該当する情報は 36 件ありました。

1-20 /36 前の一覧次の一覧

タイトル 価格 出版社 発刊日
1. 2021年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略

ミド66(PA66) 5. ポリアセタール(POM) 6. ポリブチレンテレフタレート(PBT) 7. ガラス繊維強化ポリエチレンテレフタレート(GF-PET) 8. 超高分子量ポリエチレン(U-PE)B.スーパーエンプラ 9. シンジオタクチックポリスチレン(SPS) 10. ポリアミド11・ポリアミド12(PA11・PA12) 11. ポリアミド610・ポリアミド612(PA610・PA612) 12. ポリアミドMXD6(PAMXD6) 13. ポリ...

150,000円+税 富士経済 2020/12
2. 自動車樹脂化の最新動向

inガソリン車から電気自動車へ。自動車産業の大改革期に重要性を増す樹脂材料!車体軽量化や高意匠性を実現すべく自動車部品の樹脂化が進む!CFRP、GFRP、CNFなどの複合材料、スーパーエンプラ、バイオマスプラスチック、そして高級感あふれる内装材からマルチマテリアルまで自動車樹脂化の最新情報を一挙紹介!価格69,300円(税抜 63,000円)出版社シーエムシー出版監...

63,000円+税 シーエムシー出版 2020/10
3. 2020年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望

概要目次サンプルPDFデータサービス(FK-Mards)調査概要調査テーマ『2020年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望』調査目的本市場調査資料は、汎用樹脂からエンプラ、スーパーエンプラまで幅広くプラスチックフィルム・シート市場の現状をまとめるとともに、採用用途におけるニーズ・課題、注目用途や新規用途、海外動向や輸出入の状況を把握することで、...

150,000円+税 富士キメラ総研 2020/08
4. 2020 コンパウンド市場の展望とグローバルメーカー戦略

215)汎用エンプラコンパウンド6.PCコンパウンド(225)7.PA6コンパウンド(236)8.PA66コンパウンド(246)9.POMコンパウンド(256)10.m-PPE(268)11.PBTコンパウンド(278)12.GF-PET(288)スーパーエンプラコンパウンド13.PPSコンパウンド(294)14.LCPコンパウンド(305)15.PA6Tコンパウンド(314)16.PA9Tコンパウンド(322)17.PAEKコンパウンド(329)18.PTFEコンパウンド(338)添加剤・フィ...

150,000円+税 富士経済 2020/02
5. プラスチックの環境対応技術

題と中国政府の対応3.2 グローバル規模の影響及ぼす中国の廃プラスチック輸入規制第5章 実用に基づく各種対応事例第1節 バイオプラスチックの開発第1項 バイオマス由来スーパーエンプラの開発と活用1.XecoTの分子構造と物性の関連性2.応用展開2.1 自動車部材・摺動部材2.2 電気・電子部材第2項 バイオ由来原料を用いた水素添加スチレン系エラストマーの開発...

60,000円+税 情報機構 2019/06
6. 2019年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略

)  5. ポリアセタール(POM)  6. ポリブチレンテレフタレート(PBT)  7. ガラス繊維強化ポリエチレンテレフタレート(GF-PET)  8. 超高分子量ポリエチレン(U-PE) II.スーパーエンプラ(21品目)  9. ポリアミド610・ポリアミド612(PA610・PA612)  10. ポリアミド11・ポリアミド12(PA11・PA12)  11. ポリアミドMXD6(PAMXD6)  12. ポリアミド46(PA46)  13. ポ...

150,000円+税 富士経済 2018/12
7. “自動運転xEV”を支えるデバイス・部材の市場動向

動車の登場が見込まれる。本書では熱硬化性、及び熱可塑性CFRPを分析した。また、車載用で使用されるプラスチック材料の使用状況に変化が生じており、汎用プラ、エンプラ、スーパーエンプラ、熱硬化性樹脂の自動車向けプラスチック市場動向を予測した。 第6章「主要な自動車メーカーのビジネス戦略」では各自動車メーカーを「自動運転」、「EV」、「中国」、「...

