該当する情報は 254 件ありました。

1-20 /254 前の一覧次の一覧

タイトル 価格 出版社 発刊日
1. 次世代のポリマー・高分子開発、新しい用途展開と将来展望

を持った巨視的自己集合1.8 自己修復材料の実現1.9 超分子的な構造を利用した自己修復材料の実現1.10 自己修復性オルガノゲルの作製1.11 超分子部位をもつ高分子ゲルとガラス基板との接着1.12 ホスト分子としての機能を有する多糖を用いた複合型ゲルの設計2.多点水素結合を構造内に組み込んだ高分子ソフトマテリアルの設計2.1 水素結合によって末端を連結された高分子鎖...

80,000円+税 技術情報協会 2019/02
2. 高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用

●来るべき「自動運転」「5G」時代へ向けたミリ波、高周波対応材料の最新開発動向●低誘電率樹脂、平滑銅/樹脂の接着技術、79GHz帯向け電波吸収シートまで、開発事例を収録高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用~高周波基板、ミリ波吸収材料、アンテナ、回路設計~価格80,000円+税出版社技術情報協会発刊日2019年01月29日体裁A4判 554ページISBNコー...

80,000円+税 技術情報協会 2019/01
3. 2019年版 機能性高分子フィルムの現状と将来展望 (上巻)

バーシート・背面板、OCA・OCRD.半導体(5品目)バックグラインドテープ、ダイシングテープ、ダイボンドフィルム、フィルム状封止材、半導体封止用離型フィルムE.実装(11品目)非導電性接着フィルム(NCF)、異方導電性フィルム(ACF)、FPC用FCCL、カバーレイフィルム、COFテープ用FCCL、高周波対応FPC用フィルム、層間絶縁フィルム(アディティブ基板用)、ドライフィルムレ...

120,000円+税 富士キメラ総研 2019/01
4. 炭素繊維複合材料(CFRP/CFRTP)関連技術・用途市場の展望 2019

  1. PAN系炭素繊維(レギュラートウ、ラージトウ)  2. マトリクス樹脂/添加剤(PES)  3. 中間基材(プリプレグ・ペレット/シート・ラミネート)  4. CFRP  5. CFRTP  6. 接着剤  7. 工程紙・フィルム  8. 端材利用CFRP/CFRTP  9. 自動積層装置  10. TFP(Tailored Fiber Placement)装置  11. CFRP/CFRTP用成形加工装置  12. ウォータージェット  13. ドリル・エ...

180,000円+税 富士経済 2019/01
5. セルロースナノファイバー製造・利用の最新動向

)変性によるCFRPの疲労寿命の向上3.3.3 エポキシ母材のCNF(物理的)変性により、なぜCFRPの疲労寿命が向上するのか?3.3.4 CNFの適量添加により、エポキシ樹脂とカーボン繊維界面の接着強度が増す?3.4 CNFの活用4 木質からのリグノセルロースナノファイバーの直接的製造と樹脂複合化技術4.1 はじめに4.2 ナノファイバー製造装置4.3 ナノファイバー製造メカニズム4...

86,000円+税 シーエムシー出版 2019/01
6. 押出成形の条件設定とトラブル対策

ガス5.6 冷却時間5.7 収縮5.8 肉厚不均一性対策5.9 ボトル成形品の表面対策5.10 成形品形状設計5.11 製品設計上の留意点6.共押出ブロー成形における諸問題6.1 層厚制御6.2 層間接着性11節 レオロジー試験による押出成形における不良現象の解析1.ポリマー溶融体のレオロジー特性について2.押出成形とレオロジーとの関係3.レオロジー試験による押出成形の解析...

80,000円+税 技術情報協会 2018/12
7. 樹脂の溶融混練・押出機と複合材料の最新動向

めに1.2 モストロンTM-Lとは1.2.1 製造方法1.2.2 特徴1.3 材料設計に関する考え方1.3.1 GFMBの材料設計1.3.2 希釈樹脂(顔料の影響)1.3.3 射出成形における機械物性(残存GF長と界面接着性)1.4 GF配向を活かした設計支援2 セルロースナノファイバーの応用と樹脂複合体マスターバッチ2.1 セルロースとその研究背景2.2 セルロースナノファイバーと各種樹脂との複合化...

