該当する情報は 97 件ありました。

1-20 /97 前の一覧次の一覧

タイトル 価格 出版社 発刊日
1. 2022年 循環型プラスチック・素材の新展望

採択事業一覧(16)(2)「脱炭素社会を支えるプラスチック等資源循環システム構築実証事業(補助事業)」の採択事業一覧(17)(3)「セルロースナノファイバー活用製品の性能評価事業委託業務」の概要(18)(4)「セルロースナノファイバーリサイクルの性能評価等事業」の概要(18)4)経済産業省/NEDOにおける循環型プラスチック・素材関連の助成事業(19)(1...

190,000円+税 富士経済 2022/03
2. DX/サステナブル社会における有機エレクトロニクスの将来展望 2022

品目金属ナノインク、ストレッチャブルペースト、低温実装用ペースト、インクジェット対応絶縁材料、ナノインプリント用樹脂材料、QDインク基板材料4品目ポリイミドフィルム、セルロースナノファイバー、特殊紙、ストレッチャブルフィルム印刷装置3品目インクジェット印刷機、スクリーン印刷機、インプリント装置合計41品目-調査項目【デバイス】 1.製品概要・...

180,000円+税 富士キメラ総研 2022/02
3. 2022 コンパウンド市場の展望とグローバルメーカー戦略

21. PTFEコンパウンド  22. 溶融フッ素樹脂コンパウンド <添加剤・フィラー>  23. 臭素系難燃剤  24. リン系難燃剤  25. 難燃助剤  26. ガラス繊維  27. 炭素繊維  28. セルロースナノファイバー  29. タルク  30. 木質・バイオ系フィラー  31. 紙パウダー  32. ノイズ抑制材料(ミリ波用)調査項目A. 企業事例編 1. 企業概要 2. コンパウンド生産体制...

150,000円+税 富士経済 2021/12
4. 金属ナノ粒子、微粒子の合成、調製と最新応用技術

2.1 銅微粒子分散液の特徴2.2 亜酸化銅微粒子分散液の特徴3.導体膜の形成技術3.1 乾燥膜の重要性3.2 導体膜の特徴3.3 導体化のメカニズム3.4 導体膜の例3.5 課題第4節 金ナノ粒子とセルロースナノファイバの複合化によるフレキシブル金薄膜の作製技術1.ナノめっき技術による薄膜形成2.金ナノ粒子を用いた金箔の形成3.金箔の応用第5節 無電解反応によりシリコ...

80,000円+税 技術情報協会 2021/10
5. 世界のCCU・カーボンリサイクル 最新業界レポート

 用途9.4 業界動向9.5 企業動向① 三菱ケミカル10 酢酸セルロース10.1 概要10.2 製造法10.3 用途10.4 企業動向① ダイセルポリマー② Solvay③ BAT British American Tobacco11 木粉などバイオマスと石油由来プラスチックとの複合系11.1 概要11.2 Wood Plastic Composite11.3 竹繊維複合系11.4 米複合系11.5 セルロース複合樹脂11.6 企業動向① バイオマスレジン南魚沼② ソ...

170,000円+税 シーエムシー・リサーチ 2021/09
6. 世界のCCS・CO2分離回収技術 最新業界レポート

体吸収法, 膜分離法などのCO2の分離・回収法のコストを比較分析!IGCC, BECCSなどの今後の技術とCCSとの関係, 参入する企業, 及び業界動向を追った!CO2分離膜に使用されている, 酢酸セルロースやポリイミドなどの高分子膜の開発状況とは!ゼオライト, シリカ, 炭素などの無機膜の種類, 性能実績, 及び, 開発・業界動向を詳述!三次回収におけるCO2のマイクロバブル技術化(...

150,000円+税 シーエムシー・リサーチ 2021/07
7. 高分子材料の劣化・変色対策

震性3.防火性4.省エネルギー性5.安全性6.意匠性7.今後の展開第8節 セルロースナノファイバー(CNF)を配合した木材用塗料の開発と耐候性1.セルロースナノファイバー(CNF)の木材用塗料への配合1.1 セルロースナノファイバー(CNF)1.2 セルロースナノファイバー(CNF)の木材用塗料としての適性評価2.セルロースナノファイバー(CNF)の木材用耐候性塗料への配合と性能評価2.1 耐候...

