該当する情報は 282 件ありました。

21-40 /282 前の一覧次の一覧

タイトル 価格 出版社 発刊日
21. 自動車内装材とインテリアの快適性向上

トメルト接着剤の特性と自動車内装用接着剤への応用1.ホットメルト接着剤1.1 ホットメルト接着剤とは1.2 ホットメルト接着剤の分類1.3 非反応型と反応型の比較2.ドアトリム加飾用接着剤2.1 ドアトリム加飾用接着剤の歴史2.2 真空成形工法2.3 真空成形工法へのホットメルト接着剤適用課題2.4 プレス成形工法2.5 プレス成形工法へのホットメルト接着剤適用課題...

80,000円+税 技術情報協会 2019/09
22. 5G対応に向けた部材・材料・デバイス設計開発指針

ュールの構造2.基材の誘電率とミリ波特性3.基材の誘電正接とミリ波特性おわりに第2項 接着性・分散性に優れる高速・高周波向けフッ素系プリント基板用材料の技術開発はじめに1.一般的なフッ素系材料の特性(フッ素樹脂の特性を中心に)2.フッ素樹脂の長所と短所3.接着性・分散性に優れるフッ素樹脂<Fluon+EA-2000>(一般的フッ素樹脂との比較)4.既存低損...

50,000円+税 情報機構 2019/09
23. 2019年 熱制御・放熱部材市場の現状と新用途展開

版/PDF+データ版セット 180,000円+税、ネットワークパッケージ版 300,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。関連書籍 ・2019年 特殊粘接着・封止材の市場展望 ・2019 メディカル・ライフサイエンスケミカルの現状と将来展望※送料・支払い等について調査概要目次サンプルPDFデータサービス(FK-Mards)調査概要調査テーマ『20...

150,000円+税 富士経済 2019/09
24. 2019 ポリウレタン原料・製品の世界市場

クリレート F.ポリウレタン製品  1.硬質ウレタンフォーム  2.軟質ウレタンフォーム  3.ウレタン塗料  4.ウレタン塗膜防水材  5.グラビアインキ  6.ウレタン系接着剤  7.ウレタン系シーリング材  8.熱可塑性ポリウレタン  9.熱硬化性ウレタン  10.スパンデックス  11.合成皮革  12.人工皮革  13.ウレタンビーズ  14.電子...

150,000円+税 富士経済 2019/07
25. 2019年 パッケージングマテリアルの現状と将来展望

ネットワークパッケージ版 240,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。関連書籍・2019 ポリウレタン原料・製品の世界市場・2019年 特殊粘接着・封止材の市場展望※送料・支払い等について調査概要目次サンプルPDFデータサービス(FK-Mards)調査概要調査テーマ『2019年 パッケージングマテリアルの現状と将来展望』調査目的本市...

120,000円+税 富士キメラ総研 2019/07
26. 高熱伝導材料の開発 ~さらなる熱伝導率の向上のために~

組織の大きさ第6節 厚さ方向,面内方向の熱伝導率測定1.厚さ方向熱伝導率測定法1-1 測定装置1-2 測定方法1-3 測定精度の検討1-4 標準試験片を用いた測定精度の検証1-5 導電性接着剤の測定2.面内方向熱伝導率測定2-1 従来の測定法2-2 測定原理と特長2-3 多層プリント基板の面内方向熱伝導率測定2-4 多層プリント基板の面内方向熱伝導率予測式第7節 微小単結...

80,000円+税 技術情報協会 2019/07
27. 炭素繊維およびその繊維複合材料における分析試験、評価解析に関する最新事例集

本イーエスアイ(株)梅原徳次名古屋大学坂本重彦熊本大学 松田伸也香川大学黄木景二愛媛大学矢代 茂樹九州大学堀田裕司(国研)産業技術総合研究所平博仁大同大学鈴木靖昭鈴木接着技術研究所今中誠大阪教育大学西籔和明近畿大学田邉大貴和歌山工業高等専門学校馬場泰一矢島工業(株)三瓶和久(株)タマリ工業中田一博大阪大学目次第1章 炭素繊維および炭素...

