該当する情報は 134 件ありました。

1-20 /134 前の一覧次の一覧

タイトル 価格 出版社 発刊日
1. エネルギー・大型二次電池・材料の将来展望 2021 電動自動車・車載電池分野編

Vシフトが加速する自動車の生産・販売動向及び車載電池市場・LiB構成部材需要を徹底調査~調査ポイント1) 世界的なxEVシフト動向をエリア別に長期予測2) xEVシフトに伴うリチウムイオン電池などの蓄電池市場・LiB材料市場を徹底調査3) xEVシフトを加速させる世界各国の補助金政策、燃費規制、メーカー戦略動向を整理4) EVストック市場を分析し、EV向け年間販...

180,000円+税 富士経済 2021/07
2. マテリアルズインフォマティクスのためのデータ作成とその解析、応用事例

事項1.1 化合物空間:物質探索の舞台設定1.2 コンピュータ上での物質探索1.3 物性予測モデル: 第一原理計算と機械学習2.AIMI物質探索の適用事例2.1 プラズモニック材料探索2.2 リチウムイオン電池正極材料探索15節 機械学習によるスペクトルデータ解析とその事例1.はじめに1.1 機械学習と計測インフォマティクス1.2 X線吸収スペクトル2.X線吸収スペクトルの解析にお...

80,000円+税 技術情報協会 2021/07
3. AI・MI・計算科学を活用した蓄電池研究開発動向

築3 予測モデルを用いた新規有機負極活物質の探索4 抽出された新規化合物の実験的な容量向上5 おわりに参考文献第4章 機械学習・深層学習によるリチウムイオン電池の劣化予測  高岸洋一1 リチウムイオン電池の劣化挙動予測2 データ駆動型劣化予測モデルの分類3 ブラックボックス・アプローチの例3.1 充放電条件から予測するモデル3.2 時系列データを用...

90,000円+税 シーエムシー・リサーチ 2021/06
4. 次世代二次電池の開発動向、課題、将来展望

次世代二次電池の開発動向、課題、将来展望様々な分野でリチウムイオン電池が活用されているが、全ての用途に必ずしもリチウムイオン電池が適しているわけではない!エネルギー密度、入出力特性、安全性、耐熱性、元素戦略、様々な観点で電池を考え、いま、必要とされる「次世代二次電池とは?」「革新電池」をテーマに国内外の第一線で活躍する産学官のトッ...

40,000円+税 AndTech 2021/04
5. エネルギー・大型二次電池・材料の将来展望 2020 ESS・定置用蓄電池分野編

状況(22)5.定置用リチウムイオン電池の廃棄問題と使用済み電池のリユース・リサイクルに関して(23)1)使用済み電池(リチウムイオン電池)の発生問題と広域認定制度(23)2)定置用リチウムイオン電池(電池パック)の廃棄発生数の予測(24)3)使用済み電池のリユース・リサイクルに関する課題と今後の方向性(24)4)リチウムイオン電池のリユース・リサイ...

180,000円+税 富士経済 2020/06
6. EVワールドIII 激変期のEV&電池生産の中長期課題と展望

情勢の変動は激しいものがあった。更にはCorona Virus Crisisの突発で、先行きが見えない状況となっている。 2019年世界で約215万台のEV+PHVの生産と、そこに搭載された約100GWhのリチウムイオン電池は、10年前には想像もできなかったレベルである。元より自動車の電動化は、化石燃料のCO2による地球温暖化の抑制が最大の目的である。一方では世界の技術と経済の中で、自...

70,000円+税 シーエムシー・リサーチ 2020/06
7. 2020年版 HEV,EV関連市場徹底分析調査

品(16品目)モータ・ジェネレータ インバータ DC-DCコンバータ パワー素子(パワーデバイス)平滑コンデンサ 電動車用暖房機構 駆動用バッテリ(ニッケル水素電池・リチウムイオン電池)電流センサ 車載充電器 マネジメントECU 高電圧ケーブル 燃料電池(FCスタック)水素タンク 急速充電器 普通充電器 ワイヤレス給電システム調査方法弊社専門調査...

