該当する情報は 89 件ありました。

1-20 /89 前の一覧次の一覧

タイトル 価格 出版社 発刊日
1. エレクトロスプレー/スピニング法とその応用 ―材料合成・成形・加工技術―

エレクトロスプレー/スピニング法とその応用 ―材料合成・成形・加工技術―Electrospray / Electrospinning Methods and Its Applications: Material Synthesis, Molding, and Processingナノ粒子・ナノファイバー合成、コーティング・成膜,微細加工など、活躍の場が広がるエレクトロスプレー法/エレクトロスピニング法!有機・無機・生体分子など様々な材料に適用でき、常温・常圧など温和な条件で...

57,000円+税 シーエムシー出版 2021/03
2. 自動車樹脂化の最新動向

ます。2020年10月大庭塾 大庭敏之キーワードプラスチック/軽量化/複合材料/炭素繊維強化プラスチック(CFRP)/ガラス繊維強化プラスチック(GFRP)/成形技術/セルロースナノファイバー強化プラスチック/エンジニアリングプラスチック/ポリプロピレン/次世代自動車/ポリカーボネート/内外装/樹脂グレージング/ポリアミド/配管/エラストマー/アロイ...

63,000円+税 シーエムシー出版 2020/10
3. 高機能化が進むエポキシ樹脂の最新動向

・VOC対応塗料11.3 粉体塗料11.4 塗料用エポキシ樹脂11.5 電着塗装用エポキシ樹脂11.6 電磁波シールド塗料第12章 繊維強化エポキシ複合材料12.1 CFRPの開発動向12.2 セルロースナノファイバー複合材料12.3 カーボンナノチューブ複合材料12.4 タンパク質繊維第13章 エポキシ樹脂の応用製品13.1 ナノインプリント13.2 光導波路13.3 エポキシモノリスの技術動向13.4 電...

95,000円+税 住ベリサーチ 2020/07
4. 2020 微粉体市場の現状と将来展望

その他熱硬化性樹脂微粒子(フェノール、ベンゾグアナミン・メラミン、全芳香族ポリエステル、PI)、高吸水性樹脂F.その他ナノ材料(2品目)カーボンナノチューブ、セルロースナノファイバー2.注目用途別パウダー注目用途(6用途)生分解性パウダー、3Dプリンター用金属パウダー、3Dプリンター用樹脂パウダー、触媒用パウダー、ファインセラミックス原料、低誘電...

150,000円+税 富士キメラ総研 2020/03
5. リグニン利活用のための最新技術動向

量の多い木質(リグノセルロース)バイオマスからの工業原材料や液体燃料生産に関する必要性と関心が近年世界的に頓に高まっている。木質多糖の利用については、セルロースナノファイバーなど高次構造を生かした利用技術開発や糖化発酵技術開発が進捗しているが、リグニンの大規模な経済的利用は、パルプ廃液リグニンの燃料・分散剤・粘結剤としての利用など...

66,000円+税 シーエムシー出版 2020/03
6. 炭素繊維複合材料(CFRP/CFRTP)関連技術・用途市場の展望 2020

製造装置、ウォータージェット、ドリル・エンドミル、非破壊検査装置、CFRTP加熱装置、異種材接合、コア材、ピッチ系炭素繊維、ガラス繊維複合材料(連続繊維)、セルロースナノファイバー、バサルト繊維、アラミド繊維、異種繊維複合材料C.用途別市場分析編(7品目+簡易個票)自動車(車両骨格・構造部品/外板・外装部品他)、航空機、圧力容器(高圧水素タ...

180,000円+税 富士経済 2020/02
7. ラジカル重合を中心としたポリマー・微粒子・コーティング材の合成、応用、トラブル対策

フト化(デンドリマー法)2.3.1 多分岐ポリアミドアミン(PAMAM)のグラフト2.3.2 多分岐ポリエステルのグラフト2.3.3 多分岐ポリシクロホスファゼンのグラフト化3.セルロースナノファイバーのグラフト化への応用展開第2節 高分子応によるナノ粒子表面のグラフト化1.ナノ粒子表面へ導入した官能基とポリマーとのグラフト反応1.1 反応性官能基を導入したナノ粒子の...

