該当する情報は 72 件ありました。

1-20 /72 前の一覧次の一覧

タイトル 価格 出版社 発刊日
1. 防汚・防水・防曇性向上のための材料とコーティング、評価・応用

の撥水・親水性付与技術2.1 建築用防汚ガラス2.2 自動車用撥水ガラス2.3 指紋付着防止ガラス2.4 生体親和性コーティング2.5 親水ミラー第6節 ACC法で製造されたセルロースナノファイバーの疎水・親水コーティング効果1.キャストフィルムの対水接触角2.表面コーティング剤としてのACC-ナノセルロース3.疎水性樹脂用表面スイッチイング剤としてのACC-ナノセルロース4....

80,000円+税 技術情報協会 2018/08
2. 2018 電池関連市場実態総調査 No.1

などとも呼ばれる。■インターカレーション層状構造を持つ化合物に、化学種を層間に取り込む反応のこと。■エレクトロスピニング法ポリマー溶液に高電圧を加え、直径数nmのナノファイバーを得る技術。■オリビン型正極活物質六方密充填酸素骨格を持つ結晶構造の一つ。天然のカンラン石(英名:オリビン)がこの構造をもつことからオリビンと呼ばれる。■ガーネ...

150,000円+税 富士経済 2018/07
3. 発泡樹脂、多孔性樹脂の高強度化と応用技術

果4.結論5.今後の開発方針3節 オレフィン改質ポリスチレン系樹脂発泡成形体の構造、特性とその応用1.ピオセランの構造2.ピオセランの特性3.自動車部材への応用4節 セルロースナノファイバー複合樹脂の微細発泡技術1.変性CNF/PA6発泡体の作製2.材料組成の影響3.発泡成形条件の影響4.線熱膨張率5節 セルロースナノフィラー材の発泡成形シミュレーション1.CAEの歴史2.発...

70,000円+税 技術情報協会 2018/03
4. セルロースナノファイバー

セルロースナノファイバー~実用化に向けた製造・複合化・評価技術~価格55,000円+税出版社情報機構発刊日2018年02月23日体裁B5判 266ページISBN978-4-86502-146-2書籍番号BC180201 ※送料・支払い等について 本書のポイント執筆者目次本書のポイント●CNF市場状況の把握、特許公報から見る実用化のポイントと用途開発の状況・CNFの特性を活かせる有望な用途や分野は?国内外での...

55,000円+税 情報機構 2018/02
5. 樹脂/繊維複合材料の界面制御、成形加工と評価

リアル!!爆発的な普及の壁となる『強度』『長期耐久性』『加工時間』『コスト』の改善!樹脂/繊維複合材料の界面制御、成形加工と評価~炭素繊維/ガラス繊維/セルロースナノファイバー~価格80,000円+税出版社技術情報協会発刊日2018年01月31日体裁A4判 500ページISBNコード978-4-86104-690-2商品コード1928 ※送料・支払い等について 執筆者目次執筆者※敬称略蛯名武雄(...

80,000円+税 技術情報協会 2018/01
6. 2018 フレキシブル/有機/プリンテッドエレクトロニクスの将来展望

L関連材料5品目蒸着型有機EL発光材料、塗布型有機EL発光材料、撥液バンク材、有機EL用封止材、円偏光板基板3品目ポリイミドワニス・フィルム、フレキシブルガラス、セルロースナノファイバー印刷装置5品目インクジェット印刷機、スクリーン印刷機、フレキソ・グラビア・グラビアオフセット印刷機、インプリント装置、3Dプリンター合計42品目調査項目 <デバイス製...

120,000円+税 富士キメラ総研 2018/01
7. UV硬化樹脂の配合設計、特性評価と新しい応用

新規UV-LEDランプ-線引き装置用新規UV-LEDランプ-ドロータワーシミュレーター-セカンダリーコーティング材のDTS評価結果-プライマリーコーティング材のDTS評価結果8節 セルロースナノファイバー/水性紫外線硬化型ポリマーの複合化とフィルム物性1.セルロースナノフィバー2.水性UV硬化型樹脂3.水性UV硬化型樹脂とCNFの複合化3.1 水性UV硬化樹脂との複合化適性を有する...

