該当する情報は 123 件ありました。

1-20 /123 前の一覧次の一覧

タイトル 価格 出版社 発刊日
1. 電子機器の放熱・冷却技術と部材の開発

高性能半導体の高速化、デバイスの高密度実装に伴う熱問題対策を徹底解説電子機器の放熱・冷却技術と部材の開発~5G、高速化、小型化への対応~価格88,000円(税抜 80,000円)出版社技術情報協会発刊日2021年7月30日体裁A4判 676ページISBNコード978-4-86104-852-4商品コード2115 ※送料・支払い等について 本書のポイント執筆者目次本書のポイントヒートシンクの設計と適用・...

80,000円+税 技術情報協会 2021/07
2. 2021年版 次世代パワーデバイス&パワエレ関連機器市場の現状と将来展望

材 29. リードフレーム用条材 30. ボンディングワイヤ 31. 封止材料 32. 窒化アルミニウム回路基板 33. アルミナ系回路基板 34. 窒化ケイ素回路基板・白板 35. 金属放熱基板 36. 放熱シート 37. 放熱グリースIV.パワーデバイス製造装置編 38. エピ膜成長装置 39. GaN向けMOCVD 40. CMP装置 41. プラズマCVD 42. コータ/デベロッパ 43. 露光装置 44. イオン注入装置 45. 熱...

170,000円+税 富士経済 2021/02
3. 2020 エレクトロニクス実装ニューマテリアル便覧

ルダーレジスト、低誘電対応ガラスクロス、電解銅箔、圧延銅箔、金めっき、銅めっき、導電性ナノインク熱対策材料7品目金属ベース放熱基板(アルミ/銅)、窒化ケイ素基板、放熱シート、放熱ギャップフィラー、低放熱フィラー、中放熱フィラー、シンタリングペースト実装関連装置5品目マウンター、レーザー加工機、全自動露光装置、モールディング装置、フリップチ...

150,000円+税 富士キメラ総研 2020/10
4. 2020年版 次世代パワーデバイス&パワエレ関連機器市場の現状と将来展望

グ接合材 12.リードフレーム用条材 13.ボンディングワイヤ 14.封止材料 15.窒化アルミニウム回路基板 16.アルミナ系回路基板 17.窒化ケイ素回路基板・白板 18.金属放熱基板 19.放熱シート 20.放熱グリース  IV.パワーデバイス製造装置編 1.エピ膜成長装置 2.GaN向けMOCVD 3.CMP装置 4.プラズマCVD 5.コータ/デベロッパ 6.露光装置 7.イオン注入装置 8.熱処理装...

170,000円+税 富士経済 2020/02
5. 2020年 エレクトロニクス先端材料の現状と将来展望

材料、車載用OCA・OCR、HUD用凹面鏡・平面鏡、HUD用中間膜、車載コネクター用端子材料、モーター用絶縁フィルムE その他(8品目)放熱メタル基板・放熱樹脂基板、放熱シート・フェイズチェンジシート、放熱グリース・ポッティング材、放熱ギャップフィラー、電磁波シールドフィルム、ノイズ抑制シート、調光ガラス・フィルム、プロジェクタースクリーン用フィルム...

150,000円+税 富士キメラ総研 2020/01
6. 5G通信を実現するコアテクノロジーの将来展望 2020

するコアテクノロジーの将来展望 2020』調査目的本市場調査資料では5G通信関連市場として、基地局、エッジ機器、基地局用構成デバイス・材料、RFデバイス・CPU、無線通信デバイス、放熱・ノイズ対策、基板に関する技術・市場動向を世界各国の動きや関連ベンダーの動向とともに調査し、当該事業展開のための情報を提供することを目的とした。調査対象1)調査対象品...

150,000円+税 富士キメラ総研 2019/11
7. 2020年版 高機能コーティングの現状と将来展望

ッケージ版 300,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。関連書籍 ・自動車用ケミカル&マテリアル市場調査総覧 2020 ・2019年 熱制御・放熱部材市場の現状と新用途展開※送料・支払い等について調査概要目次サンプルPDFデータサービス(FK-Mards)調査概要調査テーマ『2020年版 高機能コーティングの現状と将来展望』調査目的...