80,000円+税 技術情報協会 2020/02
8. カーボンナノチューブの表面処理・分散技術と複合化事例

ンナノチューブの低圧力成長第5節 カーボンナノチューブのマイクロ波加熱による高速合成とその直径の制御1.マイクロ波加熱を用いたCNT合成法1-1 金属錯体法1-2 混合法1-3 ナノファイバー法2.生成するCNTの直径に及ぼすNiナノ粒子触媒の直径の影響第6節 多層カーボンナノチューブの熱処理による構造制御とその材料特性評価1.熱処理による構造制御2.MWCNT単体の...

80,000円+税 技術情報協会 2019/12
9. 発泡プラスチックの技術と市場 2019

【技術編】では、第一線でご活躍中の専門家の方々にお願いし、発泡プラスチック概論、成形技術、各種発泡剤、ポリウレタンフォーム、MuCell、自動車部材への応用、セルロースナノファイバー強化プラスチック発泡体など、注目のトピックスを中心に執筆して頂いた。【市場編】では、まず発泡プラスチック全体の市場を分析し、続いて機能性、各種発泡プラスチック...

80,000円+税 シーエムシー出版 2019/10
10. 2019年 熱制御・放熱部材市場の現状と新用途展開

2.球状・丸み状・多面体アルミナ(放熱フィラー用)  3.窒化アルミ(放熱フィラー用)  4.窒化ホウ素(放熱フィラー用)  5.炭素繊維(放熱フィラー用)  6.アルミナナノファイバー(放熱フィラー用)調査項目 A. 用途市場編  1.製品概要  2.市場規模推移と今後の市場予測(2017年実績~2023年予測)  3.放熱部材の市場規模推移と今後の市場予測(2017年...

150,000円+税 富士経済 2019/09
11. 高熱伝導材料の開発 ~さらなる熱伝導率の向上のために~

1.マグネシアの熱伝導性1-1 セラミックスの熱伝導1-2 マグネシアの熱伝導2.マグネシアフィラーの特徴第9節 セルロースナノファイバーを熱伝導骨格とした伝熱材料の特徴1.セルロースナノペーパーの熱伝導性2.セルロースナノファイバーのフィラー構造と樹脂複合材料の伝熱性第3章 フィラーの混練、分散と配向制御技術第1節 分散性を支配するナノ粒子の界面...

80,000円+税 技術情報協会 2019/07
12. 次世代のポリマー・高分子開発、新しい用途展開と将来展望

キシ樹脂の自己修復能力の評価第6節 修復剤やナノファイバーを添加した自己修復性防食ポリマーコーティングの開発1.金属の腐食と防食2.自己修復性防食ポリマーコーティングの開発思想2.1 修復剤2.2 ナノファイバーを添加したポリマーコーティングの構造2.3 修復剤放出のドライビングフォース3.セルロースナノファイバーを用いた自己修復性防食ポリマーコーティング4....

80,000円+税 技術情報協会 2019/02
13. セルロースナノファイバー製造・利用の最新動向

セルロースナノファイバー製造・利用の最新動向Trends in the Production and Application of Cellulose Nanofibers優れた性質を持つ生物由来材料「セルロースナノファイバー」の最新動向!製造・評価法と利用・応用展開の2編に分け、第一線の研究者が徹底解説!期待を集める新しいナノ繊維材料を知るための、関係者必携の一冊!価格92,400円(税抜 84,000円)出版社シーエムシー出版発行日20...

