該当する情報は 20 件ありました。

1-20 /20 前の一覧次の一覧

タイトル 価格 出版社 発刊日
1. 高分子材料の劣化・変色対策

 帯電防止剤のブリードアウト・脱落及びその対策について1.はじめに1.1 静電気と静電気によるトラブル1.2 プラスチック類の帯電防止法2.ブリードアウト・脱落現象と関与因子について2.1 ブリードアウト現象2.2 ブリードアウト関与因子2.3 ブリードアウトの抑制策3.脱落現象と関与因子について3.1 脱落現象3.2 脱落関与因子3.3 脱落の抑制策4.種々の帯電防止剤の...

80,000円+税 技術情報協会 2021/05
2. 2021年 高機能添加剤・複合材料の現状と将来展望

ディファイヤー)、α-オレフィンコポリマー、相溶化剤(オレフィン用)、相溶化剤(エンプラ用)、PP用結晶核剤、生分解性添加剤B 電気的機能(4品目)帯電防止剤(低分子・高分子・導電性高分子)、帯電防止剤(無機系)、導電性カーボンブラック、CNT(カーボンナノチューブ)C 熱的機能(6品目)難燃剤(臭素系)、難燃剤(リン系)、難燃剤(三酸化アンチモン...

150,000円+税 富士キメラ総研 2021/03
3. 添加剤による高分子材料の高機能化

子材料用添加剤概論2.1 はじめに2.2 高分子材料用添加剤の種類2.3 樹脂の安定化2.3.1 塩ビ用安定剤2.3.2 安定化剤2.4 樹脂機能化2.4.1 塩ビ用可塑剤2.4.2 核剤・透明化剤2.4.3 帯電防止剤2.4.4 難燃剤2.5 最後に【第2章 樹脂安定化】1 塩ビ用安定剤1.1 ポリ塩化ビニル樹脂(PVC)1.2 PVCの劣化1.3 PVC安定剤1.4 熱安定剤1.5 安定化助剤1.5.1 ホスファイト1.5.2 ハイ...

55,000円+税 シーエムシー出版 2020/11
4. 添加剤の最適使用法

バランス4.2 高難燃性を目指した難燃剤の重要性5.難燃剤の種類と特徴、難燃剤の使い方5.1 難燃剤の種類と特徴第2節 帯電防止剤の種類、特性と選び方、使い方1.はじめに2.帯電防止剤の種類2.1 低分子界面活性剤タイプ2.2 高分子型帯電防止剤3.第4級アンモニウム塩含有帯電防止ポリマー4.第4級アンモニウム塩含有帯電防止ポリマー適応例4.1 基本グレード4.2 ...

60,000円+税 R&D支援センター 2020/02
5. エポキシ樹脂の高機能化と市場

.6 プラスチック改質剤【第2編 プラスチック添加剤の市場】第4章 概論1 概要2 添加剤の需給動向2.1 可塑剤2.2 安定剤2.3 酸化防止剤2.4 光安定剤2.5 難燃剤2.6 造核剤2.7 帯電防止剤2.8 耐衝撃性強化剤2.9 カップリング剤2.10 相溶化剤2.11 光重合開始剤2.12 導電性付与剤2.13 有機発泡剤2.14 防曇剤2.15 抗菌・防カビ剤第5章 可塑剤1 概要1.1 フタル酸系1.2...

90,000円+税 シーエムシー出版 2019/05
6. 高分子添加剤の技術と市場 2018

いる。①加工性の改良:安定剤、可塑剤、滑剤、②耐候性、耐久性の向上:酸化防止剤、紫外線吸収剤、光安定剤、③耐火性、耐熱性の向上:難燃剤、架橋剤、④界面性能の改良:帯電防止剤、滑剤、⑤特殊な機能の付与:発泡剤、硬化剤、抗菌・防カビ剤。これらは、プラスチックの物性低下や外観不良などを抑える安定剤と、プラスチックの用途に応じて物性、性能...