150,000円+税 富士キメラ総研 2019/10
8. 自動車用ケミカル&マテリアル市場調査総覧 2020

ム合金、タイヤ用シリカ、窒化ケイ素・炭化ケイ素III.加工品・応用素材8品目構造用接着剤、内装用接着剤、電子部品用接着剤、ガラス中間膜、シート表皮材・内装表皮材、自動車用放熱材、高周波対応部材、モーター/コイル用巻線合計45品目-調査項目 1.製品概要 2.トレンドと市場の方向性 3.市場動向(2018年実績~2025年・2030年予測) 4.価格動向(2019年Q3) 5...

150,000円+税 富士キメラ総研 2019/10
9. 2019年 熱制御・放熱部材市場の現状と新用途展開

2019年 熱制御・放熱部材市場の現状と新用途展開価格165,000円(税抜 150,000円)出版社富士経済発刊日2019年9月11日体裁A4版 244ページ備考こちらの調査資料にはPDF+データ版 160,000円+税、書籍版/PDF+データ版セット 180,000円+税、ネットワークパッケージ版 300,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。関連書籍 ・2019年 特殊...

150,000円+税 富士経済 2019/09
10. 高熱伝導材料の開発 ~さらなる熱伝導率の向上のために~

●200℃以上の温度への対応 ●窒化物フィラーの使い方 ●「絶縁性」と「放熱性」の両立⇒次世代パワーデバイス、LED、車載電子機器に向けた最新技術を一挙掲載!高熱伝導材料の開発 ~さらなる熱伝導率の向上のために~~フィラー複合化、構造制御、分子設計、熱伝導率評価~価格80,000円+税出版社技術情報協会発刊日2019年07月31日体裁A4判 524ページISBNコード978...

80,000円+税 技術情報協会 2019/07
11. 2019 エレクトロニクス実装ニューマテリアル便覧

PI/LCP)、ドライフィルムレジスト、液状ソルダーレジスト、フィルム状ソルダーレジスト、圧延銅箔、電解銅箔、金めっき、銅めっき、導電性ナノインク熱/ノイズ対策材料5品目放熱シート、放熱ギャップフィラー、グラファイトシート、FPC用電磁波シールドフィルム、ノイズ抑制シート実装関連装置7品目マウンター(高速)、マウンター(中・低速)、マウンター(多機能)、モ...

150,000円+税 富士キメラ総研 2019/07
12. 2019年版 パワーデバイス関連ビジネス企業戦略総調査

ク(14)[4]IGBTモジュール・インテリジェントパワーモジュール(15)[5]SiCパワーデバイス(16)[6]GaNパワーデバイス(17)2)パワーデバイス構成部材メーカー[1]実装材料(18)[2]絶縁・放熱材料(19)3)パワーデバイス製造装置メーカー[1]前工程(20)[2]後工程(21)[3]検査・試験工程(22)4.パワーデバイス別主要メーカーのアプリケーション分野の事業比較(2018年実績)1)...

150,000円+税 富士経済 2019/07
13. 2019年 特殊粘接着・封止材の市場展望

料    <サニタリー>   31.衛材用接着剤★    <医療>   32.低刺激医療テープ用粘着剤★   33.手術縫合用接着剤    <耐熱放熱>   34.耐熱セラミック接着剤   35.放熱接着剤   36.放熱両面テープ  C.特殊粘接着・封止材事例  ・ 特殊粘接着・封止材事例(メーカー別34製品)調査項目 A.アプリケーション編  1.市場概要  2...