170,000円+税 富士経済 2020/06
8. 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の開発と市場 2020

2.4 ドローン3 スポーツ・レジャー分野3.1 釣具3.2 ゴルフシャフト・ヘッド3.3 テニスラケット3.4 その他のスポーツ用品4 エネルギー分野4.1 風力発電4.2 燃料電池4.3 リチウムイオン電池4.4 高圧電線4.5 高圧ガス容器4.6 海底油田5 一般産業用5.1 コンポジットロール5.2 家電機器筐体5.3 医療機器5.4 ロボットハンド5.5 ブレーキディスク5.6 断熱材6 土木...

80,000円+税 シーエムシー出版 2019/12
9. 【デジタルプレス】欧州バッテリー同盟(European Battery Alliance)および欧州バッテリー連合(European Battery Union)の参画企業動向調査

ce)および欧州バッテリー連合(European Battery Union)の参画企業動向調査調査対象分類対象調査対象品目マイクロHEV(48V系統など)、HEV、PHEV、EV、FCV、HEV/EVトラック・バスおよび車載リチウムイオン電池調査対象企業欧州バッテリー同盟および欧州バッテリー連合に参画する企業など業界区分/参画企業例出発原料Aurubis、Norsk Hydroなど電池材料BASF、Elkem、Norsk Hydro、UmicoreなどLiB...

300,000円+税 富士経済 2019/10
10. リチウムイオン二次電池用炭素系負極材の開発動向

オン二次電池用炭素系負極材の開発動向Recent Developments of Carbon Anodes for Lithium Ion Batteries電動車、非常用電源、電子デバイス用途で需要が拡大し、さらなる大容量化が求められるリチウムイオン電池!現在主流の黒鉛負極の高機能化や次世代のナノカーボンを用いた負極開発について詳述!現状の課題解決につながる、炭素材料表面でのさまざまな化学反応に関する最新知見...

63,000円+税 シーエムシー出版 2019/09
11. 2019年版 HEV,EV関連市場徹底分析調査

ェネレータ インバータ DC-DCコンバータ パワー素子(パワーデバイス)平滑コンデンサ 電動車用暖房機構 駆動用バッテリ(ニッケル水素電池・リチウムイオン電池)駆動用バッテリ(全固体リチウムイオン電池) 電流センサ 車載充電器 マネジメントECU高電圧ケーブル 燃料電池(FCスタック) 水素タンク 急速充電器 普通充電器ワイヤレス給電システム...

150,000円+税 富士経済 2019/06
12. 全固体リチウム電池の開発動向と応用展望

5判、298ページISBNコード978-4-7813-1419-8商品コードT1115※送料・支払い等について刊行にあたって著者一覧目次発刊にあたって現在、移動体用途や定置用途の大型蓄電池としては、リチウムイオン電池が用いられている。この電池は極めて優れた蓄電池であるが、一方でその安全性に対する懸念が完全には払拭できていない。近年ではリチウム電池を搭載したスマートフォン...

65,000円+税 シーエムシー出版 2019/06
13. エネルギー・大型二次電池・材料の将来展望 2019 次世代環境自動車分野編

Vアイドリングストップ自動車HEVハイブリッド自動車PHEVプラグインハイブリッド自動車EV電気自動車FCV燃料電池自動車[蓄電デバイス]略称正式名称Pb鉛電池NiMHニッケル水素電池LiBリチウムイオン電池EDLC電気二重層キャパシタLiCリチウムイオンキャパシタ[企業名]■自動車メーカー略称正式名称略称正式名称トヨタトヨタ自動車JoylongJiangsu Joylong Automobileニッサン日産自動車King ...