85,000円+税 シーエムシー出版 2018/05
7. 発泡樹脂、多孔性樹脂の高強度化と応用技術

電荷漏洩機構に基づく発泡樹脂の帯電防止1.新機構型帯電防止剤の研究開発1.1 研究方針1.2 半極性有機ホウ素化合物の構造と性質1.3 ホウ素の結合様式を利用した帯電防止剤2.帯電防止効果の実証2.1 分子化合物型帯電防止剤の優位性2.2 反応性帯電防止剤の効用2.3 連続気泡面を改質するハイブリッド型帯電防止剤の作用3.新規な電荷漏洩機構の解析15節 ゴム気泡構造...

70,000円+税 技術情報協会 2018/03
8. 2017年 高機能添加剤・ハイブリッドマテリアルの現状と将来展望

ファイヤー)、耐衝撃改質剤(モディファイヤー)、α-オレフィンコポリマー、相溶化剤(オレフィン用)、相溶化剤(エンプラ用)B.電気的機能(5品目)帯電防止剤(低分子、高分子、導電性高分子)、帯電防止剤(無機系)、導電性カーボンブラック、CNT、グラフェンC.熱的機能(8品目)難燃剤(臭素系)、難燃剤(リン系)、難燃剤(三酸化アンチモン)、難燃剤(...

150,000円+税 富士キメラ総研 2017/06
9. ポリプロピレンの構造制御と複合化、成形加工技術

ン酸塩系難燃PPの開発事例3.1 リン酸塩系難燃PPの技術3.2 リン酸塩系難燃PPの特徴8節 ポリプロピレン樹脂用高分子型帯電防止剤の機能と効果1.帯電防止剤の役割2.高分子型帯電防止剤(永久帯電防止剤)3.ポリプロピレン樹脂用高分子型帯電防止剤9節 黒鉛粉添加によるポリプロピレンの導電化及び高熱伝導化技術1.プラスチックの導電化及び高熱伝導化技術の現...

80,000円+税 技術情報協会 2016/06
10. プラスチック添加剤の技術と市場

に立てれば幸甚に存じます。2014年7月 シーエムシー出版 編集部キーワード添加剤概論/塩ビ用可塑剤・安定剤/フェノール系酸化防止剤/リン酸系酸化防止剤/HALS/UVA/核剤/帯電防止剤/滑剤/発泡剤/市場編(概要・生産・メーカー・価格・需要・樹脂用途)/可塑剤/難燃剤/紫外線吸収剤/防曇剤/抗菌坑カビ剤著者一覧幸野俊則(株)ADEKA田中友基(株)ADE...

81,000円+税 シーエムシー出版 2014/07
11. 2014年 高機能添加剤・ハイブリッドマテリアルの将来展望

ンプラ用添加剤)、粘着性付与剤(タッキファイヤー)、PLA用添加剤、光拡散剤、シランカップリング剤高機能性付与剤抗菌剤、靱性付与パウダー(PES)、帯電防止剤(低分子、高分子、導電性高分子)、帯電防止剤(無機系)、導電性カーボンブラック、CNT、グラフェン、銀粉、銅超微粉、導電性コアシェル微粒子、中空セラミックスビーズ、熱膨張性マイクロカプセ...

97,000円+税 富士キメラ総研 2014/06
12. 実験者/試験検査員の誤ったデータの取扱い・試験誤操作防止策

したり、においを捕集したりする2.4 濃縮や分画などの必要と思われる処理をする2.5 処理した香料の分析手段を選び、最適な分析機器などを選定する2.6 各種分析機器を駆使して必要とする情報を得る2.7 分析データを解析する15節 添加剤分析~帯電防止剤1.分析しても帯電防止剤が見つからない場合2.帯電防止剤が見つかる場合3.まとめ※送料・支払い等について...

95,000円+税 技術情報協会 2014/03
13. 定点観測刊行物 ダイラス技術編 情報電子用高分子材料(34-17)

デンサ用フィルム(4)封止材、シール剤、接着剤(5)基板材料(6)絶縁材料(7)放熱性シート(8)タッチパネル(TP)(9)圧電材料、電気粘性材料(10)導電性高分子材料(11)帯電防止剤(12)異方導電性フィルム(13)透明導電性フィルム(14)炭素系導電材料(15)導電材料(16)銀ナノワイヤー3.2 半導体用フォトレジスト3.3 電磁波吸収用導電性材料3.4 コンデ...

