー」 MAh-grafted typeの特徴第5節 熱可塑性ポリオレフィンを用いた制振材料の開発1.高分子制振材の基礎的な考え方1.1 高分子制振材の分類:非拘束型と拘束型1.1.1 ...

80,000円+税 技術情報協会 2021/09
2. 2021年 高機能添加剤・複合材料の現状と将来展望

ン・酸化タングステン、シランカップリング剤、エポキシ硬化剤、乳化剤(水性樹脂用)、水性架橋剤、塗料用・コーティング用添加剤(揺変剤、表面調整剤、分散剤)、高耐熱コンパウンド型剥離剤、熱膨張性マイクロカプセル、医薬品添加剤調査項目1. 製品概要2. 主要参入企業一覧3. 市場動向4. 価格動向5. タイプ・グレード別動向6. 用途別ウェイト(2020年)7. メーカ...

150,000円+税 富士キメラ総研 2021/03
3. 2021年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略

売動向   1)国・地域別市場規模推移と今後の市場予測(2018年実績~2025年予測)   2)国・地域別動向  4.重合・コンパウンド生産能力   1)国・地域別重合能力   2)企業別重合能力(2020年末見込)   3)企業別コンパウンド能力(2020年末見込)  5.分野・用途別販売動向   1)世界市場(2019年実績、2020年見込、2021年予測)   2)国・地域...

150,000円+税 富士経済 2020/12
4. 自動車樹脂化の最新動向

まとめ第3章 エンジニアリングプラスチック・エラストマー1 自動車用ポリプロピレンコンパウンドの高性能化1.1 はじめに1.2 PPコンパウンド材料開発の基礎技術1.2.1 バンパー材開発の歴史1.2.2 バンパー材開発の要素技術1.3 次世代自動車ニーズに対応した高性能コンパウンド材開発1.3.1 更なる軽量化材料1.3.2 快適性材料の開発1.4 今後の展望2 ポリカーボネー...

63,000円+税 シーエムシー出版 2020/10
5. 2020 機能性インキ市場の全貌

書籍版/PDF+データ版セット 180,000円+税、ネットワークパッケージ版 300,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。関連書籍 ・2020 コンパウンド市場の展望とグローバルメーカー戦略 ・2020 微粉体市場の現状と将来展望※送料・支払い等について調査概要目次サンプルPDFデータサービス(FK-Mards)調査概要調査テーマ『2020機能...

150,000円+税 富士経済 2020/05
6. 2020 微粉体市場の現状と将来展望

資料には書籍版/PDF版セット 170,000円+税、ネットワークパッケージ版 300,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。関連書籍 ・2020 コンパウンド市場の展望とグローバルメーカー戦略 ・炭素繊維複合材料(CFRP/CFRTP)関連技術・用途市場の展望 2020※送料・支払い等について調査概要目次サンプルPDFデータサービス(FK-Mards)...

150,000円+税 富士キメラ総研 2020/03
7. 2020 コンパウンド市場の展望とグローバルメーカー戦略

2020 コンパウンド市場の展望とグローバルメーカー戦略価格165,000円(税抜 150,000円)出版社富士経済発刊日2020年2月26日体裁A4版 364ページ備考こちらの調査資料にはPDF+データ版 160,000円+税、書籍版/PDF+データ版セット 180,000円+税、ネットワークパッケージ版 300,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。関連書籍 ・炭素...

150,000円+税 富士経済 2020/02
8. 2020年 加飾・装飾フィルム関連市場の現状と将来展望

ジ版 300,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。関連書籍 ・炭素繊維複合材料(CFRP/CFRTP)関連技術・用途市場の展望 2020 ・2020 コンパウンド市場の展望とグローバルメーカー戦略※送料・支払い等について調査概要目次サンプルPDFデータサービス(FK-Mards)調査概要調査テーマ『2020年 加飾・装飾フィルム関連市場の現状と...

150,000円+税 富士経済 2020/02
9. 炭素繊維複合材料(CFRP/CFRTP)関連技術・用途市場の展望 2020

書籍版/PDF+データ版セット 210,000円+税、ネットワークパッケージ版 360,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。関連書籍 ・2020 コンパウンド市場の展望とグローバルメーカー戦略 ・2020年 エレクトロニクス先端材料の現状と将来展望※送料・支払い等について調査概要目次サンプルPDFデータサービス(FK-Mards)調査概要調...

180,000円+税 富士経済 2020/02
10. 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の開発と市場 2020

空機用途や高機能スポーツ用途、圧力容器・送電線芯材など産業用途において、高品質・高品位のレギュラートウタイプ炭素繊維を使用するCFRPの需要が拡大する一方、風力発電、コンパウンドに加え自動車部材などの軽量と剛性のみが要求される産業用途を中心に、ラージトウタイプ炭素繊維を使用するCFRPの需要が拡大し、「市場の二極化」が進展している。また最近で...

80,000円+税 シーエムシー出版 2019/12
11. プラスチックの環境対応技術

の加工法2.1 ナノ・コンポジット耐熱ポリ乳酸射出成形技術2.2 ポリ乳酸の超臨界微細発泡射出成形技術2.3 ポリ乳酸の薄肉射出成形技術2.4 ポリ乳酸とセルロースファイバーのコンパウンド射出成形技術第3節 植物由来芳香族化合物を出発原料とする高耐熱性プラスチックの開発1.バイオマスプラスチック利用の従来の流れと課題2.植物由来芳香族ヒドロキシ酸につ...