180,000円+税 富士経済 2019/06
14. エネルギー・大型二次電池・材料の将来展望 2019 電力貯蔵分野編

再生可能エネルギー大量導入に向けた「調整力」としての蓄電システムの活用(7)4. V2X競合・代替動向(21)5. リユースバッテリー採用動向(24)6. 用途トレンド分析(37)7. リチウムイオン電池メーカー別の価格比較(39)集計編I. 製品用途市場分析1. 製品別販売市場規模推移・予測(43)II. 蓄電デバイス市場分析1. 市場規模推移・予測(46)1)金額ベース(46)2)容量...

180,000円+税 富士経済 2019/05
15. 車載用LIBの急速充電性能・耐久性と市場

! 日・韓・中の思惑とは!刊行にあたって 電気自動車(EV)の普及に向けて、充電時間の短縮、航続距離の伸長、車両価格の低減が一層求められてきた。これに伴い、車載用リチウムイオン電池(LIB)の大容量化が進行している。 容量が増えれば、その分だけ充電時間が長くなる。しかし、多くのユーザーは、そんなに長い時間は待てない。この解決法としては、“...

120,000円+税 シーエムシー・リサーチ 2019/04
16. 2019 ワールドワイドロボット関連市場の現状と将来展望 No.2 業務・サービスロボット市場編

向け機械学習・ディープラーニング、RPAソリューション   C. ロボット向け注目構成部材(3品目)   サービスロボット用モータ、サービスロボット用触覚センサ、AGV用リチウムイオン電池   D. ロボット関連サービス(3品目)   BtoB向けレンタルサービス、ロボット導入支援サービス、ロボット保守・運用サービス市場範疇数値は年次ベース(1月~12月)とする...

130,000円+税 富士経済 2019/04
17. エアロゾルデポジション法の新展開 ―常温衝撃固化現象活用の最前線―

常温衝撃固化現象/セラミックス微粒子/エアロゾル/成膜/コーティング/複合膜/アルミナ/イットリア/PZT/キャパシタ/フィルムコンデンサ/圧電膜/ハードコート/リチウムイオン電池/歯科部材/医療部材/絶縁膜/放熱基板/太陽電池/グレージング著者一覧明渡純(国研)産業技術総合研究所鈴木宗泰(国研)産業技術総合研究所土屋哲男(国研)産業...

80,000円+税 シーエムシー出版 2019/02
18. “自動運転xEV”を支えるデバイス・部材の市場動向

に搭載されるミリ波レーダー(76/77GHz)、準ミリ波レーダー(24/25GHz)、車載用カメラ、LiDAR、ナイトビジョンなどがあり、急速に発展をしている。 他方、2018年のEV、及びリチウムイオン電池(LIB)業界は大きく揺れた。2018年6月、世界4位の中国車載用電池メーカーである沃特瑪電池が生産ラインを停止させた。 これまで、中国政府の補助金を背景に、中国勢は日本...

100,000円+税 シーエムシー・リサーチ 2018/12
19. 炭素繊維・炭素繊維複合材料の未来

ン3. 自動車構造部材への可能性3.1 板材(積層材及びサンドウィッチ材)の設計3.2 金属/樹脂接合部材の設計4. リチウムイオン電池筺体部材への可能性4.1 エコカー向けリチウムイオン電池4.2 リチウムイオン電池筺体の設計4.3 リチウムイオン電池筺体へのCFRP可能性5. 終わりに6.5 建築・土木1. はじめに2. FRPの適用動向2.1 建築分野への利用例2.2 土木分野へ...

65,000円+税 S&T出版 2018/11
20. 全固体電池開発の現状と産業化へのアプローチ

物質・材料研究機構館山佳尚物質・材料研究機構)松田翔一物質・材料研究機構)中西周次大阪大学内藤均宇宙航空研究開発機構目次第1章 全固体電池の基礎知識はじめに1.リチウムイオン電池の基本構造と特徴2.固体電解質の利用とメリット3.無機固体電解質の種類と特徴4.電極/電解質界面の形成5.全固体電池の構造化6.全固体電池の用途と課題おわりに第2章 ...

48,000円+税 情報機構 2018/11

1-20 /134 前の一覧次の一覧