80,000円+税 技術情報協会 2017/11
8. 2017年版 バイオマス利活用技術・市場の現状と将来展望

燃料  2.固体バイオ燃料(木質ペレット、オイルパーム残渣等)  3.バイオガス  4.藻類利用製品  5.バイオマスプラスチック  6.ウッドケミカルス(セルロースナノファイバー、リグニン)調査方法関係企業、研究機関、官公庁等への直接取材を原則とし、公的データ、各種公表資料をその補完として活用調査期間2017年4月~7月調査担当株式会社富士経済...

150,000円+税 富士経済 2017/08
9. 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集

ウレタンの合成、ナノファイバーへの応用1.ナノファイバー2.エレクトロスピニング法3.シリコーン変性ポリウレタン3.1 反応性シリコーン成分の合成法19)3.2 シリコーン変性ポリウレタンの合成4.シリコーン変性ポリウレタン系ナノファイバー4.1 シリコーン変性ポリウレタン系ナノファイバーの製法4.2 シリコーン変性ポリウレタン系ナノファイバーの性質4.3 エレク...

80,000円+税 技術情報協会 2017/07
10. 光学樹脂の屈折率、複屈折制御技術

良2.2.1 改良のポイント2.2.2 結果と考察2.3 耐光性と分散性の検証第3節 TEMPO酸化セルロースナノファイバーを分散させた透明高分子複合材料の開発1.研究背景1.1 セルロースナノファイバー1.2 セルロースナノファイバー/高分子複合材料2.TEMPO酸化セルロースナノファイバー/セルローストリアセテート複合材料2.1 調製方法2.2 光学物性2.3 力学物性2.4 熱機械物性...

80,000円+税 技術情報協会 2017/07
11. 自動車用ケミカル&マテリアル市場調査総覧 2017

ラストマー)E.鉄/非鉄金属7品目アルミニウム合金、マグネシウム合金、軟鋼、高張力鋼、ホットスタンプ材、銅、リチウムF.添加剤3品目ガラス繊維、炭素繊維、CNF(セルロースナノファイバー)G.加工品・応用素材5品目自動車用塗料(中塗り・上塗り用)、構造用接着剤、接着性フィルム・繊維、ガラス・グレージング、中間膜合計45品目-調査項目 1. 製品概要 2. 市場...

150,000円+税 富士キメラ総研 2017/07
12. 2017年 高機能添加剤・ハイブリッドマテリアルの現状と将来展望

握を行った。調査対象調査対象対象品目添加剤・フィラー編A.機械的改善(12品目)ガラス繊維、炭素繊維(PAN系)、炭素繊維(ピッチ系)、アラミド繊維・パウダー、セルロースナノファイバー、摺動性付与剤、流動性改善剤、粘着性付与剤(タッキファイヤー)、耐衝撃改質剤(モディファイヤー)、α-オレフィンコポリマー、相溶化剤(オレフィン用)、相溶化剤(...

150,000円+税 富士キメラ総研 2017/06
13. 2017年 EV・HEV用プラスチック&無機材料の市場展望

、部位、車種別に採用動向を明示化する車種(全自動車・EV・HEV)別、樹脂別、部位別に一台あたり使用量の定量分析各国の生産台数実績と予測に基づく実態市場の把握セルロースナノファイバー、CFR(T)P・競合素材(アルミ合金、高張力鋼板)等の最新動向調査対象品目<部位編>分類品  目部位1.エンジンルーム5.燃料系部品9.内装2.電気・電子品6.機構部品10.外装3...