86,000円+税 シーエムシー出版 2018/12
8. 高分子材料・製品の寿命予測と劣化加速試験方法

ゴム、粘着・接着材料の劣化現象と寿命予測●劣化不具合の原因究明と対策方法●寿命予測式の設定方法執筆者紹介<略歴>●日産自動車(株)での職務(1970年~1999年) 内外装樹脂部品開発  樹脂部品の不具合解析/対策立案/再発防止  樹脂部品に関する各種試験法の作成●堀硝子(株)での職務(1999年~2010年) 自動車ガラスと樹脂部品の接着仕様開発●独...

43,000円+税 情報機構 2018/11
9. 炭素繊維・炭素繊維複合材料の未来

リマー微粒子による炭素繊維の表面修飾-熱可塑性樹脂含浸性・界面接着性の向上-1. 炭素繊維強化熱可塑性樹脂(CFRTP)2. ポリマー微粒子による炭素繊維束の表面修飾技術の開発3. 電着操作による炭素繊維表面へのポリマー微粒子吸着量の制御4. 表面修飾による炭素繊維と熱可塑性樹脂の界面接着性の向上5. CFRTPの作製とその曲げ物性の評価6. 本技術の今後の展望5....

65,000円+税 S&T出版 2018/11
10. EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例

ートリスク低減MLCC1.2.1 機械ストレスのよるクラック発生メカニズム1.2.2 樹脂電極仕様MLCCによるクラック低減1.3 高温対応MLCC1.3.1 Agマイグレーション発生のメカニズム1.3.2 導電性接着剤対応MLCCによる電極腐食とマイグレーションの低減1.4 鳴き対策金属端子付MLCC1.4.1 鳴きのメカニズム1.4.2 金属端子付きMLCCによる音鳴き低減1.5 結露対策撥水MLCC1.5.1 結露によるイ...

80,000円+税 技術情報協会 2018/11
11. リチウムイオン電池における高容量化・高電圧化技術と安全対策

レータ技術1.ポリオレフィン微多孔膜とシャットダウン機能1.1 ポリオレフィン微多孔膜1.2 シャットダウン機能2.コーティング技術を適用した安全性向上2.1 耐熱層コーティング2.2 接着層コーティング第3節 不織布セパレータと安全性について1.不織布セパレータのリチウムイオン二次電池への適用2.不織布塗工セパレータの開発3.セパレータの安全性評価方法3.1 セパ...

80,000円+税 技術情報協会 2018/10
12. 防汚・防水・防曇性向上のための材料とコーティング、評価・応用

ルギー低減化による撥水性付与1.極限の表面自由エネルギー2.パーフルオロメタクリレートの表面自由エネルギーと撥水性3.表面自由エネルギーのエントロピー成分に注目した撥水・高接着性第3節 アクリルシリコーン/シリカ・ナノコンポジットによる超撥水表面の調製1. アクリルシリコーン/シリカ・ナノコンポジットを用いた超撥水剤の調製2. 撥水性シリカ複合微...

80,000円+税 技術情報協会 2018/08
13. 機能性ポリウレタンの進化と展望

ブリッド化9 おわりに第16章 異種材料とポリウレタンの接着1 はじめに2 TPUとPEBAのインサート成形による接着・複合化の従来技術とその問題点2.1 TPUをインサートしPEBAをオーバーモールドする際の問題点2.2 PEBAをインサートしTPUをオーバーモールドする際の問題点3 界面反応を利用したTPUとPEBAの直接接着(ダイアミド K2シリーズ)3.1 Type III型PEBAにおける、TPUをイ...