86,000円+税 シーエムシー出版 2019/01
14. 炭素繊維複合材料(CFRP/CFRTP)関連技術・用途市場の展望 2019

リル・エンドミル  14. 非破壊検査装置  15. CFRTP加熱装置  16. 異種材接合  17. コア材  18. ピッチ系炭素繊維  19. ガラス繊維複合材料(連続繊維)  20. セルロースナノファイバー  ■用途別市場分析編(14品目)  1. 自動車(車両骨格・構造部品/外板部品他)  2. 航空機  3. 圧力容器(高圧水素タンク/CNGタンク)  4. 風力発電ブレード  5. ...

180,000円+税 富士経済 2019/01
15. 樹脂の溶融混練・押出機と複合材料の最新動向

のひとつであるナノオーダーの大きさをもつフィラーの分散技術について概説いただいた。第6章では、長繊維分散による複合材料製造と題し、現在注目を集めているセルロースナノファイバーや炭素繊維など高アスペクト比の繊維状フィラーを混合・分散させる技術動向について概説いただいた。本書が、溶融混練に携わる技術者、研究者にとってそれぞれが携わる諸問...

86,000円+税 シーエムシー出版 2018/12
16. リチウムイオン電池における高容量化・高電圧化技術と安全対策

/一酸化ケイ素(SiO)系電池の温度特性5.ゴム系硫黄/SiO系電池の高温ハイレート試験6.ゴム系硫黄/SiO系電池の釘刺し試験第4節 セルロースナノファイバー複合バインダの開発とNCA正極の高温耐久性1.セルロースナノファイバー(CeNF)バインダの開発2.CeNFを複合化したPVdF系バインダの開発第5節 負極用バインダー1.電極用バインダーの役割2.負極用バインダー2.1.負極用...

80,000円+税 技術情報協会 2018/10
17. 機能性樹脂コンパウンドの市場 2018

)で使われることはなく、顔料・可塑剤・光安定剤などの添加剤やフィラーや炭素繊維などの強化材を加え、コンパウンドとして利用されてきた。このうち炭素繊維やセルロースナノファイバーを用いるなどして機能性を高めた製品が機能性コンパウンドと称される。近年は機能性コンパウンドの自動車への応用がますます増え、ヘッドライト・バンパーなどの外装材料...

120,000円+税 シーエムシー出版 2018/09
18. 防汚・防水・防曇性向上のための材料とコーティング、評価・応用

の撥水・親水性付与技術2.1 建築用防汚ガラス2.2 自動車用撥水ガラス2.3 指紋付着防止ガラス2.4 生体親和性コーティング2.5 親水ミラー第6節 ACC法で製造されたセルロースナノファイバーの疎水・親水コーティング効果1.キャストフィルムの対水接触角2.表面コーティング剤としてのACC-ナノセルロース3.疎水性樹脂用表面スイッチイング剤としてのACC-ナノセルロース4....

80,000円+税 技術情報協会 2018/08
19. 2018 電池関連市場実態総調査 No.1

などとも呼ばれる。■インターカレーション層状構造を持つ化合物に、化学種を層間に取り込む反応のこと。■エレクトロスピニング法ポリマー溶液に高電圧を加え、直径数nmのナノファイバーを得る技術。■オリビン型正極活物質六方密充填酸素骨格を持つ結晶構造の一つ。天然のカンラン石(英名:オリビン)がこの構造をもつことからオリビンと呼ばれる。■ガーネ...

150,000円+税 富士経済 2018/07
20. 発泡樹脂、多孔性樹脂の高強度化と応用技術

果4.結論5.今後の開発方針3節 オレフィン改質ポリスチレン系樹脂発泡成形体の構造、特性とその応用1.ピオセランの構造2.ピオセランの特性3.自動車部材への応用4節 セルロースナノファイバー複合樹脂の微細発泡技術1.変性CNF/PA6発泡体の作製2.材料組成の影響3.発泡成形条件の影響4.線熱膨張率5節 セルロースナノフィラー材の発泡成形シミュレーション1.CAEの歴史2.発...

70,000円+税 技術情報協会 2018/03

1-20 /89 前の一覧次の一覧