該当する情報は 36 件ありました。

21-36 /36 前の一覧次の一覧

タイトル 価格 出版社 発刊日
21. エンプラ市場の分析と用途開発動向 2013

どの各種特性が優れた熱可塑性樹脂である。エンプラはその耐熱性から汎用エンプラ、スーパーエンプラに二分される。前者には、ポリカーボネート、汎用系ポリアミド、熱可塑性ポリエステル(PBT、G-PET)、ポリアセタール、変性ポリフェニレンエーテルがある。スーパーエンプラには、フッ素樹脂、ポリフェニレンスルフィド、液晶ポリマー、高耐熱ポリアミド、スル...

98,000円+税 シーエムシー・リサーチ 2013/11
22. 機能性樹脂コンパウンドの経済性分析と市場

1 ポリアミド(PA)2.2 ポリカーボネート(PC)2.3 ポリアセタール(POM)2.4 変性ポリフェニレンエーテル(m-PPE)2.5 ポリブチレンテレフタレート(PBT)2.6 特殊エンプラ・スーパーエンプラ3 熱可塑性エラストマー(TPE)市場とコンパウンド動向第4章 コンパウンド業界の海外展開1 総合・専門商社のコンパウンド事業展開(1)稲畑産業(2)伊藤忠商事(3)双日...

70,000円+税 シーエムシー出版 2013/11
23. 2014 コンパウンド市場の展望と世界戦略

5)2) 2012年と2017年の世界コンパウンド市場の展望(6)3.世界における樹脂別コンパウンド市場推移と予測(2011年実績~2017年予測)(7)1) 汎用樹脂(7)2) 汎用エンプラ(8)3) スーパーエンプラ(9)4.中国における樹脂別コンパウンド市場推移と予測(2011年実績~2017年予測)(10)5.日本・中国を除くアジアにおける樹脂別コンパウンド市場推移と予測(2011年実績~2017年...

138,000円+税 富士経済 2013/10
24. 躍進するポリイミドの最新動向V 特別版(CD付)

せん。※送料・支払い等についてはじめに目次はじめに最先端技術開発分野で必要とされる過酷な要求特性に対応できる高分子材料はポリイミドしかありません。ポリイミドはスーパーエンプラの中で最高の耐熱性を有し、強靭であり、電気特性にも優れています。ポリイミドは1950年代後半に、米ソ冷戦時代の宇宙開発競争の中で生まれ、軍事用のロケット(ミサイル)...

115,000円+税 住ベリサーチ 2013/01
25. 2012年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望

査対象品目調査項目目次サンプルPDFデータサービス(FK-Mards)調査の背景プラスチックフィルム・シートは、樹脂(ポリマー)の代表的な加工方法であり、汎用樹脂からエンプラ、スーパーエンプラまで、様々なフィルム・シートが上市されており、市場を形成している。採用される用途は多岐にわたり、食品容器・包装、エレクトロニクス、電子材料、自動車、エネルギー...

97,000円+税 富士キメラ総研 2012/08
26. 2012年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略

ミド6 (PA6)4. ポリアミド66 (PA66)5. ポリアセタール(POM)6. ポリブチレンテレフタレート(PBT)7. ガラス繊維強化ポリエチレンテレフタレート(GF-PET)8. 超高分子量ポリエチレン(UHMW-PE)II. スーパーエンプラ(19品目)9. シンジオタクチックポリスチレン(SPS)10. ポリシクロヘキシレンジメチレンテレフタレート(PCT)11. ポリアミドMXD6(MXD6)12. ポリアミド11・12 (PA11・12)13. ポリアミド46(PA46)...

97,000円+税 富士経済 2012/07
27. 2012 EV・HEV用プラスチック市場の現状と将来展望

上記課題を踏まえて現状の市場動向を正確に把握するため、本書ではとに分けて、それぞれの市場を把握できる構成としている。では、汎用樹脂(4品目)・汎用エンプラ(7品目)・スーパーエンプラ(6品目)・エラストマー(5品目)・熱硬化性樹脂(5品目)、その他(2品目)の合計29品目を取り上げた。また、競合素材の金属についても「アルミニウム合金」と「高張力鋼板(ハイテン)...

97,000円+税 富士経済 2012/01
28. 最新熱設計手法と放熱対策技術

ネカ 電材事業部 GS開発グループ渡辺佳久コスモ石油ルブリカンツ株式会社 新商品開発室 事業グループ グループ長岡本 敏住友化学株式会社 情報電子化学品研究所 スーパーエンプラグループ 上席研究員;グループマネージャー西 剛伺日本AMD株式会社 ジャパンエンジニアリングラボ プラットフォーム技術部 シニアエンジニア松木隆一新光電気工業株式...