80,000円+税 技術情報協会 2019/06
28. 2019年 特殊粘接着・封止材の市場展望

2019年 特殊粘接着・封止材の市場展望価格165,000円(税抜 150,000円)出版社富士経済発刊日2019年5月21日体裁A4版 266ページ備考こちらの調査資料にはPDF+データ版 160,000円+税、書籍版/PDF+データ版セット 180,000円+税、ネットワークパッケージ版 300,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。関連書籍 ・2019年 エンプラ市場の...

150,000円+税 富士経済 2019/05
29. エポキシ樹脂の高機能化と市場

エポキシ樹脂の高機能化と市場High Functionality and Market of Epoxy Resin接着剤、塗料を始め電気・電子、土木、航空宇宙、次世代自動車の材料として幅広く使用されるエポキシ樹脂の更なる高機能化への開発動向を網羅!エポキシ樹脂・エポキシ樹脂硬化剤メーカーの動向を詳述!エポキシ樹脂の応用分野別市場情報を掲載!価格99,000円(税抜 90,000円)出版社シーエムシー出版...

90,000円+税 シーエムシー出版 2019/05
30. 2019 メディカル・ライフサイエンスケミカルの現状と将来展望

ークパッケージ版 300,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。関連書籍 ・2019年 セラミック材料市場の現状と将来展望 ・2019年 特殊粘接着・封止材の市場展望※送料・支払い等について調査概要目次サンプルPDFデータサービス(FK-Mards)調査概要調査テーマ『2019年 メディカル・ライフサイエンスケミカルの現状と将来展望』...

150,000円+税 富士キメラ総研 2019/05
31. 熱可塑性エラストマーの開発と市場 2019

1.6 ウェザーストリップ1.7 エアダクト1.8 ワイヤーハーネス1.9 ホース・チューブ1.10 その他2 工業用品2.1 キャップシール2.2 ホース・チューブ2.3 フィルム2.4 工具類2.5 粘接着剤2.6 コーティング剤2.7 シーリング材2.8 電線被覆材2.9 制振・吸音材3 雑貨3.1 ペングリップ3.2 時計バンド3.3 歯ブラシ3.4 玩具3.5 消しゴム4 建築・土木4.1 ローラー4.2 ホ...

85,000円+税 シーエムシー出版 2019/05
32. フレキシブルデバイス用マテリアルの開発と市場

衝撃固化現象活用の最前線―Development and Market of Materials for Flexible Electronic Devicesエレクトロニクス分野のトレンド「フレキシブルデバイス」についてまとめたマーケット書籍!!基板、接着剤、インク、透明導電膜、その他部材の最新研究動向を詳述!!フレキシブルディスプレイ、スマートテキスタイル、フォルダブルスマートフォンなど活気づくフレキシブルデバイス...

85,000円+税 シーエムシー出版 2019/02
33. 次世代のポリマー・高分子開発、新しい用途展開と将来展望

を持った巨視的自己集合1.8 自己修復材料の実現1.9 超分子的な構造を利用した自己修復材料の実現1.10 自己修復性オルガノゲルの作製1.11 超分子部位をもつ高分子ゲルとガラス基板との接着1.12 ホスト分子としての機能を有する多糖を用いた複合型ゲルの設計2.多点水素結合を構造内に組み込んだ高分子ソフトマテリアルの設計2.1 水素結合によって末端を連結された高分子鎖...

80,000円+税 技術情報協会 2019/02
34. 2019 イメージング&センシング関連市場総調査

光学部品、アナモルフィックレンズ、遠赤外線カメラ用レンズ、レーザー加工機用光学部品光学関連材料・装置7品目レンズ用樹脂材料、光学ガラス、レンズ用コーティング材料、光学接着剤、イメージセンサー用カラーレジスト、射出成形機、光学薄膜形成装置小計34品目-合計51品目-2)調査対象企業民生機器、社会インフラ系カメラ、情報入出力機器などのアプリケーシ...