150,000円+税 富士経済 2019/05
14. 車載電装デバイス&コンポーネンツ総調査 2019 下巻:ECU関連デバイス編

(3)2.車載電装デバイス&コンポーネンツ全体市場概況(5)3.ECUの市場規模推移(9)4.ECU構成デバイスの市場規模推移(17)5.ECUの現状と方向性(20)6.パワーデバイスの小型化および放熱技術採用動向(33)7.トピックス(36)II.ECU編(41)1.パワートレイン系ECU(43)2.HV/PHV/EV/FCV系ECU(52)3.走行安全系ECU(63)4.ボディ系ECU(78)5.情報通信系ECU(88)6.スマートセンサー/アク...

120,000円+税 富士キメラ総研 2019/03
15. 2019年版 次世代パワーデバイス&パワエレ関連機器市場の現状と将来展望

ボンディングペースト  9.はんだ  10.シンタリング接合材  11.リードフレーム用条材  12.ボンディングワイヤ  13.封止材料  14.セラミック基板  15.金属放熱基板  16.放熱シート  17.放熱グリース  IV.パワーデバイス製造装置編  1.エピ膜成長装置  2.GaN向けMOCVD  3.CMP装置  4.プラズマCVD  5.コータ/デベロッパ  6.露光装置  7.イオン注入...

150,000円+税 富士経済 2019/02
16. エアロゾルデポジション法の新展開 ―常温衝撃固化現象活用の最前線―

ロゾル/成膜/コーティング/複合膜/アルミナ/イットリア/PZT/キャパシタ/フィルムコンデンサ/圧電膜/ハードコート/リチウムイオン電池/歯科部材/医療部材/絶縁膜/放熱基板/太陽電池/グレージング著者一覧明渡純(国研)産業技術総合研究所鈴木宗泰(国研)産業技術総合研究所土屋哲男(国研)産業技術総合研究所篠田健太郎(国研)産業技術総...

80,000円+税 シーエムシー出版 2019/02
17. 2019年版 機能性高分子フィルムの現状と将来展望 (上巻)

Fテープ用FCCL、高周波対応FPC用フィルム、層間絶縁フィルム(アディティブ基板用)、ドライフィルムレジスト、フィルム状ソルダーレジスト、電磁波シールドフィルムF.その他(7品目)放熱シート・フェイズチェンジシート、グラファイトシート、ノイズ抑制シート、スピーカー振動板用フィルム、フィルムコンデンサー用フィルム、MLCC用離型フィルム、その他電気・電子...

120,000円+税 富士キメラ総研 2019/01
18. EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例

出削減効果では、エンジンの効率改善見通しよりも電動化の方が優れるのか第2章 半導体実装部材の車載環境(高温・高電圧・振動環境)へ向けた開発第1節 SiCパワーデバイス用高放熱、高電流対応GTMS気密パッケージの開発1.気密端子の基本的構造と課題1.1 整合封止型気密端子(マッチングシール)1.2 気密端子の課題2.銅材を用いた気密端子2.1 銅材を用いた気密...

80,000円+税 技術情報協会 2018/11
19. ミニ&マイクロLEDの最新技術と市場

まとめ第3章 マイクロLEDディスプレイの市場・業界動向1.マイクロLED1.1 概要1.2 マイクロLEDの長所と短所1.3 LEDディスプレイの種類1.4 マイクロLEDを使用した具体的な解決策1.5 放熱問題2.マイクロLEDディスプレイ2.1 概要2.2 業界動向2.3 市場動向2.4 AR/VR2.5 マイクロLEDテレビ2.6 デジタルサイネージ3.ミニLED3.1 概要3.2 業界動向3.3 台湾におけるミニLED業界...

120,000円+税 シーエムシー・リサーチ 2018/11
20. リチウムイオン電池における高容量化・高電圧化技術と安全対策

い等について 本書のポイント執筆者目次本書のポイント◆発火・膨張・劣化対策のポイント・過充電に対する発熱量の変化・電解液からの分解発生ガスへの対策・電池セル冷やし方、放熱技術・コード類など電池周辺部からの発火要因・デンドライドの可視化と抑制・コンタミ対策、超低湿度環境での運用◆4.5V~5V化、高容量化に向けて・三元系合金、新素材正極の利用...

80,000円+税 技術情報協会 2018/10

1-20 /123 前の一覧次の一覧