80,000円+税 三菱ケミカルリサーチ 2013/08
14. トイレタリーグッヅマーケティング要覧2013 No.1

3)7.洗濯助剤(58)8.漂白剤(63)9.専用洗剤(71)10.衣料用防虫剤(77)11.アイロン仕上剤(86)12.衣料用消臭スプレー(含むアレルゲン除去)(89)13.防水剤(97)14.衣料用帯電防止剤(102)15.靴クリーム・クリーナー(105)16.インソール(113)<スキンケア>17.ハンドクリーム(126)18.替刃(135)19.ディスポーザブルカミソリ(143)20.シェービング料(14...

100,000円+税 富士経済 2013/06
15. フィルムの機能性向上と成形加工・評価技術II

種類と働き3.2 合成シリカの取り扱い注意3.3 合成ゼオライトの屈折率と透明性の関係4.スリップ剤4.1 スリップ剤の種類と働き4.2 ドライラミ後の滑り性低下原因と対策5.帯電防止剤5.1 帯電防止剤の種類と働き5.2 帯電防止性能の測定方法6.光安定剤(耐候剤)6.1 光安定剤の種類とその作用機構6.1.1 紫外線遮断剤(UV Screeners)6.1.2 紫外線吸収剤(UV Absorbers)6.1.3 消光剤(...

65,000円+税 AndTech 2013/01
16. ポリウレタンの化学と最新応用技術

質3.6.3 イオン伝導機構による制電性ポリウレタン(1) イオン伝導性ポリオール(2) イオン伝導性グライム類(3) イオン伝導性脂肪酸エステル(4) イオン伝導性高分子型帯電防止剤第2章 ポリウレタンの分子設計1 ポリウレタンエラストマーの分子設計平岡教子1.1 はじめに1.2 分類1.3 合成法と反応性1.4 鎖構造1.5 分岐ないし架橋構造1.6 相構造1.7 物...

68,000円+税 シーエムシー出版 2011/12
17. 化学素材:2011年 プラスチック高機能化材料の現状と将来展望

剤(臭素系)、難燃剤(リン系)、難燃剤(無機系・塩素系)、安定剤、発泡剤、防曇剤、酸化防止剤、紫外線吸収剤、光安定剤(HALS)、耐衝撃改良剤、光重合開始剤、抗菌剤、帯電防止剤(低分子、高分子)特殊添加剤導電性高分子、シランカップリング剤、α-オレフィンコポリマー、ポリマーアロイ用相溶化剤、ポリオレフィン系グラフトポリマー(相溶化剤、樹...

97,000円+税 富士キメラ総研 2011/01
18. 高分子表面・界面分析法の新展開

能発現3.1.1 UV硬化保護膜の表面滑り不良対策例3.1.2 昇華転写用受像紙の離型性能の安定化3.2 1nmより浅い領域の機能の重要性3.2.1 液晶カラーフィルター表示不良改善事例3.2.2 帯電防止剤の最表面分布の複合解析例3.2.3 半導体、バイオ関連の極表面解析4. 分析のソリューションフロー5. 熟練者の眼線で“見る”⇒“知る”を科学の目で追跡する5.1 人...

70,000円+税 シーエムシー出版 2009/03
19. 帯電防止材料の設計と使用法

電荷減衰測定の原理2.2 JIS規格における電荷減衰測定方法2.3 米国連邦政府試験規格における電荷減衰測定方法2.4 IEC規格における電荷減衰測定方法2節 多層フィルム中帯電防止剤の拡散評価1. 重量法2. 化学分析機器を用いる方法3. 電気的検出方法3.1 表面抵抗測定3.2 空間電荷測定第3章 帯電防止材料の機能発現機構と使用法−製法、性能・機能、環境に...

55,000円+税 S&T出版 2008/12
20. 2007 高分子添加剤の市場

加剤が増加傾向にあり、熱安定剤、可塑剤など塩ビ製品の影響を受けている添加剤が減少している。1998年から需要が著しく伸びている添加剤は、紫外線吸収剤、難燃剤、発泡剤、帯電防止剤、滑剤、カップリング剤、光重合開始剤、相溶化剤、抗菌・防カビ剤、耐衝撃向上剤、導電性付与剤などである。一方、需要が減少しているのは、熱安定剤、可塑剤、核剤、防曇剤...

65,000円+税 シーエムシー出版 2007/05

1-20 /20 前の一覧次の一覧