80,000円+税 技術情報協会 2021/05
8. 2021年 高機能添加剤・複合材料の現状と将来展望

調査対象対象品目A 機械的改善(15品目)ガラス繊維(熱可塑性樹脂用)、ガラス繊維(熱硬化性樹脂用)、炭素繊維(PAN系)、炭素繊維(ピッチ系)、アラミド繊維・パウダー、セルロースナノファイバー・ ナノクリスタル、摺動性付与剤、流動性改善剤、粘着性付与剤(タッキファイヤー)、耐衝撃改質剤(モディファイヤー)、α-オレフィンコポリマー、相溶化剤(...

150,000円+税 富士キメラ総研 2021/03
9. エレクトロスプレー/スピニング法とその応用 ―材料合成・成形・加工技術―

トと静電塗布装置のラインナップ10 神奈川大学での静電塗布装置を用いた研究11 おわりに【第II編 応用】<材料・化合物合成>第1章 木材成分セルロースとリグニンのエレクトロスピニング1 はじめに2 セルロースのエレクトロスピニング2.1 プラスチック表面へのCAのエレクトロスピニング3 リグニンのエレクトロスピニング3.1 酢酸リグニンの乾式電界紡糸3.2...

57,000円+税 シーエムシー出版 2021/03
10. 自動車樹脂化の最新動向

ば嬉しく思います。2020年10月大庭塾 大庭敏之キーワードプラスチック/軽量化/複合材料/炭素繊維強化プラスチック(CFRP)/ガラス繊維強化プラスチック(GFRP)/成形技術/セルロースナノファイバー強化プラスチック/エンジニアリングプラスチック/ポリプロピレン/次世代自動車/ポリカーボネート/内外装/樹脂グレージング/ポリアミド/配管/エラスト...

63,000円+税 シーエムシー出版 2020/10
11. シランカップリング剤の最新技術動向

/表面処理/分析・評価/密着性解析/ゴム混練物/フィラー/濡れ性・付着制御/微粒子分散/ナノコンポジット/エポキシ樹脂/ナノインプリント/シリカ複合化/透明樹脂/セルロース繊維/細胞接着制御技術/歯科材料/文化財保存修復/シラノール/長鎖スペーサー型シランカップリング剤著者一覧中村吉伸大阪工業大学中北一誠ラテリアル事務所平井智康大...

53,000円+税 シーエムシー出版 2020/09
12. 2020年 バイオケミカル・脱石油化学市場の現状と将来展望

フェノール、BTX・FDCA、セバシン酸、ファルネセンB.バイオプラスチック(18品目)PE、PP、PET・PEF、PTT、PA、イソソルバイドPC、SAP、PU、エポキシ、PLA、PBS、PHBH、PBAT、フラン樹脂、酢酸セルロース、でんぷん系、でんぷん系(ガスバリア)、トチュウエラストマーC.脱石化プラスチック (3品目)CO2由来PC、ケミカルリサイクルプラスチック、マテリアルリサイクルプラスチックD.添...

150,000円+税 富士キメラ総研 2020/08
13. 高機能化が進むエポキシ樹脂の最新動向

防食対応塗料・VOC対応塗料11.3 粉体塗料11.4 塗料用エポキシ樹脂11.5 電着塗装用エポキシ樹脂11.6 電磁波シールド塗料第12章 繊維強化エポキシ複合材料12.1 CFRPの開発動向12.2 セルロースナノファイバー複合材料12.3 カーボンナノチューブ複合材料12.4 タンパク質繊維第13章 エポキシ樹脂の応用製品13.1 ナノインプリント13.2 光導波路13.3 エポキシモノリスの技...