70,000円+税 シーエムシー出版 2011/12
29. 2012 コンパウンド市場の展望と世界戦略

ンパウンド市場の情勢は、今も刻々と変化し続けていることから、最新動向を把握することは極めて重要な課題である。このため本レポートでは、主要な汎用樹脂・エンプラ・スーパーエンプラについて、最新の世界市場動向を纏めている。また、今回も前回版に引き続き、バイオプラスチックと難燃剤の市場動向をより深くアップデートした内容としている。環境対策...

138,000円+税 富士経済 2011/09
30. 化学素材:2010年 エンプラ市場の展開とグローバル戦略

ンプラ(エンジニアリングプラスチックス)市場の調査を行い、定期刊行資料『2010年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略』としてまとめました。2010年版では汎用エンプラ、スーパーエンプラに加えて、自動車産業やエレクトロニクス産業などでエンプラと同様に高機能材料として用いられている機能性樹脂5種類(PMMA、透明ABS、耐熱ABS、COP,COC、PEN)を新たに調査品目...

97,000円+税 富士経済 2010/08
31. 樹脂・素材:2010年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望

2010年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望 汎用樹脂からスーパーエンプラまでフィルム・シート市場を完全網羅し成長分野を徹底分析!価格106,700円(税抜 97,000円)出版社富士キメラ総研発刊日2010年05月26日体裁A4版 371ページ関連書籍・2018 コンパウンド市場の展望とグローバルメーカー戦略・2016年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望※送料・...

97,000円+税 富士キメラ総研 2010/05
32. 化学素材:2010年 耐熱・光学ポリマー/特殊コンパウンドの将来展望

が加速している。よりニーズに対応するため、ポリマーの高機能化やコンパウンド技術を駆使し、各社対応を行っている。本調査レポートでは、汎用プラスチック、エンプラ、スーパーエンプラ、熱硬化性樹脂、特殊ポリマーなどのうち、耐熱性、透明性に優れる主要ポリマー36品目を取り上げ、各市場の分析、さらに全体の需要構造を把握し、導電・帯電防止、電磁波防...

97,000円+税 富士キメラ総研 2010/04
33. 樹脂・素材:2010 コンパウンド市場の展望と世界戦略

azil IND.E COM. LTDA.、スミカ ポリマー コンパウンズ サウジアラビアコンパウンド市場編※1. 汎用樹脂5品目PP、PE、PS、ABS、PVC2. 汎用エンプラ7品目PC、POM、PBT、PA6、PA66、m-PPE、GF-PET3. スーパーエンプラ5品目PPS、PA46、PA6T、PA9T、LCP※ PP、PE、PS、PC、POM、PBT、PA6、PA66に関しては、調査対象とするコンパウンドの範囲を、単純着色を除いた機能性コンパウンド(難燃、GF、無機フィラ...

97,000円+税 富士経済 2009/10
34. 製品高付加価値化のためのエレクトロニクス材料

瀬栄寿1.1 はじめに1.2 分岐ポリイミドの合成例1.3 熱硬化型分岐ポリイミド樹脂1.3.1 溶剤溶解性1.3.2 硬化物性1.3.3 光学特性1.4 おわりに2. 超耐熱性熱可塑性ポリマー―スーパーエンプラPEEKを用いた高付加価値エレクトロニクス用材料―澤田克己2.1 はじめに2.2 PEEKの歴史、需給動向2.3 ベスタキープの商品群と主な特長2.4 各産業分野におけるベスタキープ(電...

65,000円+税 シーエムシー出版 2009/03
35. 精密高分子の基礎と実用化技術

構造材小林定之、秋田大、井上隆1.1 はじめに1.2 リアクティブブレンド1.3 ナノミセル生成とモルホロジー形成1.4 力学的性質1.5 実用特性1.6 おわりに2. 絶縁フィルム:スーパーエンプラとしてのPPEアロイ古田元信、井上隆3. 非ハロゲン難燃性電線被覆材杉田敬祐、渡辺清、井上隆3.1 緒言3.2 開発コンセプト3.2.1 開発材料の位置づけ3.2.2 開発方針3.3 新規非ハ...

70,000円+税 シーエムシー出版 2008/11
36. 次世代構造材料の最新技術―社会・産業へのインパクト―

、期待に応えていくのに、大きな役割を担うことになる。CO2削減のための高効率エネルギー機器用セラミック等の耐熱構造材料、燃費向上のための炭素繊維強化プラスチックやスーパーエンプラ等の軽量・高強度構造材料、世界のインフラの新設・増設のための高耐食・高強度鋼等の高性能構造材料、安全・安心社会のためのスマート構造材料、次世代ロボットや宇宙航...

65,000円+税 シーエムシー出版 2008/05

21-36 /36 前の一覧次の一覧