60,000円+税 情報機構 2019/06
12. 熱可塑性エラストマーの開発と市場 2019

に1.1 SIBSTARとは1.2 SIBSの基本特性1.3 SIBSTARの分子構造と特性の関係1.4 ガスバリア性1.5 制振性1.6 耐熱性1.7 成形加工性2 SIBSTARの用途展開2.1 軟質ガスバリアエラストマーコンパウンド2.2 粘着フィルム2.3 樹脂改質3 今後の展開第6章 高耐熱熱可塑性ポリエステルエラストマーの技術・開発動向と車載部品への展開1 はじめに2 TPCの化学構造と物性3 「ペルプ...

85,000円+税 シーエムシー出版 2019/05
13. 押出成形の条件設定とトラブル対策

3.二軸押出機でのフィラー分散特性4.無機ナノコンポジット4.1 スラリー分散法4.2 伸長流動分散法5.ポリマーナノ分散11節 押出機によるポリプロピレンのコンパウンド技術1.自動車用途のPPコンパウンドとは2.単純調色3.フィラー充填PPの混練4.エラストマー強化PPの混練5.押出機の周辺技術12節 配合設計支援システムを用いた配合指示書、混練チャート作成の...

80,000円+税 技術情報協会 2018/12
14. 2019年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略

K)」で取り上げた。調査項目 品目共通 1. 製品概要  1)概要/定義  2)特性・基本物性 2. 主要参入企業 3. 重合・コンパウンド生産能力  1)国・地域別重合能力  2)メーカー別重合能力(2018年Q4時点)  3)メーカー別コンパウンド能力(2018年Q4時点) 4. 国・地域別販売動向  1)国・地域別市場規模推移と今後の市場予測(2016年実績~2022年予測) ...

150,000円+税 富士経済 2018/12
15. 樹脂の溶融混練・押出機と複合材料の最新動向

チックス3.3.2 加工温度が高い汎用エンジニアリングプラスチックス3.4 まとめ4 バイオマスフィラーのプラスチックへの利用4.1 はじめに4.2 WPCの製造4.2.1 WPCの原料4.2.2 WPCのコンパウンド化4.2.3 WPCの成形4.3 WPCの性能4.4 バイオマスフィラーを利用したプラスチックの展望5 長繊維強化複合プラスチックの直接成形システム5.1 はじめに5.2 連続式二軸混練機につ...

86,000円+税 シーエムシー出版 2018/12
16. 機能性樹脂コンパウンドの市場 2018

能性樹脂コンパウンドの市場 2018Market of the Functional Resin Compound 2018PPSコンパウンドなど自動車用部品や電装部品での採用が拡大し、他プラスチックからの代替、金属の代替素材として需要拡大中のコンパウンドを探索・解説!汎用樹脂、エンプラ、熱可塑性エラストマーなどの機能性樹脂コンパウンドの市場動向を網羅!レジンメーカーおよび専業コンパウンドメーカーの...

120,000円+税 シーエムシー出版 2018/09
17. 2018年 高機能エラストマー・応用製品市場の展望

300,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。関連書籍 ・2018年 半導体材料市場の現状と将来展望 ・2018年 耐熱・光学ポリマー/特殊コンパウンドの現状と将来展望※送料・支払い等について調査概要目次サンプルPDFデータサービス(FK-Mards)調査概要調査テーマ『2018年 高機能エラストマー・応用製品市場の展望』 ~熱可塑...

150,000円+税 富士経済 2018/07
18. 2018年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望

税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。関連書籍 ・2018年 高機能エラストマー・応用製品市場の展望 ・2018年 耐熱・光学ポリマー/特殊コンパウンドの現状と将来展望※送料・支払い等について調査概要目次サンプルPDFデータサービス(FK-Mards)調査概要調査テーマ『2018年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望』調査目的...

150,000円+税 富士キメラ総研 2018/07
19. 公開特許から把握する 酸無水物硬化エポキシ樹脂の用途と技術動向

試験規格委員会で、エポキシ樹脂及び酸無水物系硬化剤等のJIS及びISO規格の制定を行う。日立化成工業(株)を定年退職後、(株)寺田でアミン系硬化剤を使用したエポキシ樹脂コンパウンドの開発を行う。<主な著書>●新保正樹編「エポキシ樹脂ハンドブック」、179~209ページの「酸および酸無水物系硬化剤」、日刊工業新聞社(1987年)●「エポキシ樹脂の高機能化...

44,000円+税 情報機構 2018/07
20. 2018年 半導体材料市場の現状と将来展望

税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。関連書籍 ・2018年 高機能エラストマー・応用製品市場の展望 ・2018年 耐熱・光学ポリマー/特殊コンパウンドの現状と将来展望※送料・支払い等について調査概要目次サンプルPDFデータサービス(FK-Mards)調査概要調査テーマ『2018年 半導体材料市場の現状と将来展望』 ~半導体とプロセス材...

150,000円+税 富士経済 2018/07

1-20 /82 前の一覧次の一覧