95,000円+税 住ベリサーチ 2020/07
14. 2020 微粉体市場の現状と将来展望

、PPS、PAI)、その他熱硬化性樹脂微粒子(フェノール、ベンゾグアナミン・メラミン、全芳香族ポリエステル、PI)、高吸水性樹脂F.その他ナノ材料(2品目)カーボンナノチューブ、セルロースナノファイバー2.注目用途別パウダー注目用途(6用途)生分解性パウダー、3Dプリンター用金属パウダー、3Dプリンター用樹脂パウダー、触媒用パウダー、ファインセラミックス...

150,000円+税 富士キメラ総研 2020/03
15. リグニン利活用のための最新技術動向

可能資源・エネルギー利用の重要性が高まっている。特に、非可食性であり且つ蓄積量の多い木質(リグノセルロース)バイオマスからの工業原材料や液体燃料生産に関する必要性と関心が近年世界的に頓に高まっている。木質多糖の利用については、セルロースナノファイバーなど高次構造を生かした利用技術開発や糖化発酵技術開発が進捗しているが、リグニンの大...

66,000円+税 シーエムシー出版 2020/03
16. 炭素繊維複合材料(CFRP/CFRTP)関連技術・用途市場の展望 2020

プリンタ/付加製造装置、ウォータージェット、ドリル・エンドミル、非破壊検査装置、CFRTP加熱装置、異種材接合、コア材、ピッチ系炭素繊維、ガラス繊維複合材料(連続繊維)、セルロースナノファイバー、バサルト繊維、アラミド繊維、異種繊維複合材料C.用途別市場分析編(7品目+簡易個票)自動車(車両骨格・構造部品/外板・外装部品他)、航空機、圧力容器...

180,000円+税 富士経済 2020/02
17. 発泡プラスチックの技術と市場 2019

できる。本書【技術編】では、第一線でご活躍中の専門家の方々にお願いし、発泡プラスチック概論、成形技術、各種発泡剤、ポリウレタンフォーム、MuCell、自動車部材への応用、セルロースナノファイバー強化プラスチック発泡体など、注目のトピックスを中心に執筆して頂いた。【市場編】では、まず発泡プラスチック全体の市場を分析し、続いて機能性、各種発泡...

80,000円+税 シーエムシー出版 2019/10
18. 断熱・遮熱・蓄熱市場の現状と将来展望 2019

密度ポリエチレンフォーム   6.ポリプロピレンフォーム   7.ポリカーボネートフォーム   8.変性PPEフォーム   9.グラスウール   10.ロックウール   11.セルロースファイバー   12.セラミックファイバー   13.カーボンファイバー   14.真空断熱材   15.バーミキュライト   16.フュームドシリカ(非晶質シリカ)   17....

150,000円+税 富士経済 2019/08
19. プラスチックの環境対応技術

性バイオマスプラスチックの加工法2.1 ナノ・コンポジット耐熱ポリ乳酸射出成形技術2.2 ポリ乳酸の超臨界微細発泡射出成形技術2.3 ポリ乳酸の薄肉射出成形技術2.4 ポリ乳酸とセルロースファイバーのコンパウンド射出成形技術第3節 植物由来芳香族化合物を出発原料とする高耐熱性プラスチックの開発1.バイオマスプラスチック利用の従来の流れと課題2.植物由...

60,000円+税 情報機構 2019/06
20. 2019 メディカル・ライフサイエンスケミカルの現状と将来展望

血液バッグ、白血球除去膜、輸血用フィルター、血漿分離膜、血液回路、輸液バッグ・ボトル、PTPシート、3D 模型F.関連素材(12品目)医薬品添加剤、PSU・PES 膜、PA 膜、PVDF 膜、ニトロセルロース膜、ゼラチン、コラーゲン、リン脂質、診断薬用酵素、診断薬用抗体、診断薬用微粒子、診断薬用磁性微粒子調査項目 1.製品概要 2.主要参入企業一覧 3.業界構造・サプラ...

150,000円+税 富士キメラ総研 2019/05

1-20 /97 前の一覧次の一覧