84,000円+税 シーエムシー出版 2018/08
14. 公開特許から把握する 酸無水物硬化エポキシ樹脂の用途と技術動向

成形法による製造~厚み均一化のため粘度調整など1.4.3 積層成形法による製造~屈折率差が小さく表面平滑性に優れた基板1.5 光学用エポキシ樹脂組成物~低屈折率樹脂、偏光板の接着剤など【2】半導体用樹脂における要求特性と技術動向2.1 モールド封止材~小型化、薄型化、配線間隔の狭小化への対応など2.1.1 トランスファ成形用封止材~ウエハレベルCSP用封止材...

44,000円+税 情報機構 2018/07
15. 高耐熱樹脂の開発事例集

シルセスキオキサンの合成4.梯子状ポリフェニルシルセスキオキサンの諸特性4.1 耐熱特性4.2 ガラス転移温度4.3 熱硬化収縮特性4.4 残留応力特性4.5 脱ガス特性4.6 絶縁特性4.7 接着特性4.8 絶縁膜材料としての特性比較5.今後の応用展開第5節 高修飾率有機化アルミノシリケートによる耐熱型結晶性透明ナノハイブリッド材料の作製1.序論2.試料3.結果と考察3....

80,000円+税 技術情報協会 2018/07
16. 撥水・撥油の技術と市場

裁B5判、約259ページISBNコード978-4-7813-1342-9商品コードS0828※送料・支払い等について刊行にあたって著者一覧目次発刊にあたって液体と固体の界面はぬれの中心的な界面であり、染色、接着、粒子分散、洗浄など非常に多くの局面で重要な役割を果たしている。“ぬれ”現象は日常局面で発生している界面現象で、建材、化粧品、電気・電子部材など幅広い産業分野におい...

85,000円+税 シーエムシー出版 2018/07
17. 2018 光機能材料・製品市場の全貌

1. UV硬化型インキ  2. UV硬化型インクジェットインキ  3. フィルム用ハードコーティング材  4. 光ファイバ用コーティング材  5. UV硬化型塗料・コーティング材  6. UV硬化型接着剤  7. タッチパネル用OCA  8. タッチパネル用OCR  9. バックグラインドテープ  10. ダイシングテープ  11. 半導体フォトレジスト  12. バッファーコート/再配線形成材料  13...

120,000円+税 富士経済 2018/04
18. 次世代の太陽電池・太陽光発電

るガスバリア性試験装置の概要と測定原理(1)OXTRAN(2)PERMATRAN(3)AQUATRAN(4)カルシウム腐食法による評価法2.太陽電池(Photovoltaic Battery)部材における水蒸気バリア性の評価(1)接着剤(封止樹脂)のバリア性試験方法(2)端面・界面透過からのバリア性試験の方法(3)バックシートのバリア性試験方法(4)太陽電池パネルの試験方法(5)高温度域(50℃~90&#8451...

80,000円+税 技術情報協会 2018/04
19. 2018年 化粧品ケミカル材料の現状と将来展望

料には書籍版+PDF版セット 200,000円+税、ネットワークパッケージ版 360,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。関連書籍 ・2018年 粘・接着剤市場の展望と注力用途分野動向 ・2018年 エレクトロニクス先端材料の現状と将来展望※送料・支払い等について調査概要目次サンプルPDFデータサービス(FK-Mards)調査概要調査テーマ...

180,000円+税 富士キメラ総研 2018/03
20. 発泡樹脂、多孔性樹脂の高強度化と応用技術

ン樹脂を用いた自動車内装材シート加工方法3.無溶剤発泡層を導入した環境対応型合成皮革に関する技術紹介3.1 軟質及び硬質ウレタンフォーム3.2 発泡方法3.3 反応性ホットメルト接着剤(RHM)3.4 RHMを用いた無溶剤の発泡層を導入した加工システム3.5 今後の環境対応への取り組み3節 発泡ウレタンを用いた商用車用シート1.トラック業界の抱える課題2.サスペンショ...

70,000円+税 技術情報協会 2018/03

1-20 /254 前の一覧次の一覧