150,000円+税 富士キメラ総研 2019/02
35. 高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用

●来るべき「自動運転」「5G」時代へ向けたミリ波、高周波対応材料の最新開発動向●低誘電率樹脂、平滑銅/樹脂の接着技術、79GHz帯向け電波吸収シートまで、開発事例を収録高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用~高周波基板、ミリ波吸収材料、アンテナ、回路設計~価格80,000円+税出版社技術情報協会発刊日2019年01月29日体裁A4判 554ページISBNコー...

80,000円+税 技術情報協会 2019/01
36. 2019年版 機能性高分子フィルムの現状と将来展望 (上巻)

バーシート・背面板、OCA・OCRD.半導体(5品目)バックグラインドテープ、ダイシングテープ、ダイボンドフィルム、フィルム状封止材、半導体封止用離型フィルムE.実装(11品目)非導電性接着フィルム(NCF)、異方導電性フィルム(ACF)、FPC用FCCL、カバーレイフィルム、COFテープ用FCCL、高周波対応FPC用フィルム、層間絶縁フィルム(アディティブ基板用)、ドライフィルムレ...

120,000円+税 富士キメラ総研 2019/01
37. 炭素繊維複合材料(CFRP/CFRTP)関連技術・用途市場の展望 2019

  1. PAN系炭素繊維(レギュラートウ、ラージトウ)  2. マトリクス樹脂/添加剤(PES)  3. 中間基材(プリプレグ・ペレット/シート・ラミネート)  4. CFRP  5. CFRTP  6. 接着剤  7. 工程紙・フィルム  8. 端材利用CFRP/CFRTP  9. 自動積層装置  10. TFP(Tailored Fiber Placement)装置  11. CFRP/CFRTP用成形加工装置  12. ウォータージェット  13. ドリル・エ...

180,000円+税 富士経済 2019/01
38. セルロースナノファイバー製造・利用の最新動向

)変性によるCFRPの疲労寿命の向上3.3.3 エポキシ母材のCNF(物理的)変性により、なぜCFRPの疲労寿命が向上するのか?3.3.4 CNFの適量添加により、エポキシ樹脂とカーボン繊維界面の接着強度が増す?3.4 CNFの活用4 木質からのリグノセルロースナノファイバーの直接的製造と樹脂複合化技術4.1 はじめに4.2 ナノファイバー製造装置4.3 ナノファイバー製造メカニズム4...

86,000円+税 シーエムシー出版 2019/01
39. 押出成形の条件設定とトラブル対策

ガス5.6 冷却時間5.7 収縮5.8 肉厚不均一性対策5.9 ボトル成形品の表面対策5.10 成形品形状設計5.11 製品設計上の留意点6.共押出ブロー成形における諸問題6.1 層厚制御6.2 層間接着性11節 レオロジー試験による押出成形における不良現象の解析1.ポリマー溶融体のレオロジー特性について2.押出成形とレオロジーとの関係3.レオロジー試験による押出成形の解析...

80,000円+税 技術情報協会 2018/12
40. 樹脂の溶融混練・押出機と複合材料の最新動向

めに1.2 モストロンTM-Lとは1.2.1 製造方法1.2.2 特徴1.3 材料設計に関する考え方1.3.1 GFMBの材料設計1.3.2 希釈樹脂(顔料の影響)1.3.3 射出成形における機械物性(残存GF長と界面接着性)1.4 GF配向を活かした設計支援2 セルロースナノファイバーの応用と樹脂複合体マスターバッチ2.1 セルロースとその研究背景2.2 セルロースナノファイバーと各種樹脂との複合化...

86,000円+税 シーエムシー出版 2018/12

21-40 /282 前の一覧次の一覧