100,000円+税 シーエムシー・リサーチ 2018/12
8. 機能性樹脂コンパウンドの市場 2018

メーカーの生産・事業展開、PP、ABS、PBTなどコンパウンドのコスト分析、樹脂別の市場動向、国別進出企業動向などをまとめた。キーワードコンパウンド/レジン/エンプラ/スーパーエンプラ/熱可塑性エラストマー/軽量化/快適性/意匠性/安全性/カラーリング/難燃剤/ポリマーアロイ/炭素繊維/セルロースナノファイバー/海外展開/設備/生産能力/コス...

120,000円+税 シーエムシー出版 2018/09
9. 高耐熱樹脂の開発事例集

性4.耐熱性ポリイミドフィルム「XENOMAX」の応用技術4.1 半導体パッケージ用サブストレート4.2 三次元実装パッケージ4.3 無機薄膜形成用フレキシブル基板第7章 エンプラ、スーパーエンプラの構造、特性と応用展開第1節 PBT樹脂の耐久特性とその用途展開1.PBT樹脂とは2.PBT樹脂の耐久特性 2.1 熱分解2.1.1 熱分解のパターンとPBT樹脂の熱分解機構2.1.2 PBT樹脂の熱...

80,000円+税 技術情報協会 2018/07
10. 2018年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望

概要目次サンプルPDFデータサービス(FK-Mards)調査概要調査テーマ『2018年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望』調査目的本市場調査資料は、汎用樹脂からエンプラ、スーパーエンプラまで幅広くプラスチックフィルム・シート市場の現状をまとめるとともに、採用用途におけるニーズ・課題、注目用途や新規用途、海外動向や輸出入の状況を把握することで、...

150,000円+税 富士キメラ総研 2018/07
11. 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018

 変性ポリフェニレンエーテル(変性PPE)3.2.6 ポリエチレンテレフタレート(PET)3.2.7 その他3.3 スーパーエンプラ3.3.1 ポリフェニレンスルフィド(PPS)3.3.2 フッ素樹脂(FR)3.3.3 耐熱性PA(PA46、6T、9Tなど)3.3.4 液晶ポリマー(LCP)3.3.5 その他スーパーエンプラ(PEEK、PAR、PES、PEI、TPIなど)3.4 熱硬化性樹脂3.4.1 フェノール樹脂(PF)3.4.2 ポリウレタン(PUR...

90,000円+税 シーエムシー・リサーチ 2018/04
12. 2018 コンパウンド市場の展望とグローバルメーカー戦略

ウンド、PEコンパウンド、PVCコンパウンド、PSコンパウンド、ABS汎用エンプラPCコンパウンド、PA6コンパウンド、PA66コンパウンド、POMコンパウンド、m-PPE、PBTコンパウンド、GF-PETスーパーエンプラPPSコンパウンド、LCPコンパウンド、PA6Tコンパウンド、PA9Tコンパウンド、PA46コンパウンド、PAEKコンパウンド、PTFEコンパウンド添加剤・フィラーガラス繊維、難燃剤※単純着色を...

150,000円+税 富士経済 2017/10
13. ポリイミドの機能向上技術と応用展開

イトへの展開が図られている。本書が、長い歴史を持つポリイミドに新たな命を吹き込み、その発展に貢献できれば幸いである。東京工芸大学松本利彦キーワードポリイミド/スーパーエンプラ/合成/分子設計/評価/透明化/高耐熱化/低熱膨張化/複合化・アロイ化/微粒子化/吸湿化/自己組織化/熱可塑性/感光性/多孔性/耐候性/難燃性/ガス透過・分離性...