150,000円+税 富士経済 2017/03
14. ヘルスケア・ウェアラブルデバイスの開発

に2.2 ワイヤレスボディエリアネットワーク2.3 人体通信を利用したマルチメディア映像・音声信号の伝送2.4 人体通信技術の自動車システムへの適用2.5 まとめ3 セルロースナノファイバーを用いた折り畳み可能な透明導電膜とペーパー太陽電池3.1 背景と目的3.2 結果および考察3.3 結論4 ウェアラブル呼気センサのための半導体ナノ材料4.1 はじめに4.2 酸化モリ...

76,000円+税 シーエムシー出版 2017/03
15. 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術

スタックへの適用検討例4.1 放熱シート4.2 試験方法4.3 温度特性5.プリント基板への適用検討例5.1 基板5.2 試験方法5.3 測定結果6.課題第15節 熱伝導性無機粒子とセルロースナノファイバーの複合化による放熱材料の開発1.CNFの製造及びその特性について2.表面エステル化修飾CNFの一段階調製法について3.アセチル化修飾CNFをマトリックスとした複合化放熱材3.1 複合...

80,000円+税 技術情報協会 2017/01
16. 高熱伝導樹脂の設計・開発

)キーワード放熱設計/小型軽量化/半導体・電子デバイス/パワー半導体/パワーモジュール/次世代自動車/照明/LED/絶縁材料/エポキシ樹脂/液晶ポリマー/セルロースナノファイバー/フィラー/AIN/h-BN/カーボンナノチューブ/炭素繊維/コンポジット材料/熱伝導性予測/熱伝導率測定著者一覧伊藤雄三工学院大学上利泰幸(地独)大阪市立工業研究所池内...

72,000円+税 シーエムシー出版 2016/12
17. 第三・第四世代ポリマーアロイの設計・制御・相容化技術

わりに第5節 リアクティブプロセッシングによる植物バイオマス/ポリマー複合体の開発1. はじめに2. 木材とPPとの複合体に関する研究3. ポリオレフィン/デンプン/セルロースナノファイバー複合体の開発4. おわりに第8章 ポリマーアロイの解析手法第1節 ポリマーアロイおよびフィラー含有ポリマーの透過型電子顕微鏡(TEM)を中心とした解析1. はじめに2. TEMの原理と特...

60,000円+税 S&T出版 2016/11
18. 電磁波吸収・シールド材料の設計、評価技術と最新ノイズ対策

ールド効果を有するナノファイバー不織布の作製2.1 ナノファイバー不織布の作製2.2 金属磁性材料Ni-Feの被覆2.3 電磁波シールド特性2.3.1 単層ナノファイバー不織布のSE2.3.1.1 Ni-Fe被覆ナノファイバー不織布におけるSEの周波数特性2.3.1.2 Ni-Fe被覆ナノファイバー不織布におけるSEとNi-Feスパッタ時間の関係2.3.1.3 Ni-Fe被覆PANフィルムとナノファイバー不織布のSEの比較2.3...

80,000円+税 技術情報協会 2016/09
19. ポリプロピレンの構造制御と複合化、成形加工技術

練(混合と分散)-成形方法2.3 ウッドプラスチックの機械的物性(木粉による補強効果)-曲げ物性、引張物性-他フィラー材料との比較7節 ポリプロピレンへのセルロースナノファイバーの分散1.機械的混合による分散法2.セルロースの疎水化による分散性改善3.開繊方法による分散性改善4.高分子分散剤による改質8節 ナノセルロース・リグノフェノール複合...

80,000円+税 技術情報協会 2016/06
20. 2016年 微粉体市場の現状と将来展望

族ポリエステル・ポリイミド、高吸水性樹脂、ラテックス(診断薬用)F.その他注目素材(6品目)炭素繊維、CNT、グラフェン、フラーレン、高純度コロイダルシリカ、セルロースナノファイバー調査項目 1.製品概要 2.主要参入企業一覧 3.市場動向 4.価格動向 5.用途動向 6.メーカーシェア 7.サイズ別動向 8.海外動向 9.研究開発・技術動向 10.競合...

150,000円+税 富士キメラ総研 2016/06

1-20 /72 前の一覧次の一覧