74,000円+税 シーエムシー出版 2017/04
14. 2017年 EV・HEV用プラスチック&無機材料の市場展望

テリー7.機能部品4.光学系部品8.車体・骨格<材料編>※自動車用を調査対象とする分類品  目有機汎用樹脂PP、ABS、PVC、PMMA汎用エンプラPC、POM、PBT、m-PPE、GF-PET、PA6、PA66スーパーエンプラPA46、PA11・12、PA6T、PA9T、PPS、LCP、SPS、COP・COC、フッ素樹脂、PEEKエラストマーTPO、TPS、TPC、TPU、合成ゴム熱硬化性樹脂エポキシ樹脂、ポリウレタン樹脂、シリコーン、フェノール...

150,000円+税 富士経済 2017/03
15. 2017年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略

性を調査~調査の目的エンプラ及びエンプラ周辺樹脂を調査し、最新の市場動向を明らかにした。調査ポイント今後の成長国・地域および有望用途先の探索高成長が期待されるスーパーエンプラ市場の最新動向を調査エンプラ市場に対する有力メーカーの今後の方向性調査対象品目 I.汎用エンプラ(9品目)  1.ポリカーボネート(PC)  2.変性ポリフェニレンエー...

120,000円+税 富士経済 2016/10
16. 2016年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望

要目次サンプルPDFデータサービス(FK-Mards)調査概要調査テーマ『2016年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望』調査目的本調査レポートは、汎用樹脂からエンプラ、スーパーエンプラまで幅広くプラスチックフィルム・シート市場の現状をまとめるとともに、採用用途におけるニーズ・課題、注目用途や新規用途、海外動向や輸出入の状況を把握することで、今...

120,000円+税 富士キメラ総研 2016/07
17. 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016

びデータ自動車用のプラスチック全般の最近の技術動向をまとめている。第3章は、230枚以上の部品写真とともに各種自動車用プラスチック(汎用熱可塑性樹脂、汎用エンプラ、スーパーエンプラ、熱硬化性樹脂、その他プラスチック)の用途動向、技術動向をまとめている。第4章は、170枚以上の部品写真とともに部位別の各種部品のプラスチックの採用動向をまとめて...

80,000円+税 シーエムシー・リサーチ 2016/02
18. 2016 コンパウンド市場の展望と世界戦略

パウンド6.PCコンパウンド 7.PA6コンパウンド 8.PA66コンパウンド 9.POMコンパウンド10.変性ポリフェニレンエーテル(m-PPE) 11.PBTコンパウンド 12.ガラス繊維強化PET(GF-PET)■スーパーエンプラコンパウンド13.PPSコンパウンド 14.LCPコンパウンド 15.PA6Tコンパウンド 16.PA9Tコンパウンド 17.PA10T・11Tコンパウンド■CFRTP18.熱可塑性炭素繊維強化樹脂(CFRTP)※単純着色を...

150,000円+税 富士経済 2015/10
19. 2014年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望

要目次サンプルPDFデータサービス(FK-Mards)調査概要調査テーマ『2014年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望』調査目的本調査レポートは、汎用樹脂からエンプラ、スーパーエンプラまで多種多様なプラスチックフィルム・シート市場(国内および世界)の現状をまとめるとともに、採用用途の動向、注目成長分野、新規用途、技術開発のトレンドを把握すること...

97,000円+税 富士キメラ総研 2014/10
20. 2015年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略

ミド66 (PA66)  5. ポリアセタール(POM)  6. ポリブチレンテレフタレート(PBT)  7. ガラス繊維強化ポリエチレンテレフタレート(GF-PET)  8. 超高分子量ポリエチレン(UHMW-PE) II.スーパーエンプラ(19品目)  9. ポリアミド11・ポリアミド12 (PA11・PA12)  10. ポリアミド46(PA46)  11. ポリアミド610(PA610)  12. ポリアミドMXD6(PAMXD6)  13. ポリアミド6T (PA6T)  14. ポリアミド9...

120,000円+税 富士経済 2014/09

1-20 /36 前の一覧次の一覧